女子旅なら鹿児島!食べて飲んで美肌になれる厳選スポット7選

今女子旅で熱いのが「鹿児島」。美味しい料理にお酒、スイーツ、美肌になれる温泉まで、女子が思わずテンションが上がる、そんな要素がたっぷり詰まっています!たまには暮らし慣れた土地を離れて、のんびり自然と触れ合いながら、自分を癒してみませんか?

2018年6月19日 更新 11,424 view

鹿児島の地の歴史を感じるなら「名勝 仙巌園」

 (54308)

まずは、鹿児島の歴史を感じられる観光からスタート!
「名勝 仙巌園」は、江戸時代に造られた薩摩藩主・島津家の別邸。
大河ドラマで有名な島津本家の養女であった“篤姫”も、よく訪れていたといわれています。

広々として園内は、何と約敷地面積50,000平方メートル。
雄大な桜島と錦江湾を望むことができ、美しい庭園内をゆっくり、散策を楽しむことができます。

【所在地】
仙巌園
鹿児島市吉野町9700−1

【営業時間】
午前8:30~午後5:30

【入館料/入場料】
大人・高校生以上 1,000円 小中高生500円

【アクセス情報】
鹿児島中央駅より 車で20分
桜島フェリー桟橋から 車で10分

【電話番号】
099-247-1551

香りに癒される「かのやばら園」

 (54309)

5万株のバラが咲き乱れる国内最大級のバラ園。
1年中美しいバラが鑑賞でき、園内中バラのいい香りが立ち込め、その場にいるだけで女子力がUPしそうです。

「ハートばら」のスペース内では、ハートのアーチを描いた展示が楽しめます。
園内を散策する所有時間は約2時間。バラの香りを楽しみながらゆっくり散策したいですね。


【所在地】
かのやばら園
鹿児島県鹿屋市浜田町1250

【営業時間】
午前9:00〜午後5:00

【定休日】
月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始

【入館料/入場料】
一般620円 小・中高生100円

【アクセス情報】
鹿児島市内発・鹿児島空港発 かのやばら園行きバス

【電話番号】
0994-40-2170

鹿児島といえば黒豚!「寿庵」

 (54310)

旅行に来たら、その土地の名産を楽しみたいですよね。
鹿児島といえば、やっぱり黒豚!

鹿児島中央駅西口から、歩いて3分ほどのところにある「寿庵」は、地元でも有名店。
カレーやバジルなど、意外な組み合わせとの6種の“ハーブ塩”は、1度食べるとハマるとの噂。
黒豚の甘みをハーブ塩が引き出してくれます。

【所在地】
寿庵 鹿児島中央駅西口店
鹿児島県鹿児島市武1-3-1

【営業時間】
午前11:00~午後8:00

【アクセス情報】
鹿児島中央駅西口より 徒歩3分

【電話番号】
099-297-5830

元祖“白熊”を生み出した「天文館むじゃき」

 (54311)

ふとした瞬間に食べたくなる、シンプルな美味しさが人気の“白くま”アイス。
その元祖となったのが、こちらのお店「むじゃき天文館」。

かき氷に練乳をかけて、フルーツをたっぷり乗せた、優しい甘さは、観光で疲れた身体を癒してくれます。お店の前にいる白くまの人形を目印に、お店を探してくださいね。

地下には鉄板焼き、4Fには鹿児島の郷土料理を楽しめる系列店舗が入っており、こちらも大人気。食事を済ませた後、同じビル内で白熊を楽しむのも良さそうですね。

【所在地】
むじゃき天文館
鹿児島県鹿児島市千日町5街区8号

【営業時間】
午前11:00~午後22:00(※ラストオーダー午後9:30)
※日曜・祝祭日・7月・8月のみ開店時間午前10:00

【アクセス情報】
・電車
鹿児島市電2系統・いづろ通駅 徒歩3分

・車
JR 鹿児島中央駅 14分

【電話番号】
099-222-6904

鹿児島グルメが集結!「かごっまふるさと屋台村」

屋台が25軒ずらりと並ぶ光景は、どこか懐かしさを感じる「かごっまふるさと屋台村」。
鹿児島の郷土料理と焼酎が楽しめる、個性豊かな屋台が顔を揃えます。

地産地消のおもてなし料理で、思わずお酒も進みそうです。
屋台が25軒もあるなら、女子会乗りではしご酒もしてみたくなりますね。

【所在地】
かごっまふるさと屋台村
鹿児島県鹿児島市中央町6−4

【営業時間】
※各店舗により異なります。

【定休日】
第1・第3月曜日

【アクセス情報】
・電車
JR鹿児島中央駅東口 徒歩5分

・車
九州自動車道鹿児島北IC 約15分

黄金バランスの泉質「針持温泉 つるつる美人美肌の湯」

せっかくの旅行は、女子なら美しさも磨きたいですよね。
鹿児島は、お肌に良い温泉が揃っているんです!

「針持温泉」は美人の湯として有名な温泉の1つ。
アルカリ性単純泉は、皮脂と統合することで、お肌がツルツルになるのだとか。
日本三大美人湯と全く同じ泉質だと聞けば、絶対入りたいですね。

【所在地】
針持温泉 つるつる美肌美人の湯
鹿児島県伊佐市大口針持1235-8

【営業時間】
午前10:00~午後10:00(※土日は朝午前9時〜)

【入館料/入場料】
大人 360円 3才〜小学性 150円

【アクセス情報】
JR肥薩線栗野駅から南国交通大口・針持行きバスで25分
土瀬戸下車、徒歩5分

【電話番号】
0995-25-2828

さまざまな温泉を楽しめる「霧島国際ホテル」

 (54312)

露天風呂やサウナなど、幅広いサービスが楽しめる「霧島国際ホテル」。

日帰り入浴が利用しやすいのはもちろん、温泉泥パックや天然蒸し風呂など、女子のテンションが上がる美肌メニューがあることも人気の理由です。何よりもどの温泉も、ゆったり浸かれる広さが嬉しいポイント。

【所在地】
霧島国際ホテル
鹿児島県霧島市牧園町高千穂 牧園町高千穂3930−12

【営業時間】
日帰り入浴の場合は下記の通りです。
午前11:00〜午後3:00

【入館料/入場料】
大人 1,000円 小学性 500円 幼児(3才以上) 250円

【アクセス情報】
JR霧島神宮駅 路線バス
バス停 丸尾温泉 徒歩5分

JR霧島温泉駅 路線バス
バス停 丸尾温泉 徒歩5分

【電話番号】
0995-78-2621

女子旅向きスポット満載な鹿児島

鹿児島と聞いて、今までぱっと思い浮かぶものといえば、焼酎ぐらいだった方!

スイーツから美肌になれる温泉まで、鹿児島は女子旅にぴったりな魅力溢れるスポットが揃っています。その土地の歴史や自然に触れて、思う存分楽しめば日頃の疲れが吹っ飛びます。

次の女子旅は鹿児島に決まりですね!

鹿児島への旅はいかがですか?

鹿児島への旅はいかがですか?
鹿児島県旅行特集。あなたにぴったりの旅行プランが見つかります。

旅好きな女の子のための女子旅特集「たびーら」

旅好きな女の子のための女子旅特集「たびーら」
女子旅特集。あなたにぴったりの旅行プランが見つかります。

鹿児島県の旅館・ホテル予約│国内旅行の宿泊予約は日本旅行

鹿児島県の旅館・ホテル予約│国内旅行の宿泊予約は日本旅行
鹿児島を象徴する観光スポット「桜島」をはじめとした観光スポットいっぱいの鹿児島県!そんな鹿児島県のおすすめ宿をご紹介します。あなたにぴったりの宿をみ見つけましょう♪

新幹線+宿泊

【直前割】間際がお得セール

関連する記事 こんな記事も人気です♪

グルメ&温泉も♪鹿児島旅行でおすすめの観光スポット

グルメ&温泉も♪鹿児島旅行でおすすめの観光スポット

鹿児島は、雄大な自然とおいしいグルメに恵まれた場所。鹿児島旅行におすすめの観光スポットや上質な温泉もそろっています。お友達同士ではもちろん、ご家族連れにもぴったりの旅先ですよ。多彩な楽しみ方ができる鹿児島旅行に、あなたも出かけてみませんか。
citron | 3,936 view
天国なの?地獄なの?温泉天国別府の地獄めぐり♪

天国なの?地獄なの?温泉天国別府の地獄めぐり♪

街の至る所から湯けむりが立ち上る別府はなんと源泉数世界一、湧出量は日本一の温泉天国です!もちろん温泉に浸かるのもいいですが、おすすめしたいのが地獄めぐり!美しい湯の色の地獄や、まさに地獄のような風景など、合計8つの地獄を巡ってみましょう!
tabibitokaoru | 1,610 view
あなたは肉派?海鮮派?九州グルメ食べ歩きのススメ♪

あなたは肉派?海鮮派?九州グルメ食べ歩きのススメ♪

九州各県でおすすめしたい絶品グルメをご紹介します♪大地の恵みと海の幸、どちらも揃った九州のグルメは、旅に華やかな彩りを添えてくれるはず。お肉好きもお魚好きの方も必見!九州でおいしいものを食べたい、全ての方にお届けするお料理の数々をどうぞご覧ください。
citron | 18,833 view
東京駅から新幹線で日帰り旅!避暑地軽井沢のおすすめスポット5選

東京駅から新幹線で日帰り旅!避暑地軽井沢のおすすめスポット5選

東京駅から新幹線で気軽に行ける軽井沢は人気の夏の避暑地!暑い夏は避暑地で涼しく過ごしたいですね!もちろん秋もおすすめで紅葉のきれいな場所や落ち葉がいい雰囲気を出す趣きのある場所も!グルメもショッピングも盛りだくさんです♪
tabibitokaoru | 9,215 view
西郷どんゆかりの地も巡る!歴史を感じるおしゃれな鹿児島女子旅モデルコース【後編】

西郷どんゆかりの地も巡る!歴史を感じるおしゃれな鹿児島女子旅モデルコース【後編】

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の舞台だった鹿児島県。その鹿児島県で女子旅するならこんな場所というところを1泊2日で巡ってきました!歴史を感じることもできる、おしゃれな女子旅の参考にしてくださいね♪
Tripα編集部 | 1,693 view

この記事のキュレーター

穂塚 結 穂塚 結

Tripα新着記事を配信中!