日本旅行 トップ > JR・新幹線+宿泊 > 鉄道の旅 > この日しか乗れない!プレミアム列車旅

この日しか乗れない!プレミアム列車旅

鉄道コンシェルジュのPremium列車旅

ロゴ

プチゴージャスな列車はどれも、車両デザインや設備にこだわりが見られ、
乗車定員が少人数なのが特徴。さらに最近のトレンドは、車内で楽しむ食事。
沿線の食材はもちろん、車内のキッチンで作りたての料理が味わえる列車も
登場し、味もますますグレードアップしています。
※鉄道コンシェルジュとは本サイトのナビゲーターです。

レトロ車両に、グルメ列車! 今度行くなら、プチゴージャスな列車旅

オープニング記念 SLやまぐち号

SL全盛期の客車を復刻
運転初日の新客車に乗車
「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」の開催にあわせ、9月2日から山口線の「SLやまぐち号」にSL全盛期の展望車や3等客車を復刻した新客車が登場。外観や内装は当時の客車を彷彿とさせるレトロ調ですが、車内はバリアフリー対応で最新の設備を備えた快適な空間を実現。「幕末ISHINミニきっぷ」付きなので、山口エリアの観光がおトクに楽しめるのも魅力です。SLが牽引するレトロモダンな新客車の初乗りを楽しみましょう。
おススメツアー
幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン
~オープニング記念号でやまぐちに行こう!SLやまぐち号新客車に乗車!

9/2出発 9/3出発

ツアー詳細とお申込みはこちらから

特急やくも型車両「たたら侍」貸切列車

主演俳優・青柳翔さんとの
交流イベント&集合写真付き!
映画『たたら侍』の撮影が行なわれたオープンロケセット「出雲たたら村」(期間限定テーマパークとして公開中)を訪ねるツアー。水の都・松江に泊まる「さくっとたたら侍コース」と、美肌の湯・玉造温泉に泊まる「ロケ地を巡るどっぷりたたら侍コース」の2コースから選べ、岡山駅~松江駅・出雲市駅間では、団体貸切列車を利用するので快適です。主演の人気俳優・青柳翔さんとの交流イベント参加&集合写真付きという豪華な特典はこのツアーならでは!
おススメツアー 特急やくも型車両「たたら侍」貸切列車で行く 9/17出発

ツアー詳細とお申込みはこちらから

くま川鉄道「はぴねすトレイン」

はぴねすトレインを1両貸切!
ガイドと「人吉機関庫」の見学も
日本でもっとも豊かな隠れ里・人吉球磨を走るのが、地元産の木材をふんだんに使用したくま川鉄道の観光列車「田園シンフォニー」。1両まるごとの貸切列車に乗って幸せを探しに行く「はぴねすトレイン」では、沿線の「おもてなし隊」の出迎えや、おかどめ幸福駅での幸福祈願に加え、「くまモングッズ」やお菓子がついた「くまもと城復興セット」プレゼント、石造りの「人吉機関庫」のガイド付き見学など、特別企画が目白押しです。美しい車窓風景を存分に楽しめるスローな列車旅へ!
おススメツアー はぴねすトレインで行く!癒しの里人吉球磨と熊本の旅3日間
ツアー詳細とお申込みは下記出発日からご確認いただけます

8/18出発

9/8出発

9/23出発

赤い風船45周年記念企画「信州ディスティネーションキャンペーン」

185系特急用車両~本ツアー限定の貸切団体臨時列車~

昭和の面影を色濃く残す
185系特急用車両に乗車
国鉄時代に登場した185系特急用車両が、新宿駅~上諏訪駅・松本駅間の貸切列車として運行。車内では、「信州銘菓のおもてなしセット」のプレゼントをはじめ、伝統芸能「諏訪御柱木遣り歌」の披露や、「2017ミスワイン」によるおススメ信州ワインの紹介&試飲などが実施されます。家族連れでの参加も楽しいお子様向けイベントや、信州銘菓が当たる大抽選会も魅力です。車窓を彩る信州の雄大な山並みと合わせ、昭和の列車旅が楽しめます。
山の信州を満喫できる
各種観光プランを用意!
1日目は松本駅から松本城と旧開智学校を訪ねる観光プランを用意。さらに宿泊地までの途中の観光スポットにも立ち寄ります。2日目は、信州の大自然で癒される「秋色に染まる上高地」「北八ヶ岳と別所の国宝」、信州の歴史文化で癒される「別所の国宝と善光寺」「諏訪湖周辺を訪ねる」の4つの観光プラン(復路は北陸新幹線または特急「あずさ号」を利用)をラインナップ。また、この列車利用者限定の「信州ワイントレイン」乗車も選べます。

おススメツアー
・団体専用列車で行く信州!2日目は自由気ままに!1泊2日 9/23出発
・団体専用列車で行く信州!上林温泉とろくもん電車の旅1泊2日 9/23出発

ツアー詳細とお申込みはこちらから

信州ワイントレイン

初秋の安曇野を車窓に楽しむ
ソムリエ厳選の信州ワイン!
全席グリーン車・簡易個室付きのゆったりとしたジョイフルトレインに乗車。車窓に雄大な北アルプスの山並みと初秋の安曇野の風景を楽しみながら、ソムリエ厳選の信州ワインと地元食材を使用した食事を満喫できます(食事なしコースの設定もあり)。専用車両で20種類以上のワインをティスティングでき、ワイナリースタッフとの会話も楽しみ。信州の自然と、その恵みを味わう至福の時を過ごせる贅沢な列車旅です。
おススメツアー
・団体専用列車で行く信州!扉温泉明神館と貸切ワイントレイン 9/23出発

ツアー詳細とお申込みはこちらから

貸切列車1泊2日「ハローキティと行く!伊東温泉」

日本旅行限定の人気企画!
キティファン垂涎の列車旅
毎年7月30日出発限定の大人気企画「ハローキティと行く!伊東温泉」。特急用車両を使用した貸切列車で、往路はハローキティが伊東駅まで同乗! 車内で握手をしたり、一緒に写真を撮ったりと楽しさ満載です。根府川駅付近や伊東線では青く輝く海の風景も車窓を飾り、夏ならではの列車旅は爽快そのもの。伊東温泉では、ハローキティも参加する夏の盆踊り大会や伊豆一番の海上花火大会が楽しめます。ハローキティをプリントしたオリジナルエコバッグのプレゼント付き!!
ハローキティと行く伊東温泉1泊2日 7/30出発

ツアー詳細とお申込みはこちらから

JRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」

ゴージャスなデザインに
秘められた“或る”思い
今からおよそ100年前。豪華な設備を備えていながら、活躍する機会のなかった通称「或る列車」。鉄道模型の大家であった故・原信太郎氏が作成した模型をもとに、数々の列車デザインを手がけた工業デザイナー・水戸岡鋭治氏がデザイン・設計。JR九州のクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」に次ぐ、ラグジュアリーな列車として今日に蘇りました。今年「赤い風船」45周年を迎えた日本旅行では、「或る列車」乗車と高千穂峡や由布院などを満喫する3日間のツアーを発売中。雄大な由布岳や田園風景を眺めながら、こだわり抜いたスイーツを楽しむ、とっておきの時間を過ごせそうです。
木のぬくもり溢れる車内で極上のスイーツを
1号車は2人席、4人席が並ぶテーブル席。メープル材を使用し、優しさと明るさが感じられる空間になっています。天井には「ななつ星 in 九州」の車内を彷彿とさせる格天井を採用し、木のぬくもりが溢れます。スイーツコースは東京・南青山のレストラン「NARISAWA」オーナーシェフ・成澤由浩氏がプロデュース。氏自身が九州各地を回り、食材を厳選。器も九州の職人がこの列車のために制作した作品を使用。すべては特別なひと時のためのこだわりです。

※メニューは実際と異なります。

「ななつ星 in 九州」のスピリッツを継ぐ車内
オープンテーブルタイプの1号車と異なり、コンパートメント(個室)仕様になっているのが2号車です。各個室の定員は最大2名と贅沢な空間に。落ち着いた色調と格子に囲まれ、より特別な空間へと仕立てています。車内で供される食材の生産者、器の職人たちはJR九州の「或る列車」公式サイトで紹介され、作り上げた人々の仕事風景や、畑などを見られるのもこだわりです。
おススメツアー 赤い風船45周年記念企画~「或る列車」と
由布院温泉の旅3日間 ※日程によって行程が変わります
ツアー詳細とお申込みは下記出発日からご確認いただけます

7/16出発

7/17出発

9/23出発

TOHOKU EMOTION

隠し味は流れる車窓。走る絶景レストラン
車窓を彩る風景を楽しみながら作りたてのコース料理を楽しむ、そんな至極の列車が東北にあります。青森県八戸駅と岩手県久慈駅を結ぶ八戸線を走る「TOHOKU EMOTION」は、本格的なランチコースやデザートを味わいながら、三陸の海を眺めて駆ける「走るレストラン」。1号車と3号車が客席、2号車は1両すべてがキッチンになっており、車内でこだわりの味に仕上げています。2号車のキッチンでは、調理や盛り付けの様子を見ることもできます。
久慈行きは東北を味わうランチコース
「TOHOKU EMOTION」久慈行きの車内で味わえるランチメニューは主に東北産の食材を使用し、食器などにも東北の伝統工芸品を採り入れるなど、随所にこだわりが見られます。メニューは時期によって変化し、乗るたびに新たな味に出合うことができるのも、列車の魅力のひとつ。2017年9月までのメニュー監修は、宮城県塩竈にて親子2代で営むフランス料理店「レストラン・シェヌー」の赤間善久・善太両シェフ。人気シェフの感性と地元食材の融合が織りなす料理を楽しむことができます。なお、車内での飲み物はアルコールを含めて、お好きなだけどうぞ。日本旅行のツアー「東北夏祭り&『TOHOKU EMOTION』3日間(ランチコース)」では、3日目の昼に八戸駅から乗車します。

※メニューは実際と異なります。

※メニューは実際と異なります。

八戸行きは優雅なデザートブッフェを楽しむ
「TOHOKU EMOTION」八戸行きでは「ホテルメトロポリタン盛岡」によるデザートブッフェを楽しめます。各テーブルには、あらかじめデザートのアソートプレートが用意されていますが、ぜひ2号車のライブキッチンにも足を運んでみましょう。車両が色鮮やかなスイーツたちが可憐に並ぶデザートブッフェスペースに早変わり。お好きなスイーツをお好きなだけ、コーヒーやハーブティーなどとともに楽しむことができます。日本旅行の8月5日(土)出発ツアー「東北夏祭り&『TOHOKU EMOTION』3日間(デザートコース)」では、2日目の午後に久慈駅から乗車します。
青森ねぶた祭り&秋田竿燈まつりと
レストラン列車「TOHOKU EMOTION」往路ランチコース3日間 8/4出発

ツアー詳細とお申込みはこちらから

道南いさりび鉄道「ながまれ海峡号」

日本旅行プロデュース! のんびり津軽海峡をゆく!
地域密着型の観光列車「ながまれ海峡号」ツアー
2016年3月、北海道新幹線開業とともに誕生した道南いさりび鉄道。新幹線が停車する木古内駅から五稜郭駅まで、全長37.8kmを12駅で結んでいます。津軽海峡の海岸線を縫うように走る同鉄道は、車窓から見える風景が素晴らしく、名前にもある通り、夜には海上遠くに漁船の漁火も見られる絶景路線。そんな沿線を盛り上げようと誕生したのが、日本旅行が主催する観光列車「ながまれ海峡号」ツアーです。「ながまれ」とは、道南地方の方言で「のんびりして」「ゆっくりして」の意。絶景とともにのんびり列車旅を楽しんでほしい、との思いが込められています。
 車両はJR北海道から譲り受けたディーゼルカーをリニューアル。青色を基調とし、日没後の函館山や津軽海峡で煌めく漁火、空のスターダストのイメージが描かれています。座席は10あるボックス席がメイン。団体の観光客向けには特別仕様となり、ヘッドレストや食事ができるテーブルを設置して運転されています。
 日本旅行が主催する「ながまれ海峡号」ツアーでは、地元の食や沿線のおもてなしも楽しみのひとつ。海鮮丼に似せたユニークなスイーツ丼や、地元の方による上磯駅での特産品の立ち売り販売など、地域密着型で楽しめる観光列車として人気を博しています。
「鉄旅オブザイヤー2016」グランプリを受賞した、
道南いさりび鉄道 「ながまれ号」を
利用したツアー「ながまれ海峡号に乗ろう」
出発日:9/10、9/23、10/14、10/15、10/28、10/29

ツアー詳細とお申込みはこちらから

※画像はイメージです。※掲載されている情報は、2017年4月現在のものです。