夏休みの穴場スポット14選!地域別の絶景や子どもが楽しめる施設

夏休みはどこも人だらけでうんざり、という経験は誰しもあるでしょう。それほど混雑せず、しかも子どもが楽しめたり絶景が望めたりする穴場スポットは日本にも海外にもたくさんあります。そこで、地域別に夏休みにおすすめの穴場スポットをまとめました。

2019年5月22日 更新 2,711 view

夏休みの家族旅行穴場スポット北海道・東北編

北海道と東北の穴場スポットは、どちらもその土地独自の自然を楽しめる施設です。この夏休みに遠出して、北海道と東北の自然を満喫するのにピッタリのスポットを2カ所紹介します。

岩手県 小岩井農場

 (80992)

牛乳やヨーグルトなど、施設名を冠したバラエティー豊かな乳製品が販売されていることで知られる『小岩井農場』は、東京ドーム約640個分という面積を持つ広大な民間農場です。場所は、岩手県の県庁所在地である盛岡市の隣町・雫石町と滝沢市にまたがっています。

約3000ha(ヘクタール)の農場のうち、約40haは『小岩井農場まきば園』という観光エリアとなっており、馬や羊などの動物とふれあったり、バター作り体験を行ったりできます。

農場内のレストランでは、生産されたばかりのフレッシュな乳製品はもちろん、ジンギスカンなどのメニューを楽しめます。

小岩井農場
【所在地】
岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1
【営業時間】
午前9:00~午後5:00
※時期によって変更あり
【入場料】
大人800円、子ども300円
【アクセス情報】
JR盛岡駅 バス約30分
【電話番号】
019-692-4321

北海道 北海道子どもの国

『北海道子どもの国』は、北海道砂川市にある道立公園です。広大な敷地にあるピラミッドや万里の長城、ピサの斜塔などの世界の七不思議をモチーフにした遊具が設置された『ふしぎの森』は、園内でも一番人気のスポットです。

ホタルが自然繁殖できるよう、環境作りや放虫を行なっている『ホタルの沢』では、7月中旬から8月中旬までホタルを観察できます。そのほかにも、バーベキューコーナーやパークゴルフ場などのアウトドアアクティビティを家族で楽しめるほか、キャンプ場も完備しています。

夏の北海道で、自然を満喫するのにおすすめのスポットです。

北海道子どもの国
【所在地】
北海道砂川市北光401-1
【営業時間】
午前9:00~午後5:00
【利用料】(ふしぎの森のみ)
高校生以上500円、キャンプ宿泊者・ネイパル砂川宿泊者400円、中学生以下・65歳以上無料
【アクセス情報】
JR砂川駅 バス12分、徒歩15分
【電話番号】
0125-53-3319

夏休みの穴場スポット関東編

関東地方でも、夏休みを満喫できるスポットがあります。都心からでも日帰りで遊べる、東京都内と神奈川県の穴場スポットを2カ所紹介します。

神奈川県 こどもの国

横浜市青葉区に位置する『こどもの国』は、レジャーやスポーツ、アウトドアなどさまざまなアクティビティが楽しめるスポットです。子どもの年齢に合わせて設置された遊具エリアがあるので、小さな子どもから中学生まで楽しく遊べるでしょう。

いろいろな種類の自転車に乗れるサイクリングコースやミニSL乗車、ボート乗り場など、園内で乗れる乗り物の種類も多彩です。

夏休み期間中は、屋外プールがオープンします。小さい子どもでも遊べる水深が浅いプールや2種類のすべり台、チューブスライダーなども設置されており、家族全員で楽しく水遊びができます。

こどもの国
【所在地】
横浜市青葉区奈良町700
【営業時間】
午前9:30~午後4:30(7・8月は午後5時まで開園)
【入園料】
大人600円、小中学生200円、幼児100円
【アクセス情報】
東急こどもの国駅 徒歩約3分
【電話番号】
045-961-2111

東京都 秋川渓谷

 (80993)

東京都西部のあきる野市から檜原村にかけて流れる『秋川』の20kmにわたる渓谷は『秋川渓谷』と呼ばれ、東京都内にありながら四季折々の大自然の景色を楽しめる場所となっています。

全長96mの歩行者専用つり橋『石舟橋』を渡って眼下を流れる秋川の自然を楽しむことができるほか、川岸へ行けば川魚のつかみ取りやバーベキューも体験できます。

都心から約1時間でアクセスでき、暑い夏休みに爽やかな大自然の中でアウトドアを楽しめるのも、秋川渓谷の魅力です。

秋川渓谷(あきる野市観光協会 五日市観光案内所)
【所在地】
あきる野市舘谷台16
【営業時間】
3月~11月午前8:30~午後5:00、12月~2月午前9:00~午後4:30
【アクセス情報】(秋川渓谷までの目安時間)
JR武蔵五日市駅 徒歩約35分
【電話番号】
042-596-0514

夏休みの穴場スポット東海・北陸編

東海・北陸地方の穴場スポットは、自然を生かして涼を取れるスポットや、1カ所で多数の楽しみ方ができるリゾート施設などがあります。

愛知県 ラグーナテンボス ラグナシア 

 (80994)

迫力満点のアトラクションを誇る遊園地や水族館、シアター型アトラクションなど、たくさんのアトラクションを一度に楽しめる、複合リゾート施設です。

夏は、波のあるプールなど6種類のプールで遊べる『ウォーターパーク』もオープンし、水着のままで楽しめるアトラクションも利用可能です。

施設内にはショッピングや食事ができる『フェスティバルマーケット』や天然温泉『ラグーナの湯』、さらに2カ所のホテルもあるので、このラグーナテンボス ラグナシアだけで夏のレジャーが楽しめます。家族旅行先として最適でしょう。

ラグーナテンボス ラグナシア
【所在地】
愛知県蒲郡市海陽町2-3
【営業時間】
午前10:00~午後8:30(季節・曜日などにより異なります)
【入場料】
大人2250円、小学生1300円、幼児800円
【アクセス情報】
JR・名鉄蒲郡駅 無料シャトルバス15分
【電話番号】
0570-09-7117

静岡県 竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)

 (80995)

『竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)』は、静岡県浜松市にある鍾乳洞です。年間を通して内部の気温が18度程度に保たれているため、夏に訪れると涼しく快適で、避暑地としても人気の高いスポットです。

自然が作り出したユニークな形の石や鍾乳洞がライトアップされ、幻想的な雰囲気の中を歩きながら楽しめます。

竜ヶ岩洞に行ったら、ぜひ味わってもらいたいのがアイスクリームです。竜ヶ岩洞にあるジェラート店『マテリア』では、バスガイドが選ぶアイスナンバー1に輝いた絶品アイスがそろっています。


竜ヶ岩洞
【所在地】
静岡県浜松市北区引佐町田畑193
【営業時間】
午前9:00~午後5:00
【入場料】
大人1000円、小中学生600円
【アクセス情報】
JR浜松駅 バス約60分、徒歩7分
【電話番号】
053-543-0108

福井県 明鏡洞

 (80996)

福井県南西部の高浜町にある『若狭湾国定公園』内の『城山公園』には、自然にできた8つの洞穴『八穴の奇勝』があります。このうちの一つが、『明鏡洞』です。

明鏡洞は、海に浸食されて作られた洞窟『海蝕洞』で、春から初夏にかけての季節の日没後は、穴の向こうに漁火が灯る幻想的な風景が見られます。城山公園内の他の洞穴とともに、探索してみてはいかがでしょうか。

明鏡洞
【所在地】
福井県大飯郡高浜町事代
【アクセス情報】
JR若狭高浜駅 徒歩15分
【電話番号】
0770-72-7705

夏休みの穴場スポット関西・中四国編

続いて紹介するのは、関西・中四国地方のスポットです。近年話題のスポットから、超有名観光スポットで楽しめるアクティビティなどを紹介します。

和歌山県 恐竜ランド&極楽洞

 (80997)

洞窟を利用した空間でさまざまな仕掛けが施された恐竜のアトラクションを楽しめます。洞窟『極楽洞』では、極楽と地獄の2種類の道で霊界の不思議体験もおすすめです。

洞窟の中の気温は夏でも12度ほどなので、涼みながら自然を生かした迷路のような洞窟を探検してみましょう。

恐竜ランド&極楽洞
【所在地】
和歌山県伊都郡かつらぎ町花園梁瀬1020
【営業時間】
午前9:00~午後5:00
【定休日】
10~2月の木曜日
【入場料】
大人900円、子ども600円
【アクセス情報】
JR笠田駅 バス70分
【電話番号】
0737-26-0836

香川県 直島

 (80998)

瀬戸内海に浮かぶ香川県の『直島』は、近年『アートの島』として注目を集めています。島内を散策するだけで、世界的に有名なアーティスト、草間彌生の代表作である『赤かぼちゃ』などの立体的なアート作品に出会えます。

直島観光ではずせないスポットが、『ベネッセハウスミュージアム』です。直島の自然を取り入れたユニークな構造の建物は、『自然・建築・アートの共生』をコンセプトに、自然を融合した現代アート作品の数々を鑑賞できます。ホテルも併設されているので、夏休みの美術鑑賞にもぴったりのスポットです。

直島
【所在地】
香川県香川郡直島町琴弾地
【アクセス情報】
高松港 フェリー50分、高速艇25分

鳥取県 鳥取砂丘パラグライダー

 (80999)

鳥取県鳥取市にある、日本最大の観光可能な砂丘『鳥取砂丘』では、パラグライダーを体験できます。

海風がそよぐ広大な砂丘の上で大空を飛び回るパラグライダーに乗れば、砂丘を見下ろすというここでしか体験できない開放的な気分を味わえるでしょう。

年齢制限は設けられていないので、子どもでも気軽にパラグライダーに乗れるのも魅力です。家族旅行の一環として鳥取砂丘観光ついでに立ち寄るのもおすすめです。

鳥取砂丘パラグライダー
【所在地】
鳥取県鳥取市浜坂1390-239
【体験料金】
半日体験コース8000円、楽ちんコース・1日体験コース1万1500円
【アクセス情報】
JR鳥取駅 バス20分
【電話番号】
0857-24-6124

夏休みの穴場スポット九州・沖縄編

夏を満喫できる南国・沖縄でも、まだまだ穴場は見つかります。さらに、九州地方でもリゾートを楽しめるスポットを紹介します。

長崎県 伊王島

 (81000)

九州地方でリゾート気分を味わいたいときにおすすめなのが、長崎県長崎市の『伊王島』です。長崎市中心部からもアクセスしやすい、気軽に行けるリゾートとして人気です。

伊王島の西端には、日本最古の無筋コンクリート構造の灯台『伊王島灯台』があり、近代化産業遺産に認定されています。

島内にはプール併設の海水浴場や天然温泉、バーベキュー設備などが整ったリゾート施設『i+Land nagasaki』があります。マリンスポーツも楽しむことができるので、日帰りでも宿泊でも多彩な過ごし方ができるでしょう。

伊王島
【所在地】
長崎県長崎市伊王島町
【アクセス情報】
長崎港 高速船20分

沖縄県 具志頭浜(ぐしちゃんはま)

 (81001)

沖縄県内には多数のビーチがありますが、知る人ぞ知るという隠れ家的ビーチが、沖縄本島南部に位置する八重瀬町にある『具志頭浜(ぐしちゃんはま)』です。

具志頭浜の周囲には奇岩が並んでおり、ボルダリングを楽しむ人のメッカとして、穴場スポットとなっています。

具志頭浜の特徴は、砂浜海岸と岩石海岸がミックスされている点です。また、サンゴ礁に囲まれた浅く穏やかな海であるため、貝や海藻、小魚などに触れる磯遊びが可能です。

具志頭浜
【所在地】
沖縄県島尻郡八重瀬町具志頭
【入場料】
無料
【アクセス情報】
那覇空港から車で約40分
【駐車場】
あり(無料)

夏休みにゆっくり過ごせる海外の穴場

最後に紹介するのは、海外の穴場スポットです。日本を飛び出して海外に目を向けてみると、日本にはない景色を見たり体験ができたりするスポットが数えきれないほど見つかります。

有名観光地は、夏休みには海外でも多数の人が訪れますが、以下のような穴場スポットなら、ゆっくり過ごしやすいでしょう。

メキシコ カンクン

 (81002)

メキシコ東部、カリブ海に面したユカタン半島の『カンクン』は、メキシコでも屈指のビーチリゾートです。日本ではなかなか見られない、白い砂浜と青い海のコントラストの美しい光景が広がります。

海水の透明度が高いことで知られ、ビーチでも魚が泳いでいる姿が確認できるほど透き通った海水が魅力の一つです。

メキシコで不安視される治安ですが、カンクンはメキシコで最も治安が良いといわれているため、メキシコ国内の他地域よりもはるかに安全といえるでしょう。

テニアン島 マリアナ

 (81003)

アメリカの自治領である『北マリアナ諸島』の一つに数えられる『テニアン島』は、サイパンからほど近い場所に位置する島です。サイパンから小型飛行機で約15分で行けるアクセスの良さも魅力でしょう。

テニアン島のビーチは、『テニアンブルー』と称される高い透明度のターコイズブルーの海で、宝石のように輝く海は絶景です。サイパンより観光客が少なめなので、絶景ビーチでゆったり過ごせます。

夏休み・お盆休みの海外旅行・宿泊特集2019

夏休み・お盆休みの海外旅行・宿泊特集2019
夏休みの海外旅行特集はこちらから!

まとめ

日本国内には、絶景を楽しめたり子どもが楽しく遊べたりする穴場スポットがたくさんあります。海外にも、まだあまり多くの人が足を踏み入れていないスポットが見つかります。

今回紹介したスポット情報を参考に、この夏休みの旅行先を選んでみてください。

夏休み・お盆休みの国内旅行・宿泊特集2019

夏休み・お盆休みの国内旅行・宿泊特集2019
夏休みの国内旅行特集はこちらから!

新幹線+宿泊

【直前割】間際がお得セール

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お子様連れの家族旅行に最適♪プール付のおすすめホテル7選

お子様連れの家族旅行に最適♪プール付のおすすめホテル7選

お子様がいる家族に人気なのがプール付ホテル。ホテル内にプールがあるため、時間を気にせず楽しめます。宿泊者にはプール入場料の割引サービスを行っているなんて特典も!今回は全国でも人気のプール付ホテルをご紹介しますので、夏休みの家族旅行の参考にしてみてください♪
チャイラテ | 5,821 view
あなたもきっと言いたくなる!家族旅行あるあるマンガ~海外編~

あなたもきっと言いたくなる!家族旅行あるあるマンガ~海外編~

ちょっとシュールな子育てマンガ『ヒゲ母ちゃんと娘さん』が話題となっているヤマモトさんに、家族旅行あるある漫画を描いていただきました!子連れパパママは、「あるある!」と言いたくなること間違いなし!
Tripα編集部 | 26,291 view
あなたもきっと言いたくなる!家族旅行あるあるマンガ~国内編~

あなたもきっと言いたくなる!家族旅行あるあるマンガ~国内編~

InstagramやTwitterで、子育てマンガが話題となっているオキエイコさんに、家族旅行あるある漫画を描いていただきました!子連れパパママは、「あるある!」と言いたくなること間違いなし!
Tripα編集部 | 30,072 view
夏休みはここで決まり!夏におすすめの子連れ旅行スポット

夏休みはここで決まり!夏におすすめの子連れ旅行スポット

子どもがみんな楽しみにしている夏休みシーズン、旅行はどこへ行こうか悩んでいるご家族も多いはず。今回は、夏に行きたい子連れ旅行の記事をまとめてご紹介。手厚い子ども向けサポートのあるホテルに、子連れにおすすめの海水浴場など、盛りだくさんにお伝えします!
kuha8 | 10,922 view
夏一番☆関東の海水浴場を子連れで満喫!

夏一番☆関東の海水浴場を子連れで満喫!

夏といえば海水浴場の季節。今年も子供たちの笑顔をつくりに、子連れで海水浴場へ行ってみてはいかがですか?今回は関東エリアのなかで、特に安全面を考慮した子連れの方でも安心な海水浴場をご紹介します。都心に近い関東エリアで、家族での最高の思い出をつくってくださいね!
kuha8 | 2,080 view

この記事のキュレーター

hassy hassy