日本旅行トップ > 日本旅行写真部 > 「広い風景 (春夏)」の撮り方〜花のある広い風景〜

日本旅行写真部発足!|日本旅行が提案する新しい大人旅(おとな旅)

日本旅行写真部 お役立ち写真特集

「広い風景 (春夏)」の撮り方〜花のある広い風景〜

見る人すべての気分を良くするお花畑の写真。近くの公園や植物園を訪ねてみる

春、梅と桜を皮切りに写真撮影にもってこいの季節がやってきました。カメラを手にする人にとって花の写真は多くの方が取り組むテーマになると思いますが、その中でも一面の花畑というものは誰が見ても良い気分になる素敵なものです。

花のある風景写真の撮影には一にも二にも花の咲いている場所を見つけることが不可欠です。その次に花の咲き具合、天気、花の周辺の風景など良い写真にするために複合的に要素が絡んできます。人里離れたところで群生地を見つけることが出来れば素晴らしいですが、慣れないうちは植物園や公共の公園など、手入れをされたお花畑を訪ねてみるのがよいでしょう。花も規則的に植えられているので構図も作りやすいですし、ひとつひとつの花の状態も良好なことが多いです。

花畑を撮影するときには手前に気を配りましょう。下の写真のように、遠くにある花はその感覚が狭まりびっしりと咲いているように見えます。一方で手前についてはひとつひとつの花や花同士の間隔もしっかりと見えるため、構図の決め方によってはスカスカに見えるような写真になってしまいます。手前側を花で敷き詰めるようにすると、画面の外にもさらに花が広がっているような写真になります。

イメージ手前側を花で敷き詰められるよう、自分で動いてみます

イメージ手前に花が少ない例

ワイドで撮る。遠景に人物を入れてスケール感を表現する

コンパクトデジタルカメラでもできる広い風景の描写。一番わかりやすいのはカメラのワイド側で撮ることです。

下は琵琶湖沿いにある大きな桜の木を撮ったものです。低いアングルからの撮影で、画面の半分以上を桜の木で占めるような構成にすることで桜のスケール感を伝えています。

背景に広がる湖で十分に広さを感じさせる写真になっていますが、遠景に釣りをしている人をいれることで桜の大きさを伝える助けにしています。人物がぞろぞろとたくさん入ると「観光地に来ました」という印象の写真になってしまいますが、「少ない人数を」、「遠目に」入れるとそれらが景色の中に溶け込み、風景を構成するひとつの要素になります。このとき、カメラと人物との距離感については十分に注意をしてください。人物があまり近いと大きく写ってしまい、広がっている花や広い風景のスケール感が伝わりにくくなってしまいます。人以外にも手前に何か持ってくるとそれは大きく写ります。気をつけましょう。

イメージ人が入ると桜の大きさが伝わります。しかし、人の入れすぎには注意

たくさんの花が目の前に!それらをかたまりとしてとらえる

広い範囲に花が咲いている状況で、さらに写真がよくなるポイントをいくつか挙げます。

花の色、形を「群」として捉えてみましょう。
同じ色の花の集まりを撮る。何色か花の色をグループに分けて撮ってみる。いずれも撮影地、花の咲き具合などをしっかりと読み取ったあとでの味付けです。たとえば下の写真のようにあじさいはあじさいでも同系色(この場合はブルー)の色を固めて撮ることによって写真に安定感(調和)が出てきます。見る人の目にも優しいので好感を持ってもらいやすい写真にすることが出来ます。
花の咲き方、咲いている間隔などからリズムを読み取れるような構成、構図にしてみましょう。
植物園や大きな公園など、手入れされている花畑であればある模様やかたちを描くようにきれいに花が植えられていますが、自然にはそういった状況はありません。その中で花が流れを持って咲いているような場所を見つけることが撮影にぴったりな場所と言えます。下のあじさいの写真ではあじさいの咲いているところが逆Sの字になっています。写真を見る人の目線をなだらかに誘導することを考えての構成です。
イメージ見る人の目線も考えてみることが大事です
お花の写真は1にも2にも情報収集が大切です
花のある風景については、花の咲き具合が大きな要素になってきます。最近は花の名所(公園、植物園、寺社仏閣)も訪問客のためにインターネット等で日々リアルタイムに情報を出してくれています。せっかく撮影に出てみても花が全く咲いておらず残念、ということにならないためにもお目当ての場所の情報はこまめにチェックするようにしましょう。(「桜」、「開花状況」、「関東」 などのキーワードで検索をかけるとそれに関連したホームページにたどり着くことができます)
また、よく満開狙いで撮影に望む人がいますが、どんな花でも五分咲きと言われているぐらいからであれば安定して良い写真が撮れます。人も少ないですし、傷んでいる花が少ないのでおすすめです。満開じゃないから、ということでがっかりせず、蕾の頃から花が散った後まですべての状況を楽しめるようになった時、あなたは花の風景写真の上級者になっているはずです。
イメージ開花予想を見て旅行の計画を立てるのもおすすめ

イメージ

渡邊 翔一 わたなべ しょういち
写真家。広角レンズでの描写を主に世界の風景を撮っている。
(公社)日本写真協会会員。日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター。
「広い風景フォトコンテスト」審査員。
ホームページはこちら:http://www.show1photo.net/

「広い風景(春夏)」を撮影するためのおすすめ旅行特集

春らんまん 桜めぐり

春らんまん 桜めぐり
日本で最も馴染み深く、春の訪れを告げる花・桜。日本の豊かな自然が奏でる「春」を愛でる一日をどうぞ。

2015年 ゴールデンウィーク国内旅行特集

2015年 ゴールデンウィーク国内旅行特集
春めいてきた温かい日差しの中、のんびり過ごしたり、観光したり…。 家族・カップル、グループで泊まれるお宿を簡単&楽々検索!
もっと見る
季節のおすすめ国内旅行
人気の定番国内特集
格安国内ツアー

2015年 ゴールデンウィーク海外旅行特集

2015年 ゴールデンウィーク海外旅行特集
今年は思い切って海外旅行はいかがでしょう!?不動のハワイ、グアムはゴールデンウィーク人気の定番!さらに、東南アジアのビーチリゾートも人気です。

春のオランダ・ベルギー旅行特集

春のオランダ・ベルギー旅行特集
春の訪れを肌で感じるベネルクス3国の魅力をたっぷりとご堪能下さい。
もっと見る
季節のおすすめ海外旅行
人気の定番海外特集
格安海外ツアー

フォトコンテスト

\ 素敵な「広い風景」が撮れたら、フォトコンに応募してみよう /

旅先での“一瞬の時”にこころがトキメク「広い風景フォトコンテスト」開催 2015 春・夏

野原一面に咲き乱れる花々、雲海に浮かぶ山々。
どこまでも続く海岸線など、こころに残る写真をご応募ください。

募集要項をダウンロード・印刷する

バックナンバー