日本旅行 トップ > 海外旅行・海外ツアー > ヨーロッパ旅行・ヨーロッパツアー特集 > ヨーロッパ テーマで巡る世界遺産 > 厳粛 > スペイン世界遺産:コルドバ歴史地区

[ ここから本文です ]

[スペイン世界遺産:コルドバ歴史地区]絶景、荘厳、栄華…ヨーロッパおすすめの世界遺産をご紹介!

  • ヨーロッパ
  • アジア
  • ビーチリゾート
  • 北米・中南米
  • オセアニア
  • 中近東・アフリカ
  • 格安ツアー
  • 季節のおすすめ
  • 人気の定番

テーマで巡る 世界遺産 ヨーロッパ

テーマで巡る 世界遺産 ヨーロッパ

【※世界遺産指定都市】コルドバ歴史地区(スペイン)

コルドバは、華やかさというよりいぶし銀のような風格を秘めた町で、千年程前ここに一大文化が栄え、ヨーロッパ随一の大都会を形成していたとは想像し難いかもしれません。コルドバが花開いたのはローマの植民地「ベティカ」の時代で、後の10世紀イスラム教カリフ王国の時代に最盛期を迎えます。当時のコルドバの人口は100万近くに達したとも言われ、現存する大回教徒寺院をはじめ市内には300ものイスラム寺院がありました。また学問の町でもあり、医学・天文学・哲学・文学等など諸学問の中心地であり、古今東西の文献はここで翻訳されヨーロッパ全土へと流布されてゆきました。すぐれた学者を輩出し、国外からの留学生も多数受け入れていたとされています。 現在のコルドバ市の人口は2010年時点で32万8千人あまりであり、コルドバ県を南北にわけるような形で東から西へ流れるグアダルキビール川の中央に位置します。グアダルキビールとはアラブ語で「大いなる川」という意味で、この川に潤おされたコルドバの土地は、穀物、綿花、ぶどう、オリーブ等を主に産出しています。コルドバ市内は回教寺院(メスキータ)はもちろん、白壁に色々の花々がよく映える旧ユダヤ人街や中庭(パティオ)の美しさも必見です。初夏の頃、周囲のゆるやかな丘陵地帯に連なる「ひまわり」の畑は壮観です。〈情報提供:スペイン政府観光局 http://www.spain.info〉



※多くの世界遺産を有するスペインの中でも、特に旧市街全体が世界遺産に指定され、その歴史と建造物の重要性が高く評価されているのがスペインの「世界遺産指定都市」です。現在、アビラ、カセレス、コルドバ、クエンカ、サラマンカ、サンティアゴ・デ・コンポステーラ、セゴビア、トレド、アルカラ・デ・エナーレス、イビサ、サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ、メリダ、タラゴナの13都市が加盟しています。まさに、スペインの世界遺産の中の世界遺産とも言うべき存在として、そのお墨付きを受けた都市なのです。スペインを訪れたならば見逃すことのできない世界遺産です。


【世界遺産】コルドバ歴史地区の見どころ



地図上の数字と写真は対応しています。地図と写真でめぐるコルドバ歴史地区をお楽しみ下さい。
(1)カラオラの塔
コルドバ旧市街の防衛施設として14世紀に建てられ、現在は博物館として使用されています。塔の上部からはコルドバ市を一望できます。
(2)ローマ橋
16のアーチで支えられた全長230mの橋の中央には、聖人ラファエルの石像が佇んでいます。長きに渡りコルドバの街を見守り続けてきた街の守護聖人です。
(3)プエンテ門
スペイン語で橋を意味する「プエンテ」。ローマ橋を渡るとすぐに見えてきます。その堂々たる門は、かつて街を囲んでいたアラブの城壁の一部でした。
(4)コルドバのメスキータ(外観)
メスキータとはイスラム教徒の礼拝所「モスク」を意味します。8~11世紀にかけて建てられ、13世紀のレコンキスタの後はキリスト教の礼拝堂として使われてきました。
(5)コルドバのメスキータ(内観)
中に入れば美しい列柱とアーチを目にすることができます。支柱の多くはローマ寺院や西ゴート族の教会で使用されていたものを再利用したものです。
(6)コルドバのメスキータの中央祭壇
建物内部の中心部はキリスト教の大聖堂となっています。17世紀に造られた大理石の中央祭壇には厳粛な雰囲気が漂います。
(6)コルドバのメスキータの鐘塔
コルドバで最も高い建物で、54mの高さを誇る街のシンボル的存在です。モスクであった時代のミナレット(尖塔)を囲うように作られました。
(7)アルカーサル
美しい庭園で有名なアルカーサル。かつて王宮として使われ、長い年月の間に、異端裁判所や軍事監獄、ワイン蔵と様々に利用されてきた歴史を持ちます。
(9)パティオ(中庭)
鉢植えや花壇で美しく飾られたパティオ(中庭)。中でも、サン・バシリオ通り50番地の住宅にあるパティオはその美しさで有名です。
(10)セビーヤ門
コルドバ旧市街と新市街の間に立つセビーヤ門。現在その前にはコルドバ出身でイスラムの詩人であり学者でもあったイブン・ハザムの像が建ち、彼の活躍した旧市街を見つめています。
(11)ティベリアデス広場のマイモニデス像
マイモニデスはコルドバ出身のユダヤ教の哲学者であり、宗教指導者でした。コルドバは歴史に名を残す多くの知識人を輩出してきた土地でもあります。
(12)コルドバのシナゴーグ
アンダルシアで現存する唯一のシナゴーグ(ユダヤ教寺院)です。14世紀に建てられて以来、様々な用途に使われてきました。壁の上部に残る美しい透かし彫りが残りありし日の姿を彷彿とさせます。
(13)アルモドバル門
アルモドバル門周辺はかつてユダヤ人街でした。コルドバの旧市街の特徴を色濃く残し、小さな路地や広場、旧家や邸宅の数々の間をさまよえば、まるで中世にタイムスリップしたかのようです。
(14)花小路
花小路からは、花々で飾られた路地越しに大聖堂の鐘塔の姿を見ることが出来ます。コルドバで人気の撮影スポットです。
(15)暮れてゆくコルドバの街
日が傾き始めれば、昼間とはまた違った顔をコルドバは見せてくれます。グアダルキビール川に映るコルドバの街の明かりは息を呑む美しさです。
〈情報&写真提供:スペイン政府観光局 http://www.spain.info〉
添乗員からのメッセージ

イスラム教の建築物とキリスト教の文化のベストミックス。世界に2つと無い建物です。イスラム教の建築物を後世になってキリスト教の教会に転用するという非常に珍しい事例なのではないでしょうか。イスラムの時代からキリスト教の時代になり、改築するとき、なるべくイスラムの部分を残して教会を作ったそうです。しかし、当時のスペイン王カルロスⅠ世は、「どこにでもある建物(キリスト教の教会の意)を造るために、素晴らしい建物を壊してしまった」と嘆いたそうです。

お客様の声

イスラム建築の不思議な雰囲気にのみこまれそうでした。あの雰囲気はここでしか味わえないなぁ。思ったよりも赤い色が鮮やかでとてもキレイでした。(30代・女性)

Data
国 名 :スペイン
分登録名(英文):Historic Centre of Cordoba
分 類 :文化遺産
登録年 : 1984年,1994年

→スペイン旅行・スペインツアー特集ページはこちら

おすすめツアー

主な訪問先
バルセロナ ,マドリッド ,グラナダ ,セビリア ,バレンシア

国内線乗継OKスペイン大満喫 8日 添乗員同行 燃油込 ペア・仲良しシート
添乗員付き 早期申込特典 世界遺産
旅行代金  229,900円〜369,900円
設定期間:2017年10月~2017年12月
最少催行人数:20名様11/21、12/26 は2名様より出発保証
★お手頃価格で見どころ満載!!スペイン人気2都市とアンダルシアをめぐる!

主な訪問先
マドリッド

国内線乗継OK王家の栄光が薫るマドリッドと近郊の世界遺産をめぐる 8日 添乗員同行 燃油込 ペア・仲良しシート 28名様限定 イベリア航空 エコノミークラス利用
添乗員付き 早期申込特典 1都市滞在 ゆとり旅 世界遺産 直行便 航空会社指定 ホテル指定
旅行代金  349,900円
設定期間:2017年12月~2018年3月
最少催行人数:15名様
★カスティーリャ地方を満喫する

主な訪問先
マドリッド

国内線乗継OK王家の栄光が薫るマドリッドと近郊の世界遺産をめぐる 8日 添乗員同行 燃油込 ペアシート 28名様限定 イベリア航空 ビジネスクラス利用
添乗員付き 早期申込特典 1都市滞在 ゆとり旅 世界遺産 直行便 航空会社指定 ビジネスクラス利用 ホテル指定
旅行代金  989,000円
設定期間:2017年12月~2018年3月
最少催行人数:15名様
★カスティーリャ地方を満喫する

主な訪問先
マドリッド

【札幌(新千歳)発】 王家の栄光が薫るマドリッドと近郊の世界遺産をめぐる 8日 燃油込 ペア・仲良しシート 28名様限定 イベリア航空 エコノミークラス利用
添乗員付き 早期申込特典 1都市滞在 ゆとり旅 世界遺産 航空会社指定 ホテル指定
旅行代金  359,900円
設定期間:2017年12月~2018年3月
最少催行人数:15名様
★カスティーリャ地方を満喫する

主な訪問先
マドリッド

【名古屋(中部)発】 王家の栄光が薫るマドリッドと近郊の世界遺産をめぐる 8日 燃油込 ペア・仲良しシート 28名様限定 イベリア航空 エコノミークラス利用
添乗員付き 早期申込特典 1都市滞在 ゆとり旅 世界遺産 航空会社指定 ホテル指定
旅行代金  354,900円
設定期間:2017年12月~2018年3月
最少催行人数:15名様
★カスティーリャ地方を満喫する

『厳粛』の世界遺産

世界遺産リスト

西欧
ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群(イギリス)
イギリス旅行・ツアー特集はこちら
ハルシュタット‐ダッシュタイン・ザルツカンマーグートの文化的景観(オーストリア)
ザルツブルク市街の歴史地区(オーストリア)
シェーンブルン宮殿と庭園群(オーストリア)
オーストリア旅行・ツアー特集はこちら
スイススイス・アルプス ユングフラウ‐アレッチ(スイス)
スイスベルン旧市街(スイス)
スイスイタリアレーティシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観(スイス・イタリア)
スイス旅行・ツアー特集はこちら
ドイツライン渓谷中流上部(ドイツ)
ドイツポツダムとベルリンの宮殿群と公園群(ドイツ)
ドイツヴィースの巡礼教会(ドイツ)
ドイツ旅行・ツアー特集はこちら
フランスシャルトル大聖堂(フランス)
フランスモンサンミッシェルとその湾(フランス)
フランスベサイユの宮殿と庭園(フランス)
フランスリヨン歴史地区(フランス)
フランスフォンテーヌブローの宮殿と庭園(フランス)
フランスポン・デュ・ガール(ローマの水道橋)(フランス)
フランス旅行・ツアー特集はこちら
ベルギーフランドル地方のベギン会修道院(ベルギー)
ベルギー旅行・ツアー特集はこちら 
東欧
クロアチアドブロヴニク旧市街(クロアチア)
クロアチアプリトビッチェ湖群国立公園(クロアチア)
クロアチア旅行・ツアー特集はこちら
チェコプラハ歴史地区(チェコ)
チェコチェスキー・クルムロフ歴史地区(チェコ)
チェコ旅行・ツアー特集はこちら
トルコヒエラポリス-パムッカレ(トルコ)
トルコイスタンブール歴史地域(トルコ)
トルコギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群(トルコ)
トルコ旅行・ツアー特集はこちら
ハンガリードナウ河岸、ブダ地域地区及びアンドラーシ通りを含むブダペスト(ハンガリー)
ハンガリー旅行・ツアー特集はこちら
ロシアモスクワのクレムリンと赤の広場(ロシア)
ロシア旅行・ツアー特集はこちら
北欧
オランダキンデルダイク‐エルスハウトの風車群(オランダ)
オランダ旅行・ツアー特集はこちら
スウェーデンドロットニングホルムの王領地(スウェーデン)
スウェーデン旅行・ツアー特集はこちら
ノルウェー西ノルウェーフィヨルド群‐ガイランゲルフィヨルドと ネーロイフィヨルド(ノルウェー)
ノルウェー旅行・ツアー特集はこちら
南欧
イタリアレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院(イタリア)
イタリアピサのドゥオモ広場
イタリアポンペイ、エルコラーノ及びトッレ・アヌンツィアータの遺跡地域(イタリア)
イタリアローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア)
イタリアアルベロベッロのトゥルッリ(イタリア)
イタリアベネチアとその潟(イタリア)
イタリアアッシジ、聖フランチェスコ聖堂と関連遺跡群(イタリア)
イタリアアマルフィ海岸(イタリア)
イタリアバチカン市国(バチカン市国)
イタリア旅行・ツアー特集はこちら
ギリシャメテオラ(ギリシャ)
ギリシャアテネのアクロポリス(ギリシャ)
ギリシャ旅行・ツアー特集はこちら
スペイングラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区(スペイン)
スペインセゴビア旧市街とローマ水道橋(スペイン)
スペインアントニ・ガウディの作品群(スペイン)
スペインコルドバ歴史地区(スペイン)
スペイントレド歴史地区(スペイン)
スペインタラゴナ古代遺跡群(スペイン)
スペイン旅行・ツアー特集はこちら
エジプトアブシンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群(エジプト)
エジプトメンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯(エジプト)
エジプト旅行・ツアー特集はこちら