[日本旅行で探すこだわりの旅]国内・海外の極みの旅をテーマとしたプランやツアーを公開中!

進化を続ける美食の街 香港・マカオ 新発見の旅 4日

同行しませんが、日本語を話す現地係員がお世話します。
※フリータイムを除きます。

ツアー概要

出発日

2019年04月01日~2019年09月30日

出発地

首都圏発 名古屋発 関西発

旅行代金

421,900円〜 520,900円

食事

朝3回、昼2回、夕3回

最少催行人数

2名

添乗員

同行しませんが、日本語を話す現地係員がお世話します。
※フリータイムを除きます。

ツアーのご案内

香港に新オープンするホテルとマカオの日系ホテルに滞在し、新しい味に出会う美食三昧の旅。年間100軒以上を食べ歩く、現地旅行会社の支社長が自信を持ってお勧めする厳選のレストランで、日々進化を遂げる美食の街を体感します。
ビル群と賑やかな街が印象的な香港、アジアとヨーロッパの文化が融合した異国情緒を漂わせるマカオ。それぞれの見どころスポットにも訪れます。

ツアーのポイント

グルメの街としておなじみの香港・マカオ。このコースでは、1年足らずで100軒以上を食べ歩いた、現地旅行会社の支社長が「もし友人が遊びに来たら連れて行きたいレストラン」の観点から選び抜いたお食事を組み込みました。
マカオ1日目の夜は、コロニアル調のクラシックな「クルーべ ミリタール デ マカオ(マカオ陸軍倶楽部)」で、伝統的なポルトガル料理を。
2日目のランチは街を見下ろすマカオタワーの「360°レストラン」、ディナーは有名スーパーモデルの元専属シェフによる正統派イタリアン「カフェB」へ。
香港では30年以上のキャリアを持つシェフが腕を振るう広東料理の最高峰「海景軒」、スタイリッシュな内装とモダンに進化した点心が地元でも人気の「飲茶ライブラリー」で、今最も話題の味をお召し上がりいただきます。

ツアーのポイント宿

このコースでは、ホテルにもこだわりました。
マカオの滞在は日系のホテル・オークラ・マカオに2連泊。館内は木や和紙を使った安らぎの空間が広がり、日本人スタッフが駐在。客室にも浴衣バスローブなどがあり、日本人向けのサービスが充実しています。海外にいながら、日本的ホスピタリティが味わえます。
香港での宿泊はヴィクトリア湾のウォーターフロントという絶好の立地に、2019年3月オープンのローズウッド香港。65階のタワー内にあり、ヴィクトリアハーバーの壮大な眺めが広がります。屋外プール、フィットネスなど滞在を満喫できる施設が充実。ご用意するお部屋「ハーバービュールーム」から眺めるヴィクトリアハーバーと高層ビル群の迫力ある風景に、日常を忘れる時をお過ごしください。

ツアーのポイント

香港・マカオはアジアを代表する観光の街。いずれも小さな都市ですが、新しいモノを取り込み、日々進化を続ける姿が旅人を魅了します。
まずは2018年10月に開通したばかりの新名所、全長55kmの港珠澳大橋(こうしゅおうおおはし)を渡って、マカオへ。
マカオでは世界遺産の歴史地区を専用車で巡ります。セントポール天主堂、関帝廟など中国とポルトガルの文化が融合したマカオならではの風情ある街並みを観光。夜にはオープントップバスでマカオの街をお楽しみください。
香港ではアートの発信地にもなっているオールドセントラルやスターフェリーに乗船して、頭上を所狭しと看板がひしめく九龍の繁華街も訪れます。新旧が混在するエネルギッシュな空気を肌で感じてください。

ツアーの詳細・お申し込みはこちらから

  • デジタルパンフレット
  • 過去の極みの旅ツアー
  • ツアー相談会
  • お役立ち情報
  • 観光情報総合ナビ
  • トリパ
  • 日本旅行の旅行関連サービス
  • 海外旅行Q&A
  • 海外安全情報