日本旅行トップ > おかげさまで110周年を迎えました!!

お客様に愛されて、110周年!たくさんのお客様のハートを大きなHAPPYで、いっぱいにしたい…!HAPPYには、HAPPYでお返しを――。日本旅行の新しい挑戦がはじまります。

おかげさまで110周年を迎えました!!

HAPPYがえし
お客様に愛されて、110周年を迎えられたHAPPY。
お客様と共に、次の一歩を踏み出せるHAPPY。
110年の間、皆様から支えていただきました。だから、できるだけ、お返ししたい。
たくさんのお客様のハートを大きなHAPPYで、いっぱいにしたい。
このシンプルな願いこそが、110周年を迎えた日本旅行の想いです。
HAPPYには、HAPPYでお返しを――。日本旅行の新しい挑戦がはじまります。

110周年記念企画!

110周年記念商品

その他の国内ツアーを見る

その他の海外ツアーを見る

メルマガ会員登録でHAPPY返しのご案内♪メルマガ会員登録をすると素敵なHAPPYを配信します!

  • 1110周年記念のおしらせをタイムリーに配信します!
  • 2プレゼントや割引などキャンペーンのお知らせをします!
  • 3誕生日メルマガの配信などお得な特典満載!

新規会員登録/ログインする

message
1905年(明治38年)、日本旅行は滋賀県草津市にて創業者の南新助が、地域の人々に高野山詣でや伊勢神宮参拝のお世話をしたことから始まりました。 旅の情報がほとんどなかった時代に南新助は団体旅行のお世話をする傍ら、謄写版を列車に持ち込み揺れる車内でこれから訪ねる地方の情報をガリ版刷りにしてお客様にお配りしました。
お客様に心から旅を楽しんでいただきたい・・・。 その情熱は110年の長きにわたり社員に引き継がれ、幾多の苦難を乗り越え、最古の旅行会社として2015年、110周年を迎えるこ ととなります。 これもひとえに弊社をご愛顧くださるお客様、 弊社を支えてくださる各関係機関の皆さまあってのことです。 心からの感謝を込め、様々な企画で恩返しして参ります。

日本旅行の歴史

  • 1905年 明治38年

    日本旅行の創業者南新助が高野山参詣団並びに伊勢神宮参拝団を実施。(いずれも参加者100名前後)日本初の旅行あっせん業、始まる。 創業者 南新助が高野山参詣団、伊勢神宮参拝団を実施。 旅の見どころをガリ版刷りでお知らせしました。
    1905年(明治38年)、創業者南新助は、高野山参詣並びに伊勢神宮参拝を列車による団体旅行で実施しました。列車の中で旅の見どころをガリ版刷りで配ったり、暑い時には西瓜や力チ割リ、寒い時は粕汁をお出しするなど、旅の道中も含めすべてを楽しんでもらうよう配慮。創業当時から、お客様の楽しみが第 一でした。旅にはこんなエピソードも。一般のご家庭では質素な食事が当たり前だった当時、宿の朝食に5 、6品の料理が各自のお膳につくのを見て「まるで婚礼のお膳のようだ」とお客様もご満悦だったそうです。

  • 1908年 明治41年

    日本初、国鉄貸切臨時列車による善光寺参拝団を企画。900名が参加。江の島、東京、日光、善光寺を巡る7日間の旅行代金は12円80銭。

  • 1921年 大正10年

    日本初の超大型全国規模団体旅行。比叡山延暦寺開祖傅教大師1100年大遠忌法要団参において、5万人規模の参拝を無事終了。 神戸から鉄道を乗り継ぎ北海道へ。 日本初の大型主催旅行は後々定番に。 1926年(大正15年)5月、鉄道省の後援を受け、神戸発貸切臨時列車で13日間の北海道視察団を催行しました。当時 は福島で一泊、青森から函館の連絡船の船中泊と、2日かけての北海道入り。北海道では日本百景のひとつ洞爺湖畔や室蘭港、登別、アイヌの村などを訪れまし た。雄大な景色を思う存分堪能し、行く先々の温泉で旅の疲れを洗い流しながらの旅は大変好評で、その後、行程を樺太まで延長。北海道周遊に加え、樺太では 乗合馬車で2 、3時間行程の国境見学や、船で海豹島の見物などを行い、毎年約100名が参加する評判の旅行となりました。

  • 1928年 昭和3年

    第1回台湾視察団16日間、約100名参加。旅行代金215円(現在の約60万円相当)。 船に揺られて台湾へ。 昭和3年当時の旅行代金215円。
    1928年(昭和3年)10月の第一回台湾視察団が神戸より出帆。基隆に上陸、台北、北投温泉、台中、日月潭、嘉義(植 物園)、阿里山、台南、高雄、屏東等を16日間で見学しました。2004年、日本旅行100年目を記念し、「レト口台湾」として当時の旅行代金215円で 販売したところ瞬く間に売り切れ、大変盛況となりました。

  • 1931年 昭和3年

    中華民国視察団19日間、約300名参加。大阪商船アメリカ航路就航「あめりか丸」(6000トン)をチャーター。船上でスキヤキパーティー開催。

  • 1941年 昭和16年

    戦争拡大に伴い、創業以来30数年にして一時営業中断へ。

  • 1949年 昭和24年

    株式会社日本旅行会として大阪に本社を構え、再スタート。
    神戸案内所を三宮駅構内に開設(現三ノ宮支店)。

  • 1965年 昭和40年

    海外展開へ。ハワイオフィス設置。

  • 1967年 昭和42年

    創業62年にして、本社を東京へ移転。

  • 1968年 昭和43年

    社名を株式会社日本旅行に変更(英語名NIPPON TRAVEL AGENCY=NTA)。新団旗、腕章、社員バッチを制定。 海外パッケージツアー「ブライダルツアー」発表。

  • 1969年 昭和44年

    ヨーロッパチャーター機を2ヶ月間で10機飛ばす。販売価格27万5千~28万8千円。営業所数250ヶ所に増加。

  • 1971年 昭和46年

    海外旅行企画商品「マッハ」発売開始。

  • 1972年 昭和47年

    国内旅行企画商品「赤い風船」発売開始。 日本旅行即時予約システム「QR(クイックレスポンス)システム」稼働、日本旅行オンライン開業。

  • 1989年 昭和64年/平成元年

    海外支店ラッシュ。NTAパシフィック・アーバイン支店、アトランタ支店開設。
    NTAカナダ・バンクーバー支店営業開始。
    NTAオーストラリア・ゴールドコースト支店開設。
    上海駐在員、フランクフルト駐在員事務所設立。
    四つ星の豪華客船オーシャン・パール号をチャーター。 1200名が画面一杯の迫真の演技。 大成功のゴジラエキストラツアー。
    1993年(平成5年)7月24日、日本初のエキストラツアーは、東宝映画「ゴジラVSメカゴジラ」のロケにお客様が実 際に参加されるもの。日本全国から総勢1200名が、幕張に集結されました。ツアー当日はロケ決行も危ぶまれるほどの強い雨。しかしお客様全員で「雨なん かやんでしまえ!」と大声で唱えたのが空に届いたのか雨はピタッとやみ、ロケは無事決行。ロケの前には、ゴジラとメカゴジラのイべントもあり、小さなお子さまたちも大はしゃぎで、ご家族連れの方々に大変好評でした。

  • 1995年 平成7年

    創業90周年。 「BEST PRESENT OKINAWA」バス走行。

  • 1996年 平成8年

    マッハ25周年記念ツアー「五大陸世界一周の旅」ツアーオブザイヤー受賞。 ツアー・オブ・ザ・イヤー'96グランプリ受賞。
    専用チャーター航空機で行く世界一周の旅。 1996年(平成8年)マッハ発売25周年を記念した企画「五大陸・専用機世界一周32日間の旅」は、お一人様390万 円の旅行費ながら即日完売。ツアー・オブ・ザ・イヤー'96グランプリ受賞の快挙を成し遂げました。カナダ・ナイアガラの滝に始まり、メキシコ・マヤ文 明、ブラジル・アマゾン川、ケニア・サファリ、インド洋の真珠とうたわれるモルディブ、オーストラリア・エアーズロックなどなど、ダイナミックな世界一周 は社会的にも大反響を呼び、'97年4月に第二弾を実施しました。

  • 1997年 平成9年

    赤い風船25周年記念ツアー「日本一周バスの旅」発売開始20分で完売。 発売開始20分で完売。 バスで行く日本一周の旅。
    1997年(平成9年)9月11日、赤い風船25周年記念ツアー「日本一周バスの旅」がスタート。「故郷探し、ふれあい の旅」をコンセプトに、北は北海道から南は沖縄まで地元の人とふれあいながらの25日間の旅です。新橋駅前を出発し、長良川で鵜飼、鳴門で渦潮、こんぴら さん参り、白川郷で合掌造リ宿泊、富良野の収穫祭などを体験し、最終地のタ張では市民の皆様からの大歓迎でフィナーレを飾りました。

  • 2001年 平成13年

    JR西日本TiS本部と統合。旅の総合力が拡大。

  • 2003年 平成15年

    旅の総合検索・予約サイト「旅ぷらざ」スタート。

  • 2005年 平成17年

    創業100周年。

  • 2015年 平成27年

    創業110周年を迎えました。