山陰エリアの魅力を6回にわたりご紹介 山陰まんなか旅

鳥取県、島根県にまたがる宍道湖しんじこ中海なかうみ大山だいせん周辺は山陰地方のまんなか。
2018年は大山開山1300年祭、不昧公ふまいこう200年祭が開催される注目のエリアです!

大山開山1300年祭

大山開山1300年祭

養老2年(718)、依道が開山した大山。修験道場として最盛期には100を超える寺院があったという。2018年5月20日に大山寺で開創法要が行われるほか、11月30日まで特別祈祷や特別版のご朱印を実施する。

Data

同祭実行委員会

☎0859-31-9371

不昧公200年祭

不昧公200年祭

2018年は大名茶人として知られる松江藩主・松平治郷(不昧公)の没後200年を迎える。城下町に期間限定でオープンする特別茶席や船内で和菓子と抹茶を味わえる「茶の湯堀川遊覧船」など茶の湯文化を体感できる催しが、4月以降松江市内各所で予定されている。

Data

同祭記念事業推進委員会事務局

☎0852-55-5293

6回にわたって「山陰まんなか旅」を公開します。テーマに沿ったモデルコースを設定し、見どころなどを紹介します。

  • 第1回

  • 第2回

  • 第3回

  • 第4回

    5月1日公開予定

  • 第5回

    6月1日公開予定

  • 第6回

    7月1日公開予定

第1回ローカル線ぶらり町さんぽ

宍道湖や中海、大山周辺は山陰地方(鳥取県、島根県)の中心エリア。
出雲大社や松江城をはじめとする門前町や城下町の散策、玉造や皆生などの温泉、カニやイカなどの美味も多い。
6回にわたって“山陰まんなか旅”を紹介する第1回はローカル線に乗ってノスタルジーを探しに行こう。

地図

2泊3日モデルコース

[1日目]

出雲縁結び空港バス40分出雲大社一畑電車1時間松江しんじ湖温泉

 旅の始まりは神話の国、出雲から。出雲大社に向かう神門しんもん通りをそぞろ歩く人が多い。松並木の参道を進み、大国主大神オオクニヌシノオオカミを祀る本殿を参拝。本殿左にある神楽殿の大注連縄しめなわは圧倒的な迫力だ。

 神門通りを戻り、大鳥居近くにある出雲大社前駅から一畑いちばた電車に乗った。おしゃれな洋館のような駅舎の窓はステンドグラスがはめ込まれ、駅構内に止まっているオレンジ色の車両に馴染んでいる。この「デハニ50形」は昭和初期に造られた日本最古級の車両で、現役は退いたものの雲州平田駅構内で運転の体験ができる。

  

 どこか懐かしく感じるのは、京王や東急などの車両を改造したものだからだろうか。小さな列車だが、直線では結構な速さで走る。冬枯れの原野を突き進み園駅を過ぎると、右に宍道湖が姿を現した。対岸にぼんやりと灯る明かりがはっきりする頃、松江しんじ湖温泉駅に着いた。国宝の松江城は徒歩圏内で、松江しんじ湖温泉には日帰り入浴できる宿もある。

[2日目]

松江山陰線25分バス20分足立美術館、安来節演芸館バス20分安来山陰線10分米子バス20分皆生温泉

 翌日はまず、山陰線で安来の足立美術館へ向かった。美術品を鑑賞する前に、枯山水の庭園を額絵や掛け軸に見立てた窓から眺める。館内で印象に残ったのは、横山大観の六曲一双の屏風絵「神州第一峰」。絵から離れるほど迫力が感じられた。心静かに名作と向き合った後は、隣接する当地を代表する民俗芸能の殿堂へ。

 安来節演芸館は展示だけでなく毎日4回の公演を行っており、芝居小屋風の舞台で安来節を体感できる。安来節は300年前に原形ができたといわれ、地元の景勝や文物を七七七五調で歌い上げる甲高い節が心に響く。

 歌に合わせて踊るのが「どじょうすくい」。もともと酒席で座興として踊られていたのが安来節と結びついた。コミカルな男踊りに対して、女踊りは二人一組で軽快に踊る。NHK連続テレビ小説「わろてんか」でヒロイン夫婦が安来で踊り子をスカウトし、大阪の寄席で女踊りを披露するシーンが放映されたこともあり、人気が再燃している。

飲まれている。これは今年、没後200年を迎える不昧公によるところが大きい。窮乏していた藩財政を高麗人参や木綿の栽培、たたら製鉄

 安来市中心部で境港の魚介類を使った昼食を取り、米子へ移動した。

 米子は隠れた昔町で、豪商の家の庭に天守閣の鯱が残っていたり、九つの寺の山門が430mも一直線に並ぶ寺町があったりと発見が多い。北前船の交易で栄えた頃の町家は、間口が狭いのに奥行きが50mほどもある独特の造りだ。

 米子下町観光ガイドツアーでは2時間で町を案内してもらえる。ガイドの川越博行さんは「100本ほどある幅の狭い小路をはじめ、町家やお地蔵さんなど、歩くからこそ感じられる城下町風情が残っています」。一銭銅貨が看板に彫られた駄菓子屋には、ひっきりなしに子どもが買いに来る。何の変哲もないブティックに入店したら、城の梁材などを転用した吹き抜け空間のある町家で驚いた。約15人のガイドはそれぞれの“マイコース”を持っているそうだ。

[3日目]

皆生温泉バス20分境線40分境港(水木しげるロード、海とくらしの史料館)バス25分美保神社バス25分境線15分米子鬼太郎空港

 皆生温泉に泊まった翌日は境線の鬼太郎列車に乗った。境港市出身の水木しげるさんの作品「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターが車体だけでなく座席にも描かれている。

 境港駅に下り立つと、駅前に妖怪たちが集まっていた。駅から延びる水木しげるロードがリニューアル工事のため、各所に散っていた妖怪のブロンズ像が“世界妖怪会議”に参加しているのだ。

 ロードを歩いていると、ブロンズではないねずみ男がレトロな理容店の前で手招きしていた。約800mのロードの先にある海とくらしの史料館に立ち寄った。明治時代の酒蔵を改装した建物で、4,000点もの魚介類のはく製を展示している。

 境水道に沿ってさらに進み、魚市場隣接の水産物直売センターに入ると、松葉ガニや紅ズワイガニがズラリと並んでいた。「美味しいカニ入ってるよー」と威勢のいい声が飛び交い、通路は人であふれている。財布のひもが緩んで、土産の品定めに力が入った。

※下記Dataは2018年1月現在の情報です。

出雲大社 神楽殿

出雲大社神楽殿

長さ13.5m、重さは4.4トンもある神楽殿の大注連縄。

Data

☎0853-53-3100

松江しんじ湖温泉駅

松江しんじ湖温泉駅

松江しんじ湖温泉駅を出発していく電車。駅前には足湯があり、無料で利用できる。地元の人にとっても憩いの場になっている。

レトロな電車を体験運転

レトロな電車を体験運転

一畑電車に残る日本最古級のデハニ50形を専用コースで運転できる(150mを4回)。

Data

☎0853-62-3383

詳細HP

一畑電車

一畑電車

宍道湖畔を走る一畑電車

Data

<路線>
電鉄出雲市~松江しんじ湖温泉(北松江線)
川跡~出雲大社前(大社線)

足立美術館

足立美術館

借景の山を生かした5万坪の日本庭園のほか、120点もの横山大観をはじめとする近現代の日本画、陶芸など1,500点を所蔵し、3か月ごとに展示替えする。河井寛次郎や北大路魯山人の作品を展示する陶芸館もある。

Data

安来駅から無料送迎バス20分/9時~17時(4月~9月は~17時30分)/新館のみ2月7日、4月18日休/2,300円

☎0854-28-7111

安来節演芸館

安来節演芸館安来節演芸館

300人収容の演芸ホールで1日4回安来節の公演を行う(どじょうすくいは3月まで期間限定で女踊りもある)。公演後にどじょうすくいの踊り体験ができる。

Data

安来駅からバス20分/10時~17時/水曜休(祝日の場合開館)/600円

☎0854-28-9500

皆生かいけ温泉

皆生温泉

弓ヶ浜の海岸沿いに大型ホテルを中心に約20軒の宿が立つ。天気のいい日は温泉街から大山を望む。高温のナトリウム・カルシウム‒ 塩化物泉は温まりの湯で、美肌効果も見込める。

Data

米子駅からバス20分

☎0859-34-2888(皆生温泉旅館組合)

米子下町散策ガイド

米子下町散策ガイド

小路散策、地蔵めぐり、商家見学など5コースあり、ボランティアガイドが2時間案内してくれる。集合、解散は米子駅から徒歩15分の山陰歴史館。

Data

希望日の2日前までに要予約/無料

☎0859-22-6317(米子市観光案内所)

鬼太郎列車

鬼太郎列車

6両ある鬼太郎列車。車両ごとにモチーフのキャラクターが異なる。7月までに全車リニューアルの予定

海とくらしの史料館

海とくらしの史料館

4.2mのホホジロザメや2.8mのマンボウなど大型魚を含め、4,000点のはく製を展示する水のない水族館。弓浜絣や織機、古民具の展示もある。

Data

境港駅から徒歩20分/9時30分~17時/火曜休(祝日の場合翌日休)/400円

☎0859-44-2000

美保みほ神社

美保神社青石畳通り

島根半島の東、北前船の寄港地だった美保関にあるえびす様の総本宮。鳥居近くの石畳は濡れると青みがかって見えることから「青石畳通り」と呼ばれる。

Data

境港駅からバス25分

☎0852-73-0506

境港水産物直売センター

境港水産物直売センター

カニをはじめとする12の直売店と食事処2店が並ぶ。

Data

8時~16時/火曜休(営業する店舗あり)

☎0859-30-3857

第2回茶の湯の文化香る松江を歩こう

宍道湖や中海、大山周辺は山陰地方(鳥取県、島根県)の中心エリア。
6回にわたって“山陰まんなか”を紹介する第2回の舞台は松江。大名茶人として知られる松江松平藩7代藩主・松平治郷(不昧公)が根付かせた、茶の湯の文化香る町を歩こう。地図

拡大図

2泊3日モデルコース

[1日目]

出雲縁結び空港バス30分松江駅バス10分松江城、堀川遊覧船徒歩10分田部美術館徒歩5分明々庵徒歩10分松江歴史館徒歩15分國暉酒造徒歩5分そば遊山徒歩15分松江しんじ湖温泉

 茶道。柔道や剣道など、武道と同じく「道」が付くと、少し身構える。ところが、松江ではお茶が身近な存在で、作法にこだわらず気軽に飲まれている。これは今年、没後200年を迎える不昧公によるところが大きい。窮乏していた藩財政を雲州人参や木綿の栽培、たたら製鉄などの産業で回復させた名君で、茶道具の収集や製作にも力を入れた。陶芸や漆器のほか和菓子の職人たちを育てた。

 松江に着いて、まず向かったのは国宝の松江城。四重五階の天守の階段を上りつめると、眼下に城下町や宍道湖の湖面が広がった。天気が良ければ、秀峰・大山も望める。また、堀を巡る遊覧船はこたつがあるので、冬でも場所によって表情を変える町の様子を温まりながら眺められる。

  

 城の北の塩見縄手は江戸時代の風情が残る松並木の通り。通り沿いに建つ田部美術館で不昧公ゆかりの茶器を鑑賞し、小高い丘の上にある明々庵へ。不昧公が建てた茶室で、抹茶を一服。松江城天守を望む和室で茶を喫する静謐のひとときは、今も変わらない。

 松江歴史館内の喫茶きはるでは、作り立ての和菓子を味わえる。「山川」や「若草」など不昧公の時代から伝わる銘菓も多い。左党なら立ち寄りたいのが、宍道湖畔にある國暉こっき酒造。試飲カウンターには社長兼杜氏の岩橋弘樹さんが立つ。「ゲストスペースを作ってお客様をもてなしたい」と改装したそうだ。

 そばの名店が多い松江だが、夜も営業している数少ない店がそば遊山。仕入れによって毎日変わるそば前(酒肴)のほか、コース料理を100種類以上の日本酒と共に楽しめる。オーナーの奥井淳さんが選んだ日本酒を冷酒や燗など、料理や好みに合わせて提供する。そば湯にゆでたそばが入った釜揚げで締めれば、満足間違いない。

[2日目]

松江しんじ湖温泉徒歩20分月照寺バス15分山本漆器店徒歩15分松江駅 【松江おちらとあるき】バス25分日本庭園由志園バス25分山陰線10分玉造温泉

 松江しんじ湖温泉で温まった翌日は月照寺げっしょうじへ。松平家歴代藩主の廟所がある境内は森閑としている。お茶に親しむ市民を不昧公が見守っているように感じた。茶道具に欠かせないなつめ茶杓ちゃしゃくなどを制作しているのが山本漆器店。時間がたつと鮮やかな色彩が浮かび上がる八雲塗の特徴を生かして、カップや万年筆など時代に合わせた漆器作りをしている。「八雲塗のように本質を隠すのは出雲人気質なのかも」と4代目の山本一成さん。

 より深く町を知るにはガイドと歩くのが一番だろう。松江駅を起点に寺町を歩く「松江おちらとあるき」は毎日行われ、ひとりでも参加できる。「おちらと」は出雲弁で「ゆっくりと」の意味。「松江は1300も橋がある水の都なのです」という廣江百合子さんの解説で町歩きは始まった。城の外堀の南一帯は寺院が密集しており、カギ型の十字路など城の防衛を意図していることがよく分かる。

 廣江さんと一緒に歩いていると、通りからほのかな茶の香りが漂ってきた。中村茶舗では店内で抹茶を楽しめる。近くの和菓子店で選んだお菓子と共に味わえるので、疲れた体を一服させることができる。隣の工場では抹茶を石臼で挽く様子を見学できる。「当店には茶のブレンドをする茶師がいるんですよ」と店員が教えてくれた。

 ぜひ寄りたいのが、中海に浮かぶ大根だいこん島。不昧公が薬用高麗人参の栽培を成功させた島で、現在も雲州人参として栽培されている。藩には人参方という役所があり、奉行もいた。島内にある日本庭園由志園の雲州人参を使った料理は、ピリッとした食感の後、血行が良くなった気がした。

 山陰が誇る名湯、玉造温泉では情緒あふれる夜にそぞろ歩きしたい。

[3日目]

玉造温泉徒歩10分玉作湯神社タクシー5分湯町窯バス30分出雲縁結び空港

 美肌の湯につかった翌日は、玉湯川の河畔を散策。河畔にも足湯があるので、休憩がてら足湯につかってのんびりしたい。勾玉づくり体験ができる店もある。温泉街の最奥にある玉作湯神社は温泉と勾玉の神様を祀っている。「叶い石」を「願い石」にあてて、祈りを込めた。叶い石はお守りとして持ち帰れる。

 玉造温泉駅近くの湯町窯は英国の陶芸家、バーナード・リーチの影響を受けたスリップウェアの技法が特徴。伝統的な茶碗から洋風の食卓に合う現代的な器や皿まで、黄や青など鮮やかな色の様々な焼き物が並んでいる。値段も手頃で、土産にちょうどいい。

※下記Dataは2018年2月現在の情報です。

松江城

松江城

松江開府の祖である堀尾吉晴一行の行列を再現した「松江武者行列」(4月7日)や、期間限定の茶席「松江春茶会」(4月28日~5月6日)など、城下町ではイベントが予定されている。

Data

■本丸:8時30分~17時(4月1日~9月30日は7時~19時30分)

■天守閣:8時30分~17時(4月1日~9月30日は~18時30分)/無休/560円)

☎0852-21-4030

ぐるっと松江 堀川めぐり

ぐるっと松江 堀川めぐり

船頭のガイドを聞きながら、松江城のお堀を50分で巡る遊覧船。

こたつ

4月10日まで、船内にこたつがある。

Data

9時~17時(季節により変更あり)/荒天時休/1,230円(1日乗り放題)

☎0852-27-0417

田部美術館

田部美術館

不昧公ゆかりの茶道具や、松江藩の御用窯だった楽山焼など出雲地方の美術工芸品を展示する。

Data

9時~17時/月曜休(祝日の場合開館)/620円

☎0852-26-2211

明々庵

明々庵

松江城を望む丘に立つ茶室。枯山水の庭を眺めながら、和室で抹茶と和菓子を。

Data

8時30分~17時(4月1日以降~18時30分)/無休/410円(抹茶は別途410円/9時50分~16時30分)

☎0852-21-9863

茶道具

茶道具

抹茶を入れる棗(なつめ)や茶杓などの茶道具(山本漆器店にて)

茶室

茶室

不昧公自筆の書が掛けられた明々庵の茶室

喫茶きはる

喫茶きはる

松江の歴史や文化を紹介する博物館「松江歴史館」の中にある甘味処。現代の名工、伊丹二夫さんによる上生菓子や抹茶を味わえる。

Data

9時~17時/第3木曜休(祝日の場合翌日休)

☎0852-32-1607

國暉こっき酒造

國暉酒造

昔ながらのこしきふねなどを使って手造りにこだわった酒蔵。江戸末期の面影が残る町家建築で、コの字型のカウンターでは試飲をして買うことができる。純米吟醸「不昧公」720ml2,160円など。

Data

9時~18時(土・日曜、祝日10時~16時)/不定休

☎0852-25-0123

そば遊山

そば遊山

松江では珍しい夜も営業するそば店。十割そばのざる、九一の割子や釜揚げのほか、そば味噌やスルメの麹漬け、だし巻きなどそば前も多彩。2,700円~のコースもある。料理に合わせて提供する日本酒は島根の純米酒が多い。

そば職人

そば職人の本間俊輔さん

Data

17時30分~23時(金・土曜は~24時)/日曜、第2,4月曜休

☎0852-27-5467

月照寺げっしょうじ

月照寺

松江藩主の菩提寺で、境内には歴代藩主の廟所が点在している。それぞれに廟門があり、不昧公の廟門は左甚五郎と並び称された小林如泥じょでいの作といわれる。書院では抹茶を一服できる。

Data

9時~17時/12月31日~1月3日休/500円

☎0852-21-6056

山本漆器店

山本漆器店山本漆器店

絵の上に透漆を塗り重ねることで、使うほどに絵が鮮やかになる八雲塗を製造販売している。近年は金箔の上から漆を塗った八雲白檀「琥珀」など新たな漆器にも挑戦している。

Data

9時~19時/水曜、1月1日~3日休

☎0852-23-2525

松江おちらとあるき

松江おちらとあるき松江おちらとあるき

地元ガイドの案内で暮らしの息づかいが感じられる路地を歩く。毎日催行の「松江満足物語~松江文化のお茶と和菓子に出雲そば」(10時~12時30分、1,500円)や土曜のみの「松江城下の今昔散歩」(13時30分~15時30分、500円)など。4月以降は「市民に根付く松江の『茶の湯文化』にふれる」(10時~12時、1,000円)に一本化される。

Data

☎0852-26-2011(松江おちらとあるき観光案内所)

日本庭園由志園

日本庭園由志園

池泉回遊式の日本庭園のほか、一年中ボタンが咲く牡丹の館や三つの食事処がある。春は庭園の池がボタンの花で埋め尽くされる。

薬膳弁当

雲州人参をふんだんに使った「薬膳弁当 雲州人蔘畑」2,484円(要予約、入園料込み)

Data

9時~17時/無休/800円(4月下旬~5月上旬、11月下旬は1,000円)

☎0852-76-2255

玉造温泉

玉造温泉

出雲国風土記で「一度入浴すれば肌が若返り、二度入浴すればどんな病も治す」と紹介され、日本最古の美肌の湯といわれる。泉質はナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉。硫酸イオンの効果で肌をみずみずしくする。玉湯川に沿って宿や足湯が並ぶ。

Data

☎0852-62-3300

玉作湯たまつくりゆ神社

玉作湯神社

温泉街の外れにあり、境内の願い石にお守りの叶い石を触れると願いがかなうとされる。

Data

☎0852-62-0006

湯町窯

湯町窯

江戸時代から続く布志名焼の流れを汲み、1922年に開窯した。黄釉や海鼠釉を使った落ち着いた発色が特徴。昭和初期の民芸運動の影響を受けて作られたエッグベーカー(目玉焼き器)は窯の代名詞になった。

湯町窯

作陶する3代目の福間琇士さん(右)と息子の庸介さん

Data

8時~17時(土・日曜、祝日は9時~)/無休

☎0852-62-0726

松江の夜の楽しみ

大橋川の北、東本町や京町商店街付近は、スタイリッシュなバーから庶民的な居酒屋まで、様々な飲食店が密集している。ぶらりと歩いてお気に入りを探そう。

徳平食堂

徳平食堂

一畑電車の松江しんじ湖温泉駅からすぐ、地元客が多い。名物のおでんは出汁のしみ込んだ種に特製味噌をかけて食べる。すじ肉270円、大根180円、春菊190円など。口の中でとろける焼豚800円もおすすめ。

Data

11時30分~13時30分、17時~21時30分/日曜、祝日休

☎0852-21-6097

かに小屋

かに小屋

松江駅から徒歩15分、大橋川の河畔に4月22日までの期間限定でオープン。松葉ガニ2,500円~3,900円、紅ズワイガニ1,500円~2,500円のほか、アワビ、サザエ、島根の魚の干物などのサイドメニューも手頃な料金で味わえる。

Data

11時~22時/期間中無休

☎090-4100-6942

松江から足を延ばして

訪れたい昔町や味わいたい旬の味覚がいっぱい。

雲州平田の木綿街道

雲州平田の木綿街道

宍道湖と船川の水運による木綿の集散地として栄えた平田。酒蔵や醤油蔵、妻入り造りの町家が今も残っている。

Data

松江しんじ湖温泉駅から一畑電車40分

☎0853-62-2631(木綿街道交流館)

米子の白壁土蔵群

米子の白壁土蔵群

旧加茂川沿いに白壁の土蔵が並ぶ。遊覧船に乗れば、町並みを眺めながら中海に出られる。幅の狭い小路歩きも楽しい。

Data

松江駅から特急やくも25分

☎0859-22-6317(米子市観光案内所)

城下町広瀬

城下町広瀬

広瀬町は月山富田がっさんとだ城の城下町として栄え、江戸時代は広瀬藩が置かれた。藩時代の面影が残る町並みが続く。

Data

松江駅から特急やくも15分の安来駅下車、バス30分

☎0854-32-3357(安来市観光協会広瀬支部)

境港水産物直売センター

境港水産物直売センター

境港の魚市場に隣接し、カニをはじめとする12の直売店と食事処2店が並ぶ。

Data

松江駅からバス40分の境港駅下車、タクシー5分/8時~16時/火曜休(営業する店舗あり)

☎0859-30-3857

第3回古墳や遺跡 神話のふるさとドライブ

宍道湖や中海、大山周辺は山陰地方(鳥取県、島根県)の中心エリア。
6回にわたって“山陰まんなか”を紹介する第3回は、弥生時代の遺跡から古墳、神々の集う神社まで、いにしえの神秘を感じるスポットをドライブしよう。

地図

2泊3日モデルコース

[1日目]

米子鬼太郎空港車10分正福寺車5分かにじまん車20分富益神社車10分粟嶋神社車30分むきばんだ史跡公園車20分米子

 古代を探るドライブのスタートは米子鬼太郎空港。レンタカーで北上し、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげるさんが幼少期に足繁く通ったという正福寺しょうふくじに寄ってから、境港へ。境港駅から続く水木しげるロードには妖怪のブロンズ像がそこここに立っている。ロード沿いのかにじまんで昼食。新・ご当地グルメ「新かにめし」の紙の包みを開けると、真っ赤なベニズワイガニが姿を現した。同店は水産会社も経営しているため、新鮮なカニを安価に提供している。

 開運八社巡りの一つ、富益とみます神社に詣で、丘の上に立つ粟嶋神社には息を切らせながら参拝した。小さなお社なのに地元の人と行き交い、大事にされているのだろうと感じた。

  

 大山山麓の丘陵地に広がるのが妻木晩田むきばんだ遺跡。。史跡公園を含む遺跡は170ヘクタールに及ぶというので、文化財主事の家塚英詞さんと一緒に歩いた。1世紀後半の洞ノ原墳丘墓群は、四角形の四隅が伸びた四隅突出型の墓だという。「四隅突出型墳丘墓は出雲で多く見つかっている墓の形なので、当時何らかの接点があったのではないでしょうか」と家塚さんは説明する。

 ゆるやかな坂を下っていくと、高床倉庫が見えてきた。日本海を見晴るかす絶景だ。復元した竪穴住居の中に入ると、高い天井から光が漏れていた。1800年前、ここでどのような生活が営まれていたのだろう。遺跡からは900棟以上の建物跡が発見されており、大きなムラが形成されていたことが推定されるという。

[2日目]

米子車20分清水寺車35 分八重垣神社車15分ル レストラン ハラ オ ナチュレール車35分荒神谷史跡公園車5分出雲

 翌日訪れた安来やすぎ市の山中にある清水寺きよみずでらは開創1400年を超える古刹。そびえたつ石垣に圧倒されるが、「尼子あまご氏と毛利氏が争い、当寺は焼き打ちされました」という清水谷善曉ぜんぎょう執事長の話に歴史の一端を垣間見た。本堂の裏手に立つ三重塔は戦乱で焼失したが江戸時代、地元の信徒によって再建された。境内の宝物館で鑑賞できる摩多羅またら神像は本来秘神で、全国的にもかなり珍しい。

 松江に移動し、八重垣神社へ。縁結びの神様として有名で、若いカップルの参拝が絶えない。「夫婦和合のご神徳もあるので、年齢に関係なくご参拝ください」と宮司の佐草敏邦さん。

 松江の「ル レストラン ハラ オ ナチュレール」でランチを楽しんだ。オーナーシェフの原博和さんはクルーズトレイン「TWILIGHT EXPRESS瑞風みずかぜ」の料理監修をしており、豪華列車の料理を手軽に味わえる。「地元にこだわった野菜が自慢です。ボリュームもありますよ」と原さん。軟らかな牛ハラミにさわやかな酸味のソースが合う。

 荒神谷こうじんだに遺跡は考古学の歴史を一変させる大発見があった遺跡だ。1984年に道路工事の調査で偶然発見されたのは、358本の銅剣など2000年前の大量の青銅器。それまで全国で出土した銅剣の総数は300本余りだったから、その衝撃が分かる。全ての出土品は現在、国宝に指定されている。

 発掘現場は当時のまま保存されており、見学できる。ガイドの品川則之さんは「遺跡が身近に感じられるようになった発見でした」と言う。一部形状の異なる銅鐸があるなど、解明されていないことは多い。想像力をかきたてられるところこそ、古代の魅力なのかもしれない。

[3日目]

出雲車15分出雲弥生の森博物館車25分古代出雲歴史博物館徒歩5分出雲大社車25分万九千神社車20分出雲縁結び空港

 翌日は弥生の森博物館へ。博物館周辺にある西谷にしだに墳墓群の四隅突出型墳丘墓は、妻木晩田遺跡とは比べ物にならないほど大きい。9号墓は62m×55mもある。権力の象徴だったのだろう。

 館内ではジオラマを展示しているので、弥生人の鮮やかな服装や埋葬の様子を知ることができた。「1800年前は出雲が最も栄えた時代です。副葬品を見ると、岡山や北陸と交流があったと思われます」と学芸係長の三原一将かずゆきさん。交通が整備されていなかった弥生時代に人やモノの行き来があったことに驚いた。

  出雲大社を参拝すると、雲間から差し込んできた日が社殿を照らし、神々しく輝いた。その後、出雲大社に隣接する古代出雲歴史博物館で荒神谷の青銅器の数々と対面。発見現場で本物を見られなかったので、心待ちにしていた。壁一面にずらりと並ぶ様は圧巻だ。青緑色に輝き、ほぼ無傷の銅剣もある。神々の時代と古代の展示が隣り合っているのは出雲の博物館ならではだ。

 出雲に集まった神々が最後に立ち寄るという万九千まんくせん神社に行き、ドライブを終えた。

※下記Dataは2018年3月現在の情報です。

正福寺

正福寺

曹洞宗の寺院。本堂に水木しげるさんの妖怪画の原点になったとされる極楽や地獄を描いた六道絵りくどうえがある。

Data

9時~17時/無休/無料

☎0859-42-3834

かにじまん

かにじまん

水木しげるロード沿いにある食事処。ベニズワイガニ1杯のほか、大山茶そばや茶碗蒸し、お吸い物などがセットになった新かにめし1,500円。

Data

11時~18時/火曜休

☎0859-42-1520

因幡伯耆國いなばほうきのくに 開運八社巡り

富益神社

「福」の字を冠するなど縁起のいい八つの神社と今年の干支にちなんだ倭文しとり神社を訪ねる「開運八社巡り」。鳥取県内に点在する神社を巡ってご朱印を集めよう。

写真は境内に恵比寿社、荒神社、稲荷社がある富益神社

Data

☎0857-39-2111(鳥取県観光連盟)

粟嶋神社

粟嶋神社

中海に面した小高い丘の上に立つ少彦名命を祀る神社。

遥拝所

187段の石段を上った本殿の裏に出雲大社の遥拝所がある。

Data

☎0859-29-3073

妻木晩田むきばんだ遺跡

妻木晩田遺跡

米子の町並みや美保湾を望む丘陵に立つ妻木晩田遺跡の復元高床倉庫。

むきばんだ史跡公園

むきばんだ史跡公園

東西2km、南北1.7kmに及ぶ弥生時代の遺跡としては日本最大級の妻木晩田遺跡を整備した公園。土・日曜、祝日は火おこしなどの弥生体験のほか、GW明け~11月は発掘体験ができる(要確認)。

Data

9時~17時(7,8月は~19時)/第4月曜休、年末年始休/無料

☎0859-37-4000

ボランティアガイド

ボランティアガイド

むきばんだ史跡公園には園内を案内してくれるボランティアガイドがいる。(写真は公園スタッフの方)

Data

平日13時30分~15時30分、土・日曜・祝日10時30分~12時30分、13時30分~15時30分。12月~3月は要予約

清水寺

清水寺
清水寺

587年開創の天台宗の古刹。4万坪以上の広大な境内に最上階まで登れる三重塔や、国重文の阿弥陀如来像などを展示する宝物館がある。

執事長

執事長の清水谷善曉さん

Data

6時~18時(11月~3月は7時~17時)/無休/三重塔500円、宝物館500円(9時~16時、1週間前までに要予約)

☎0854-22-2151

紅葉館

精進料理紅葉館

清水寺の境内にある宿で、三重塔を正面に望む。豆腐をメーンにした精進料理を楽しめる(2,160円~)。

Data

11時30分~14時、17時30分~19時30分(夜は要予約)/不定休

☎0854-22-2530

八重垣神社

八重垣神社

素盞嗚尊スサノオノミコト稲田姫命イナタヒメノミコトを祀り、縁結びや夫婦和合の神社として知られる。

夫婦椿

境内奥の佐久佐女の森には、地上で幹が一つにつながる夫婦椿や、鏡の池がある。鏡の池では占い用紙に硬貨をのせて浮かべる縁結び占いができる。

Data

☎0852-21-1148

ル レストラン ハラ オ ナチュレール

ル レストラン ハラ

松江しんじ湖温泉駅近くにあるフランス料理店。ランチは1,450円と3,500円の2コースで、主菜は奥出雲和牛のハラムロースト(写真)など3種から選べる(1,450円のコースはメニューにより追加料金あり)。夜はおまかせのみ(5,000円~)。

ル レストラン ハラ

オーナーシェフの原博和さん

Data

11時30分~13時30分、18時~22時(要予約)/日・月曜休

☎0852-25-2010

荒神谷史跡公園

荒神谷史跡公園

銅剣358本、銅鐸6個、銅矛16本が出土した荒神谷遺跡のほか、出土時の映像やジオラマを展示する博物館、古代復元住居、ハス池などがある。

Data

博物館9時~17時/火曜休(祝日の場合翌日休)、年末年始休/205円(特別展はその都度)

☎0853-72-9044

出雲弥生の森博物館

出雲弥生の森博物館

1,800年前の四隅突出型墳丘墓や奈良時代にかけての55もの墓が残る西谷墳墓群に隣接する博物館。四隅突出型墳丘墓での葬儀を再現した1/10模型や、棺に納められたガラス製品などを展示している。

古墳

西谷墳墓群の古墳

Data

9時~17時/火曜休、年末年始休/無料

☎0853-25-1841

古代出雲歴史博物館

古代出雲歴史博物館青銅器

出雲大社や出雲国風土記、弥生時代の青銅器をテーマにした展示のほか、神話を映像で紹介するシアターもある。5月16日まで企画展「隠岐の黒曜石」を開催している(別途700円)。

Data

9時~18時(11月~2月は~17時)/第3火曜休(祝日の 場合は翌日休※変更の場合あり)/610円(企画展は展示により異なる)

☎0853-53-8600

万九千まんくせん神社

万九千神社

旧暦10月に出雲に集まる八百万の神が最後に寄り、直会(神宴)を催す神社。境内に立虫神社もある。

Data

☎0853-72-9412

第4回 (公開するまでここは表示されません)

第5回 (公開するまでここは表示されません)

第6回 (公開するまでここは表示されません)

山陰まんなか旅へのアクセス

■飛行機:
羽田空港から米子空港へ1時間15分、出雲空港へ1時間20分。
静岡空港から出雲空港へ1時間20分。
小牧空港から出雲空港へ1時間、伊丹空港から出雲空港へ50分。
福岡空港から出雲空港へ1時間5分。
■鉄道:
岡山駅から特急やくも2時間10分で米子駅、3時間で出雲市駅。
東京駅から寝台特急サンライズ出雲11時間で米子駅、12時間で出雲市駅。
■車:
中国道中国吹田ICから米子道米子ICまで241km、山陰道出雲ICまで311km。

山陰まんなか旅へはこちらから[おすすめのお宿から探す]

玉造温泉

松江駅前・松江しんじ湖温泉

出雲・出雲温泉

天然温泉 大社の湯 お宿
月夜のうさぎ
ツインリーブスホテル出雲

三朝温泉

はわい温泉・皆生温泉

境港・米子・倉吉

天然温泉 境港 夕凪の湯 御宿野乃
ホテルハーベストイン米子
ホテルセントパレス倉吉

鳥取・鳥取温泉・浜田市

山陰まんなか旅へはこちらから[デジタルパンフレットで探す]

  • 関東発

  • 関西発

  • 九州発

  • 中国発

  • 中部発

  • 北陸発