札幌市のレンタカー営業所 51-60件目(全66件中)|日本旅行の旅ぷらざレンタカー

北海道/札幌市のレンタカー営業所一覧「日本旅行・旅ぷらざレンタカー」のページです。
日本旅行・旅ぷらざレンタカーでは約4,000店舗の営業所から、オンライン上で簡単に比較検討・ご予約することができます。
日程で探す

レンタカー会社    車両     
事業者 営業所 定休日 営業時間

トヨタレンタカー 北1条東2丁目

[住所] 札幌市中央区北1条東2丁目5-2 札幌泉第一ビル1F
[電話] 011-205-0100
[交通] 国道12号線北1条雁来通沿い、さっぽろテレビ塔...more
[車両] 乗用車|RV、ミニバン、ワゴン|マイクロバス|バン|トラック|エコカー

なし 08:00~20:00

ちょいのりレンタカー 大通西4丁目店

[住所] 札幌市中央区南2条西5丁目26
[電話] 0570-200-055
[交通] 地下鉄東西線西11丁目駅より徒歩5分
[車両] 乗用車

なし 09:00~22:00

トヨタレンタカー 宮の森店

[住所] 札幌市中央区宮の森3条1-1-50
[電話] 011-631-0100
[交通] 「旧国道5号沿い、札幌トヨタ琴似支店隣。地下...more
[車両] 乗用車|RV、ミニバン、ワゴン|マイクロバス|バン|トラック|エコカー

なし 08:00~20:00

トヨタレンタカー 西町店

[住所] 札幌市西区西町北14-1-6
[電話] 011-663-0100
[交通] JR琴似駅より車15分、ホンダプリモ隣
[車両] 乗用車|RV、ミニバン、ワゴン|マイクロバス|バン|トラック|エコカー

なし 08:00~20:00

ジェイアール北海道レンタリース 札幌営業所

[住所] 札幌市北区北6条西1丁目1番地
[電話] 011-241-0931
[交通] 営業所は札幌駅東側高架下
[車両] 乗用車|RV、ミニバン、ワゴン

なし 08:00~20:00

ニッポンレンタカー 琴似営業所

[住所] 札幌市西区二十四軒4条4丁目13番13号
[電話] 011-633-0919
[交通] 地下鉄琴似駅より徒歩1分
[車両] 乗用車|RV、ミニバン、ワゴン|エコカー|電気自動車

なし 08:00~20:00

トヨタレンタカー 札幌駅南口店

[住所] 札幌市中央区北5条西7-2-1
[電話] 011-210-0100
[交通] JR札幌駅南口より西方面へ徒歩5分、京王プラザ...more
[車両] 乗用車|RV、ミニバン、ワゴン|マイクロバス|バン|トラック|エコカー

なし 08:00~20:00

タイムズ カー レンタル 札幌中島公園店

[住所] 札幌市中央区南8条西4-10-75
[電話] 011-518-6767
[交通] 地下鉄南北線中島公園駅2番出口より徒歩2分程度
[車両] 乗用車|RV、ミニバン、ワゴン|エコカー

なし 08:00~20:00

トヨタレンタカー すすきの南4条

[住所] 札幌市中央区南4条西7丁目 アパホテル・札幌すすきの駅西1F
[電話] 011-518-1100
[交通] 地下鉄「すすきの駅」4番出口より直進徒歩4分...more
[車両] 乗用車|RV、ミニバン、ワゴン|マイクロバス|バン|トラック|エコカー

なし 08:00~20:00

トヨタレンタカー 札幌駅前店

[住所] 札幌市北区北6条西1 トラストパーク札幌ステーション内
[電話] 011-728-0100
[交通] JR「札幌駅」北口を出て右に徒歩3分、コンビニ...more
[車両] 乗用車|RV、ミニバン、ワゴン|マイクロバス|バン|トラック|エコカー

なし 08:00~20:00
※上記の情報内容は変更される場合がございます。最新情報は各レンタカー会社の店舗へご確認下さい。
※掲載している写真と実際の車両は異なる場合があります。
※各レンタカープランに関するお問い合わせは各レンタカー会社へお願いします。

北海道最大の都市「札幌市」

日本最北の政令指定都市で、北海道の政治・経済の中心的都市。
江戸時代、松前藩によって開かれた石狩十三場所のうち五場所が集中し、幕末ころまでは蝦夷(アイヌ)との交易が行われる土地だった。明治時代に置かれた北海道開拓使によって、京都あるいは、アメリカ合衆国のタウンシップ制[1] をモデルとした碁盤目状の計画都市として本格的に開発された。1972年の札幌オリンピック開催を機に観光都市としても世界的に知られるようになった。
香港とほぼ同じ面積を持ち、周辺に江別市、北広島市などのベッドタウンを擁し札幌都市圏を形成する。ただし、札幌都市圏のうち札幌市の市域人口がほぼ8割を占めており、周辺自治体への郊外化はそれほど顕著にはみられない。通勤や通学などの日常的な面も全国の他の大都市圏とは状況が異なり、昼間人口と夜間人口があまり変動しない。一方市の中心部には地下街が発達し、札幌駅前・大通周辺のショッピングエリアには近郊の都市からも人が集まる。その経済圏[2]の人口は340万人におよぶ。