[海外学生旅行・卒業旅行特集~添乗員からのメッセージ~]なら旅行情報満載の日本旅行にお任せ!

学生旅行・卒業旅行特集

添乗員が教えちゃいます!
海外旅行に持って行ってね♪学生さん、必携グッズ ベスト10!

1位ガムテープ&緩衝材(プチプチ)
ヨーロッパでの人気のお土産であるオリーブオイルの瓶やお皿や民芸品などを緩衝材でくるっと巻いて、ガムテープでとめるだけで、スーツケースの中で割れにくくなります。また、もしもスーツケースが壊れてもガムテープは大活躍!スーツケースを現地で直すことは不可能なので、これは持っていると大活躍間違いなしです。 ガムテープはかさばる!というあなたには…、ガムテープをプラスティックカード(使っていないポイントカードなどでOK!)に巻くととっても小さくなりますよ。
2位温泉旅館のタオル
ヨーロッパの郊外のホテルではタオルが充実していないこともあり、場合に よってはバスタオル1枚しかないところもあります。そこで役に立つのが 温泉旅館の薄いタオル!シャワーの後にちょっと髪の毛を拭くのにも便利!

お風呂グッズ関連では・・・ テレホンカードのような薄いカード 洗面所でコンタクトを洗ったりするちょっとしたときに、テレホンカードのような薄いカードがあると栓替わりになるので とっても便利!また、せっかくのバスタブ付きのお部屋でも、栓がなかったり、壊れている場合が多いんです。 どうしても浸かってリフレッシュしたい場合にもこれがあると便利です。 小さめの洗面器 海外ではシャワーヘッドが固定になっていることが多く、シャンプーをしてもすすぐのが大変!なんてことがよくあります。そのときに百均で売っているような小さめの洗面器を、持っていくとお湯が汲めてとても便利です。その他にも果物なんかを洗ったりするのにも使えますよ。グループでだれか1人が持っていけばOKです。 ドライヤー 日本のようにドライヤーが完備されているホテルは少ないことも多いです。事前にホテルにドライヤーが付いているかを調べて、付いていない場合には持っていきましょう!これもグループでだれか1人が持っていけばOK!みんなで分担しましょう。

3位ティッシュ関連
ウエットティッシュや除菌ティッシュはとても便利!お手洗いも日本のようにきれいではないので、さっと拭けるとgood!ティッシュペーパーも一応持っていくと便利!
4位スポーツドリンクの粉末
特にエジプトやトルコの遺跡関係に行かれる方は、スポーツドリンク(いわゆるイオンサプライ飲料)の粉末を持っていくと便利です!サングラス、帽子も忘れずにね!
5位乾燥対策グッズ
ヨーロッパはもちろん、飛行機も乾燥しているので、飴、マスク、うがい薬、のどスプレーも持っていきましょう!冬のバスが多いツアーで風邪が流行ると、みんなで病院へ・・・なんて悲しいことにもなりかねません。マスクは数枚は持っていくようにしましょう!
6位オペラグラス
千円くらいで売っている小さめのオペラグラスはなにかと便利。遠くの絵をみるときや遺跡でも大活躍!
7位LEDの懐中電灯
日本と比べれば電力が安定していないのが現状。寝る前に枕においておくと安心です。エジプトのピラミッドの中も暗いので便利!
8位足に貼るリラックスグッズ
休息時間やサロンパスのようなガスの入っていない湿布類は、長時間歩いた日の夜にお部屋で貼ってから寝ると次の日にすっきり!現地では売っていませんよ。
9位筆記用具
意外と忘れがちなのが筆記用具!小さめの手に納まるくらいのノートと4色ボールペンを持って行って、旅の記録をつけちゃおう!

記録と言えば… ガイドの話や添乗員の話などを録音するもよし!自分で一言感想や集合時間を録音しておいてもよし!現地にしかない音も帰ってから聞くと楽しいんです。

10位携帯電話やミュージックプレイヤー
忘れちゃいけないのが携帯電話やミュージックプレイヤー!でも忘れ物としてももっとも多いので、注意が必要です!特にホテルやバスなんかで忘れると帰って こないし、最悪の場合はすぐに通話に使われてしまうから気をつけてください!!忘れ物は捜すのにもお金がかかりますし、日本と違って見つかるとしても1ヶ 月や2ヶ月はかかっちゃうので気をつけましょう。ホテルのお部屋だけで使うのがオススメです。

旅のお守りとして 即席の日本食や日本茶のティーバックなど 元気がなくなったり、おなかを壊したら日本食が1番。でも現地では値段が高いので、即席の日本食を持っていると便利です。おにぎりや小さいうどんなどを少し持っていきましょう。また、日本茶のティーバックをホテルで朝ごはんのときに飲むのもほっとしますよ。携帯用の湯沸かし器を持っていくのも便利です。 また、せっかくなのでバスのなかで食べるおやつもあると楽しさ倍増かもしれません!おせんべいなど日本らしいお菓子がおすすめです。

服装について 服装は組み合わせが可能なものがベスト。せっかくなので現地で服を買いたいと思っている人は、捨ててもOKな服や下着を持っていくのもアリです。下着やタオルは乾燥しているところではすぐに乾くので、日数分持っていく必要はありません。お風呂に入るときに一緒に洗っちゃいましょう。 また、フード付きのコートやジャケット、帽子も小雨が降った時にさっとかぶれるので便利です。折り畳み傘もあったほうが良いですが、両手が自由になるフードの方が、両手が自由になるのでおすすめです。 ヨーロッパの冬は寒いので、手袋や首周りを温められるものも持っていきましょう。気温が同じでも乾燥しているので肌寒く感じます。特にイタリアのベネチアや北ヨーロッパに2月や3月に行かれる場合は、使いすいカイロも念のため持っていきましょう。薄めのダウンや温かい下着もgoodです!

インフォメーション

未成年者のお申込みについて
20歳未満の未成年のお客様のみでご旅行に参加される場合は、保護者の方の同意書が必要となります。→詳細はこちら

その他にもあります!旅行の素

←[総合版]学生旅行・卒業旅行特集 ページへ戻る