日本旅行トップ > 日本旅行写真部旅フォトコンテスト 結果発表

旅フォトコンテスト 結果発表

旅フォトコンテスト

「旅フォトコンテスト」では、自然や街風景、祭りやイベントなどをテーマに、
感動した場所や思い出のある風景の写真を募集しました。
見事に上位入賞を果たした5作品は、“こんなところに行ってみたい”と思わせられる写真が選ばれました。

グランプリ

グランプリ

「朝の月山弥陀ヶ原」深野達也(和歌山県)

1
キヤノンEOS 5D MarkⅡ
3
2015年9月21日、山形県鶴岡市(月山弥陀ヶ原湿原)

選評

平嶋彰彦 写真家 編集者
元毎日新聞社出版社写真部長
極楽浄土にもたとえられる出羽三山の一つ、月山弥陀ヶ原の秋景色が、神話的ともいえる雄大なイメージでとらえられています。草原の赤と水辺の青が織りなす色彩表現も、雲海の上にそびえる鳥海山を遠景に配置した構図も、たいへん素晴らしいです。
渡邊翔一 写真家 公益社団法人 日本写真家協会会員
日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター
朝日、夕日のシーンはドラマチックですが、きめ細かい露出補正が求められます。的確な露出で撮影されているクオリティの高い風景写真を見せてもらいました。高い実力を持っているので、これからも夜明けと夕刻の表現を武器として、旅先でも息を飲むような美しい光景を丁寧にとらえ続けてください。
板見浩史 NPO法人 フォトカルチャー倶楽部理事
公益社団法人 日本写真協会顧問
信仰の山である月山の8合目に位置する弥陀ヶ原の神秘性を、実に相応しい時間帯を選んで表現しています。まさに「天空の湿原」通りのイメージで神々しく輝いています。遠くそびえる鳥海山も遠近感を強調していて効果的です。
1
カメラ
2
レンズ
3
その他(フィルムモード、フィルター、三脚、撮影年月日、撮影地など)

イメージ

準グランプリ

「天空のレストラン」中井正寛(京都府)

1
キヤノンEOS 50D
3
2016年2月14日 ボリビア(ウユニ塩湖)

[選評] 渡邊
天気が良い中のランチタイムをシンプルに写したこの写真は、「こんなところに行ってみたい」という気持ちを素直にかきたててくれます。原色の椅子、みなさんの服の色が調和をもって並んでいて心地良いアクセントになっています。

イメージ

準グランプリ

「天空の華」髙橋孝之(広島県)

1
ソニーα99
3
広島県南区(広島湾)

[選評] 板見
画面をフルに活かしてゴージャスな花火写真に仕上げました。
手前のシルエットの分量も程よく、上部の花火がフレームアウトされたところも画面外の広がりを感じさせて成功しています。

イメージ

とっておきスポット部門賞

「霧の雲辺寺」斉藤延子(香川県)

1
ニコンD600
2
24-120mm
3
2014年7月5日、徳島県(雲辺寺)

[選評] 平嶋
四国八十八カ所霊場の一つ、雲辺寺の参道にならぶ五百羅漢の石像。霊場巡りがいまも生きた信仰であることをつたえる秀作。杉木立を大きくとりいれた構図も効果的で、幻想的な雰囲気がうまく表現されています。

イメージ

観光スポット部門賞

「ワイキキ海岸に海女」井田金久(三重県)

1
ニコンF100
2
28-105mm
3
2005年2月15日、ハワイ

[選評] 日本旅行
普段見慣れたワイキキビーチに見慣れない光景があり、最初に見たときからともとても気になった1枚でした。非日常という旅行の目的がうまく表現されていて、こんな旅行に行ってみたいと感じさせられました。

旅フォトコンテスト 入選受賞者

  • イメージ「ジンベイと遊ぶ」谷口常雄(神奈川県)
  • イメージ「たたらの里」品川清一(島根県)
  • イメージ「トロッコ」牧元晴美(千葉県)
  • イメージ「ロマン」梅村二三男(岩手県)
  • イメージ「額縁の中に」増田恵(長野県)
  • イメージ「幻想渓谷由布川」中島晃(大阪府)
  • イメージ「聖地の夜明け」広瀬奈津美(神奈川県)
  • イメージ「富士に泳ぐ」和木哲雄(大阪府)
  • イメージ「霧の中で」増田恵(長野県)
  • イメージ「那智の火祭り」中西克仁(和歌山県)

旅フォトコンテスト 佳作受賞者

上記で発表した上位入賞者に続き、ここでは佳作受賞者を一挙に発表します。(敬称略)

関かおり(神奈川県) 宮内妙子(愛媛県) 北野正昭(広島県) 佐川隆博(長野県)
床島央明(大阪府) 増田良子(長崎県) 和木哲雄(大阪府) 武田敏久(青森県)
大藪金光(岐阜県) 土屋敏彦(静岡県) 伴 光蔵(滋賀) 佐々木 郁太郎(北海道)
河本博宣(山口県) 大井幸枝(山口県) 五十嵐清光(秋田県) 中西克仁(和歌山県)
三井秀範(香川県) 谷川智洋(愛知県) 秋篠重仁(岩手県) 深野達也(和歌山県)