日本旅行トップ > こだわりのテーマで探す旅 > 極みの旅 > ベルモンド サンクチュアリー・ロッジに泊まる 悠久のマチュピチュ遺跡とペルー周遊 9日

[ベルモンド サンクチュアリー・ロッジに泊まる 悠久のマチュピチュ遺跡とペルー周遊 9日]国内・海外の極みの旅をテーマとしたプランやツアーを公開中!

マチュピチュ遺跡前にある唯一のホテル
ベルモンド サンクチュアリー・ロッジに泊まる
悠久のマチュピチュ遺跡とペルー周遊 9日

1
写真1
写真2
写真3
神秘の絶景と出合う、謎の空中都市

ペルー共和国は、マチュピチュの歴史保護区をはじめとした数多くの世界遺産を有し、大自然と長い歴史で有名な国です。世界遺産の1つでもあるマチュピチュ遺跡は、神殿、段々畑、水路に囲まれ、大きな石塊を結合物を使用せずに合わせて作られており、山の頂上に建設されています。マチュピチュ遺跡は今なお多くの謎に包まれていて未だに解明されていません。インカ帝国の高度な文明と絶壁に佇む圧巻の風景を是非ご覧ください。マチュピチュ村民芸品市場では、色・柄ともに鮮やかなポーチ、かばん、マフラーなどお土産にぴったりの品が所狭しと並んでいてペルーならではの民芸品をお楽しみいただけます。

2
写真1 時を遡り、偉大な文化遺産を共有
写真2 時を遡り、偉大な文化遺産を共有
写真2 今なお姿を近代へと繋ぐ歴史中心街

ペルー南部の乾燥地帯に描かれた巨大な地上絵、ナスカ・フマナ平原の地上絵。ナスカ文化に描かれた絵は、幾何学図形、動物、植物、虫などさまざまで、残された理由も解明されておらず多くの謎を残したまま。ナスカ文化が残した重要な遺産を、ナスカの地上絵遊覧飛行(全席窓側)でお楽しみいただけます。南アメリカにおける政治および行政の中心地、リマの歴史は古く王達の都市として知られていました。フランシスコ・ピサロが建てたカテドラルや17世紀前半の美しいセビリアンタイルが貼られたサン・フランシスコ教会など歴史に触れる観光をお楽しみください。

3
写真1 静寂のマチュピチュに寄り添う、神聖な空間
写真2 静寂のマチュピチュに寄り添う、神聖な空間
写真3 大自然の中を巡る魅惑の旅
写真4 大自然の中を巡る魅惑の旅
写真5 大自然の中を巡る魅惑の旅

5日目にご宿泊いただく、「ベルモンド サンクチュアリー・ロッジ」は、マチュピチュ遺跡に隣接している唯一のホテル。マチュピチュ遺跡へのアクセスもよく、また、一日を過ごした後の休息に適しています。レストランでは、ロッジ内の農園で栽培された素材を使用したペルー料理をご堪能ください。ベルモンド ハイラム・ビンガム号での列車旅も魅力の1つ。マチュピチュ遺跡を発見した探検家、ハイラム・ビンガム氏に因んで名付けられました。巨大なアンデスの山深い自然を走り抜け、ポロイへと戻ります。ペルーの風景を堪能しながら、車内でコース料理をお楽しみいただきます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • マチュピチュ遺跡/12角の石(クスコ)/
    マチュピチュ村民芸品市場
  • ナスカ・フマナ平原の地上絵/
    リマ旧市街
  • ベルモンド サンクチュアリー・ロッジ/
    ベルモンド ハイラム・ビンガム号

マチュピチュ遺跡前にある唯一のホテル
ベルモンド サンクチュアリー・ロッジに泊まる
悠久のマチュピチュ遺跡とペルー周遊 9日

出発日
2017年5月5日~10月29日の金・土・日曜日出発【出発除外日なし】
利用航空会社(日本発着時)
デルタ航空、ユナイテッド航空のいずれか
利用ホテル
〈リマ〉シェラトン・リマ 又は Sクラス
〈パラカス〉サン・アグスティン・パラカス 又は Aクラス
〈マチュピチュ村〉スマック 又は Aクラス
〈マチュピチュ遺跡入口〉ベルモンド サンクチュアリーロッジ
〈クスコ〉ホテル アランワ・クスコ 又は Sクラス
添乗員
同行しませんが、日本語を話す現地係員がお世話します。
最少催行人員
2名様
食事(機内食を除く)
朝食6回、昼食5回、夕食6回
パスポート・査証(日本国籍の方)
パスポート残存有効期間:帰国時まで有効なもの。( 航空会社により入国時6ヶ月以上求められる場合があるため入国時6ヶ月以上が望ましい。)旅券の未使用査証欄は入国時5頁以上必要。
査証:ESTA の事前取得が必要です。TAMカード(アンデス入国カード)の記入が必要です。TAMは入国審査場でご入手いただけます。
旅行代金(基本プラン/エコノミークラス席/2名1室利用/ 大人お1人様)
899,900円~1,119,900円

■1人部屋追加代金: 219,000円

■ビジネスクラス追加代金:950,000円

※本コースは3名1室(トリプル)利用はお受けできません。

※子供同額

※6歳未満のお子様はご遠慮ください。