東京・大阪発 添乗員がお供する アメリカ・カナダ・南米・中米
26/37

月月月乗− 123ペルー45678事朝食4回、昼食5回、夕食5回(機内食は除く)員成田出発から成田帰着まで同行いたします。夕食ホテル内レストランビュッフェホテル内レストランサンクチュアリロッジでビュッフェランチホテル内レストラン4 5 高山病対策マス料理おにぎりお弁当ホテル内レストランホテル内レストランお弁当ホテル内レストランペルー料理ペルー風パエリアとセビーチェホテル内レストラン ■終日、 午前、マチュピチュ遺跡の見どころを日本語ガイドが詳しく案内します。マチュピチュ遺跡観光証明書をお渡しします。 ■展望列車でオリャンタインタンボへ。■オリャンタインタンボからクスコへ。■クスコで高山病対策に効果的な「酸素バス」に乗り換え、インカ伝説発祥の地プーノ(チチカカ湖)へ。旅のポイント!月20㈯539,9001,399,900310月3㈯539,9001,399,90011月30㈰649,9001,439,900412月19㈯569,9001,379,90012月7〜16カナダお申込み前に33・34ページの「ご案内とご注意」及び裏表紙の「ご旅行条件」を必ずお読みください。24大阪・札幌・福岡発着のお客様国内線のスケジュールはP29・30をご参照ください。10:30〜18:30成田空港発Lコース及び渡航に関するご案内(P29・30・33参照)、米国セキュア・フライト・プログラムについて(P33参照)出発日や現地事情等により、観光内容やホテルに変更や条件がある場合がございます。お申込みの際はP29・30の「共通のご案内」及び「各コースのご案内」を必ずご確認ください。注10月・11月出発と12月出発で観光内容が変わります。P30のご案内をご確認ください。販売店の方へ本コースに関してのお問い合わせは、(株)日本旅行 東日本海外旅行統括部までお願いいたします。歩行時間A :1日の観光時に歩く時間が2時間以内、歩行時間B :1日の観光時に歩く時間が2〜4時間以内、歩行時間C :1日の観光時に歩く時間が4時間以上、WC■ :長距離移動中のトイレ休憩の回数−GGGGGマチュピチュ村 (シャワーのみ)プーノ(チチカカ湖) (バスタブ付き)リマ (バスタブ付き)ホテルグレードアッププラン保証。ただし、ご出発から60〜90日前までに最少催行人員に満たない場合は、催行を中止させていただく場合があります。●追加代金(お1人様2泊分):56,000円※1泊のみはお受けできません。※P19も併せてご覧ください。湖上遊覧(XM)/イメージ湖上遊覧(XM)/イメージ●エル・マピ又は同等のBクラス以上●ホセ・アントニオ・プーノ湖が見えるお部屋●シェラトン・リマ 又は同等のSクラスウロス島(XM)/イメージウロス島(XM)/イメージ マチュピチュ遺跡 ナスカの地上絵 クスコ旧市街観光、歩行時間C朝マチュピチュ村発 展望列車 J約1.5時間オリャンタイタンボ発B約2時間クスコB約8時間(WC■)夜プーノ着歩行時間A チチカカ湖遊覧観光 朝プーノ発B約1.5時間フリアカ午後フリアカL午後リマ着 リマ歴史地区観光 歩行時間B早朝〜朝リマ発B約4時間(WC■)ピスコLナスカの地上絵遊覧飛行(P19参照)午後ピスコB約4時間(WC■)夜リマ着行 程追加代金なしでペア・仲良しシートをご用意します。(P3参照)北米内都市乗継L05:00〜08:00リマ着午前リマ発L午前クスコ着 クスコ旧市街観光 午後クスコ発B約2時間夕刻オリャンタイタンボ駅 展望列車 J約1.5時間夜マチュピチュ村着歩行時間B朝マチュピチュ遺跡観光(P19参照) インカ古道ハイキング 23:30〜26:00リマ発L歩行時間A北米内都市乗継L追加代金なしでペア・仲良しシートをご用意します。(P3参照)14:00〜16:55成田空港着大阪・札幌・福岡発着のお客様国内線のスケジュールはP29・30をご参照ください。コース内容成田発■空路、北米内都市乗継ぎ、リマへ。−−−−−−−−<日付変更線通過>−−−−−−−− 機中泊 ■着後、国内線に乗継ぎ、クスコへ向かいます。■午前、クスコ旧市街観光。○アルマス広場、○カテドラル、○12角の石、○サクサイワマン遺跡、◎サントドミンゴ教会にご案内します。精巧な石積みの建造物をご覧いただきます。■オリャンタイタンボ駅へ。■展望列車でマチュピチュ村へ。■お泊まりは、マチュピチュ村のホテルに2連泊です。ホテルグレードアッププラン要追加代金(左記及びP19参照) 2連泊 マチュピチュ村泊(標高2,280m)マチュピチュ遺跡観光。■昼食は、遺跡の前の「サンクチュワリーロッジ」でビュッフェランチとなります。■午後、ご希望の方は日本語ガイドがインカ古道ハイキングへご案内。「太陽の門(インティプング)」までの約1時間のハイキングです。遺跡を見下ろす絶景をお楽しみください。 マチュピチュ村泊(標高2,280m)■途中標高4,335mのララヤ峠観光。○ララヤ峠■お泊まりは、ホセ・アントニオ・プーノのチチカカ湖が見えるお部屋です。晴天時は夜には満天の星空、朝には朝日に輝く湖をご覧いただけます。■夕食はホテル内レストランでマス料理です。 ■朝−午前、チチカカ湖観光。 湖の上に「トトラ」と呼ばれる葦でできた浮島「ウロス島」へご案内します。トトラでできた舟でチチカカ湖遊覧もお楽しみいただきます。■観光後、フリアカ空港へ。■昼食はお弁当になります。リマ歴史地区観光。■○アルマス広場、○カサドラル、○大統領府、○サンフランシスコ教会へご案内します。注■観光後、ホテルへ。 ■ナスカの地上絵観光の拠点ピスコへ。■ナスカの地上絵遊覧飛行(約1.5時間)。未だ謎の多いナスカの地上絵を上空から全席窓側席で1.5時間のうち約30分お楽しみいただけます。ナスカの地上絵遊覧観光証明書をお渡しします。■観光後、リマへ戻ります。■途中、バラカス市内レストランで昼食(ペルー風パエリア・セビーチェ)。■夕食は、リマ市内レストランでペルー料理です。■空路、北米内都市乗継ぎ、帰国の途へ。 −−−−−−−−<日付変更線通過>−−−−−−−− 機中泊P6参照昼朝食食土・日曜日出発で土・日曜日帰着のお休みの取りやすい日程のコースです。ペルーの4つの世界遺産へのご案内に加え神秘の湖チチカカ湖もご案内する充実コースです。1 マチュピチュ遺跡では麓の村に2連泊して午前・午後入場する充実の観光にご案内します。日本語ガイドとともに天空都市マチュピチュをお楽しみいただきます。大地に刻まれた謎多きナスカの地上絵、遊覧飛行では窓側で上空からご覧いただきます。インカ帝国発祥の地と言われているチチカカ湖、現在もトトラと呼ばれる葦を積み重ねて作ったウロス(浮島)が点在し伝統的な生活様式を守りながら人々が暮らしてます。トトラでできた独特の形の舟での湖上遊覧もお楽しみいただきます。高山病対策として徐々に標高を上げていく行程です。またクスコからプーノ間は高山病対策に有効な酸素バスをご利用いただきます。成田発 旅行代金〔大人お1人様(子供同額)・2名1室・エコノミークラス利用〕及び出発日 単位:円(券種)BCツアーコード エコノミークラス:8002375■ ビジネスクラス:8002376■東京(成田)発□=0 大阪発□=1 札幌(新千歳)発□=3 福岡発□=4 ●東京(成田)発以外は下記「各地発追加代金」が必要です。9㈯499,9001,369,900523㈯569,9001,379,900ご出発の60日前までのご予約完了で10,000円割引!!(P3参照)最少催行人員15名*(赤文字の出発日は2名様より出発保証。青文字の出発日は10名様より出発)日本発着時利用航空会社アメリカン航空利用ホテル リマ歴史地区観光世界遺産に登録されているクスコとリマの観光にご案内します。◎印:入場観光 ○印:下車観光 △印:車窓観光旅行代金には 燃油サーチャージが含まれております。(P33・34参照)現地空港諸税及び国内空港施設使用料・旅客保安サービス料・国際観光旅客税は別途必要です。(詳細はP32参照)現地空港諸税目安額約11,000円東京以外の各都市からご参加の場合は、P5の国内線特別追加代金プランBが適用となります。(詳細はP5参照)食添 プーノ(チチカカ湖)泊(標高3,850m) 快適なSクラス リマ泊 機中泊一部出発日名様より出発保証出発日エコノミークラスビジネスクラス(赤文字の出発日は2名様より出発保証*) (青文字の出発日は10名様より出発保証*)● 各地発追加代金(P29参照)1人部屋追加代金●ビジネスクラス(P6参照) ※ 上記ビジネスクラス旅行代金の適用区間は、成田−リマ間往復となります。マチュピチュ村 スマック旅行代金(P6参照)出発日エコノミークラスビジネスクラス旅行代金(P6参照)2㈯569,9001,379,90016㈯569,9001,379,90013㈯569,9001,379,90027㈯639,9001,439,9004㈯569,9001,379,90025㈯569,9001,379,90010・11月出発:大阪 追加代金不要 札幌・福岡 10,00012月出発以降:大阪 10,000 札幌・福岡 15,00058,000(利用部屋タイプはP33・34をご覧ください。)<リマ>Sクラス<プーノ>Aクラス<マチュピチュ村>Bクラス以上※詳細は下記利用ホテル及び右記日程表及びP31ホテルクラス表をご参照ください。※トリプル(3名1室)利用はご予約頂いてからのお手配となり、ご利用頂けない場合もございます。 BA S南南米米・・中中米米17〜181919〜〜2828−−−P3参照P3参照2 3 神秘の湖 チチカカ湖

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る