冬といえばスキー&スノボ!北海道エリアのおすすめスキー場

冬のアクティビティの代表と言えば、スキー&スノボ!北海道エリアのおすすめスキー場を紹介します!世界が羨む“JAPOW”を満喫!良質なパウダースノーで冬を楽しもう♪(※JAPOW(ジャパウ)JAPANとPOWDERを掛け合わせた造語)

2020年12月11日 更新 538 view

※ご旅行につきましては、政府・都道府県より発令の「緊急事態宣言」「まん延防止等重点措置」等の最新情報にご留意ください。

目次

ルスツ

 (131732)

・2019年スキーアワードにて日本一を受賞!(スキーリゾート部門)
・北海道最大級の広さ! 3つの山がゲレンデ!
・規模も実力も全国トップクラス! コース総数37コース。総滑走距離42km。初心者から上級者まで楽しめ、4基のゴンドラやフード付リフトで快適移動!
・北海道最大級の雪質&降雪量!ふかふかのパウダースノーを味わえる!
・ビシッと整ったピステンバーン! 高い圧雪技術で滑り心地抜群のゲレンデ。
・ビギナーから上級者まで楽しめるパークや自然の地形を利用した未圧雪のサイドカントリーパークなど、遊べるコースも色々!

ゲレンデインフォメーション

標高差:594m(994m~400m)
コース数:37コース
最大斜度:40度(スーパーイースト)
最長滑走距離:3,500m
ナイター:16:00~19:45
リフト数:ゴンドラ(6人乗り)3本、(4人乗り)1本、高速クワッドリフト7本、ペア7本

↓往復航空機+宿泊+新千歳空港⇔ホテル間のバス+リフト・ゴンドラ券のセットプラン↓

ニセコ

 (131734)

・ホテルの目の前がニセコビレッジスキーリゾートのゲレンデというとても便利なロケーション。
・ホテルフロント・スキーバレーサービス・リフト券売り場・レンタルおよび各種アクティビティ受付が、“全て同じフロアー”にあるためストレスフリーの導線。
・ホテルから直結のニセコゴンドラで一気に標高1,000mの大地へ(山頂まで約10分)。山頂からニセコグラン・ヒラフやニセコアンヌプリ国際スキー場へも滑って行けるスケールの大きなスキーリゾートです。
・国内でも有数の雪質ニセコパウダー“シルキー”スノー!!
※スキーバレーサービスとは…ホテルスタッフが専用カウンターにてスキー板・ブーツ等をお預かりする便利なサービスです。
※ホテルとリゾートが隣接しているため、ご滞在中は勿論のこと、チェックイン前・チェックアウト後も大変便利にご利用いただける環境をご用意いたします。

ゲレンデインフォメーション

<ニセコビレッジ>
標高差:890m(1,170m~280m)
コース数:27コース
最大斜度:35度(スーパーステイション)
最長滑走距離:5,500m
ナイター:16:30~20:00(ナイターは12/19~3/7営業予定)
リフト数:ゴンドラ(6人乗り)1本、ゴンドラ(8人乗り)2本

<ニセコアンヌプリ国際>
標高差:756m(1,156m~400m)
コース数:13コース
最大斜度:34度(深雪林間コース)
最長滑走距離:4,000m
ナイター:16:30~20:30
リフト数:ゴンドラ(6人乗り)1本、高速クワッドリフト1本ペア・シングル4本

<ニセコグラン・ヒラフ>
標高差:890m(1,200m~310m)
コース数:30コース
最大斜度:32度(粉雪コース)
最長滑走距離:5,600m
ナイター:16:30~20:30
リフト数:ゴンドラ(6人乗り)1本、高速クワッドリフト1本ペア・シングル4本

↓往復航空機+宿泊+新千歳空港⇔ホテル間のバス+リフト・ゴンドラ券のセットプラン↓

トマム

 (131735)

・霧氷テラスやアイスヴィレッジなど、アフタースキーも充実!
・3才から参加できるレッスンや子どもの好奇心やチャレンジ精神を刺激しながら上達できる世界初のストーリー型ファミリーゲレンデなど、ファミリーにおすすめ。

ゲレンデインフォメーション

標高差:585m(1,171m~586m)
コース数:29コース
最大斜度:35度(ノーグラビティ)
最長滑走距離:4,200m(シルバーベル+ビギナーズチョイス)
ナイター:12/26~3/31 16:00~18:00
リフト数:ゴンドラ(雲海ゴンドラ)1本、高速クワッドリフト3本、ペア2本 ※雲海ゴンドラ(霧氷テラス)は2/28までの営業

↓往復航空機+宿泊+新千歳空港⇔ホテル間のバス+リフト・ゴンドラ券のセットプラン↓

↓往復航空機+宿泊+新千歳空港⇔ホテル間のJR+リフト・ゴンドラ券のセットプラン↓

キロロ

 (131736)

・「ゲートウェイエクスプレス」誕生!キロロトリビュートポートフォリオホテル北海道がスキーイン・アウト可能に!
・トッププレーヤーが絶賛する最良のパウダースノー。
・札幌から1時間ちょっとで別世界の山岳スノーリゾート。
・北海道トップクラスの長さを誇る3,300mキロロゴンドラ。3つのエリアに広がる全23コースの爽快レイアウト。
・リフトフード装着率、フットステップ装着率北海道一だから「寒さ」や「雪」、足元も疲れ知らずで楽々快適!(リフトフード装着率63%、フットステップ88%)

ゲレンデインフォメーション

標高差:660m(1,180m~520m)
コース数:23コース
最大斜度:36.8度(朝里2Cコース)
最長滑走距離:4,050m(朝里ダイナミックコース)
ナイター:6:30~19:30 ※リフトの運行は~19:00(12/7~)
リフト数:ゴンドラ1本(6人乗り)、1本(8人乗り)、高速フード付リフト5本、ペアリフト3本

↓往復航空機+宿泊+新千歳空港⇔ホテル間のバス+リフト・ゴンドラ券のセットプラン↓

富良野

 (131737)

・お子さまのゲレンデデビューを応援!なんと小学生以下はリフト&ロープウェーが無料!
・正面に大雪連峰や十勝岳を臨む風光明媚な北海道を代表するスキー場。
・2つの山に28本もの多彩なコースがあり、初心者〜上級者まで楽しめます。

ゲレンデインフォメーション

標高差:839m(1,074m~235m)
コース数:28コース
最大斜度:34度
最長滑走距離:4,000m
ナイター:12月上旬~3/20予定(16:30~19:30)
リフト数:ロープウェー1基、ゴンドラ1基、クワットリフト2基、その他リフト5基

↓往復航空機+宿泊+新千歳空港⇔ホテル間のバスのセットプラン↓

↓1泊ずつ宿泊施設が選べる往復航空機+宿泊のシンプルプラン↓

▶他のエリアの記事一覧

東北エリア

上越・群馬エリア

信州エリア

今年の冬は北海道でスキー・スノボ!

北海道|Let's SKI&SNOWBORD!!|akaaka~赤い風船TRIP~

北海道|Let's SKI&SNOWBORD!!|akaaka~赤い風船TRIP~
スキー、スノーボードシーズン到来!北海道のスキー場をご紹介。 お得なリフト券付などおすすめ商品満載です!

スキー&スノボ旅行

スキー&スノボ旅行
スキーやスノーボードを楽しむなら日本旅行。たくさん滑りたい!人気の旅行・ツアーが満載。オンラインで国内旅行の宿泊先や人気プランを検索・予約できます。

新幹線+宿泊

売りつくしセール

関連する記事 こんな記事も人気です♪

冬といえばスキー&スノボ!信州エリアのおすすめスキー場

冬といえばスキー&スノボ!信州エリアのおすすめスキー場

冬のアクティビティの代表と言えば、スキー&スノボ!信州エリアのおすすめスキー場を紹介します!ふわふわのパウダースノーがたっぷりで、ゲレンデデビューに最適なコースから上級者向けのコースなどバリエーションが豊富です。
Tripα編集部 | 1,526 view
冬といえばスキー&スノボ!上越・群馬エリアのおすすめスキー場

冬といえばスキー&スノボ!上越・群馬エリアのおすすめスキー場

冬のアクティビティの代表と言えば、スキー&スノボ!上越・群馬エリアのおすすめスキー場を紹介します!関東近郊なのですぐ行けて、設備が充実しているスキー場も多く、ファミリーにもおすすめです♪
Tripα編集部 | 1,148 view
冬といえばスキー&スノボ!東北エリアのおすすめスキー場

冬といえばスキー&スノボ!東北エリアのおすすめスキー場

冬のアクティビティの代表と言えば、スキー&スノボ!東北エリアのおすすめスキー場を紹介します!日本屈指の広さと雪質、穴場ゲレンデもたくさんあるのでいつでも何度でも楽しめます。
Tripα編集部 | 1,026 view
ゲレ食の進化が止まらない!スキー場で美味しいグルメ厳選7選

ゲレ食の進化が止まらない!スキー場で美味しいグルメ厳選7選

スキー場で食べるごはんって、気になりますよね?最近ではゲレンデで食べるごはんは「ゲレ食」と呼ばれ、スキー場の集客目的の一つになりそうなくらいに日々進化しているんです!今回は美味しいと評判のゲレ食グルメをご紹介いたします。
さとっち | 4,004 view
初心者必見!スノボ旅行の予算・費用・値段ってどれくらい?

初心者必見!スノボ旅行の予算・費用・値段ってどれくらい?

冬にみんなで行く旅行の定番といえばスノボ旅行。体を動かして、途中で美味しいものを食べたり、最後に温泉に入ったりと、日帰りでも中身の濃い一日を楽しめます。初めてスノボに行く人にとっては、予算が気になるもの。ここでは、スノボ旅行の予算を紹介します。
coldbrew | 11,518 view
おすすめ記事一覧

この記事のキュレーター

Tripα編集部 Tripα編集部

都道府県観光ガイド

おすすめ観光スポット・グルメ・お土産をチェック

都道府県観光ガイド