ページ内移動リンク

ホーム > 取消料及び申込金規定の改定について

2007年7月1日

取消料及び申込金規定の改定について

 国際航空運送協会(IATA-Japan)の通達による、国際航空券VOID(無効)処理当日限定化(=SAME DAY VOID)の日本導入を受け、2007年7月1日付にて弊社募集型企画旅行条件書の取消料規定及び申込金規定を下記のとおり改定致しました。

インターネットからお申込の場合は、適用となる条件書について、各コース詳細ページの「お申込に関してのご案内」欄にて必ずご確認ください。パンフレットをお持ちの場合は、各パンフレット記載の条件書をご確認のください。また、お申し込みの際には、必ず旅行条件書を印刷(プリントアウト)するか、またはお申込箇所にてお受け取りください。

    旅行条件の改定内容について
    1. 取消料規定の改定


    2. 旅行契約の解除期日 取消料(おひとり)
      旅行開始日の前日から起算してさかのぼって、40日目以降31日目にあたる日まで ピーク時に旅行を開始する場合 : 旅行代金の10%(5万円を上限)
      ピーク時以外に旅行を開始する場合 : 無料
      旅行開始日の前日から起算してさかのぼって、30日目にあたる日以降15日目にあたる日まで 旅行代金が
      50万円以上 : 10万円
      30万円以上50万円未満 : 5万円
      15万円以上30万円未満 : 3万円
      10万円以上15万円未満 : 2万円
      10万円未満 : 旅行代金の20%
      旅行開始日の前日から起算してさかのぼって、14日目にあたる日以降3日目にあたる日まで 旅行代金の20%
      旅行開始日の前々日・前日及び当日 旅行代金の50%
      無連絡不参加及び旅行開始後 旅行代金の100%

    3. 申込金規定の改定


    4. 申込金(おひとり)
      旅行代金の20%以上旅行代金まで

以上