夏フェス初心者必見!あると便利な持ち物リスト

もうすぐ夏の一大イベント、フェスの季節ですね!夏フェス初心者のみなさんの中には、とりあえず今から準備をしておきたいという人も多いのでは?今回は、女子に必須の持ち物からあると便利な持ち物まで、夏フェス前にチェックしておきたい持ち物をまとめてみました。

2018年4月4日 更新 2,044 view

女子の必需品は「日焼け対策」グッズ!

夏フェスといえばピカピカの太陽。問答無用で紫外線が降り注ぎます。女子ならやっぱり日焼けが気になる人も多いですよね。

日焼けを気にして、夏フェスを100%楽しめないなんてもったいない! そこで、日焼け対策グッズが女子には必需品なのです。

・日焼け止め
・帽子
・UVカーディガン

このあたりは用意しておきたいですね。

日焼け止めは、1回塗っても2~3時間たつと落ちてしまうので、会場でこまめに塗り直したほうが◎。UVカーディガンは1枚あれば昼と夜の気温差にも対応できます。

忘れないで!「熱中症対策」グッズ

1日を通して行われることも多い夏フェスは、炎天下の長丁場。最後まで楽しく過ごすためにも、熱中症対策が欠かせません。

・水かスポーツドリンク
・冷却シート
・冷感スプレー
・塩飴

これらのアイテムを使って、とにかく水分&塩分を適度にとることと、身体を涼しく保つことです。冷却シートは、額や首の後ろに貼るのがおすすめ。

熱中症になる前触れとして足がつったように感じる人も多いので、足のつる感覚がしたときにはすぐに日陰で休むようにしましょう。

夏フェスのエチケット「汗対策」グッズ

何がなんでも必須!というわけではないのですが、夏フェスでは大量に汗をかいてしまうので、清潔感を保つためのアイテムもあると便利なんですよね。

・タオル
・制汗剤
・汗ふきシート
・着替え用のTシャツ

タオルは、お目当てのバンドタオルを購入する人が多いと思います。それで十分なので、首にかけてこまめに汗をぬぐってください。

汗ふきシートは、本来の使い方のほか、ウェットティッシュ代わりとしても使えます。会場でご飯を食べるときに便利なので、ぜひ持って行きましょう。

夕立やゲリラ豪雨に備える「雨対策」グッズ

・ ・#イマソラ ・#雨

A post shared by jarinko (@skybluelove2016) on

夏の天気は変わりやすく、夕立やゲリラ豪雨がくることもあります。夏フェスで雨に降られてしまったら、夜がきたときに冷え込んで風邪を引いてしまうかもしれません。

・折りたたみ傘
・レインコート
・ジップロック
・大きめのゴミ袋

これらを用意しておけば、急に天気が崩れてもひとまず安心です。

ジップロックは、スマホなど水に濡れると困るものを入れるのに便利。また、大きめのゴミ袋があればぬかるんだ地面にも座ることができます。

タイムテーブルのチェックに「時計」は必要

夏休み・お盆休みの旅行特集2018

夏休み・お盆休みの旅行特集2018
夏休みの旅行にぴったりなおすすめの旅行をご紹介します!
夏フェスはいくつかステージがあって、タイムテーブルを見ながら「この時間はこっちのステージに行って…」と計画を練るのが楽しいですよね。会場でも時間を確認するために、できれば腕時計をして行きたいところ。

スマホでも時間は確認できますが、スマホ頼みだと万が一スマホの電池が切れてしまったときにたちまち困ってしまいます。

邪魔にならないようなるべくゴツくないサイズ感で、壊れても惜しくないくらいのチープな腕時計が夏フェスにはおすすめです。

スマホの「ポータブル充電器」があると安心

どうしても腕時計をして行くのはイヤだ!という人や、普段からスマホの電池が切れやすい人は、ポータブル充電器を持って行きましょう。

夏フェス会場までの行き方を調べたり、会場で友達と連絡を取り合ったり…夏フェスって意外とスマホを使うシーンが多いんですよね。なので、普段よりも電池の減りが早いと考えておいたほうがベター。

ポータブル充電器にも様々な容量があって、大体「1回分充電できます」と謳っているものは軽量なので、夏フェス向きです。

持ち物の準備はOK?楽しい夏フェスを♪

夏フェスに持って行くと便利なものリスト、特に女子に必須の持ち物もあわせてご紹介しました。

日焼け止めはスプレータイプのものを使うと、メイクの上からも塗り直すことができて便利ですよ。

今回ピックアップした持ち物を参考に、準備万端で夏フェスを楽しんじゃいましょう♪

今年の夏フェスは遠征して楽しもう!

今年の夏フェスは遠征して楽しもう!
全国のイベント会場へのアクセスが便利なホテルをご紹介!交通アクセス&座席図もここからチェックできます。

新幹線+宿泊

【直前割】間際がお得セール

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本の夏は祭りなくして語れない!関東で楽しめるおすすめの夏祭り6選

日本の夏は祭りなくして語れない!関東で楽しめるおすすめの夏祭り6選

憂鬱な梅雨が終わればあっという間に夏本番がやってきます!日本の夏で外せないイベントといえば、もちろん夏祭り。7月〜8月に関東で行われる夏祭りを厳選してお届け!お祭りで、夏の風物詩を思い切り楽しみましょう。
穂塚 結 | 5,204 view
各地のおいしいものが集結!夏のグルメフェス6選

各地のおいしいものが集結!夏のグルメフェス6選

各地のおいしいものが集まるグルメフェスは、ご家族連れや友人同士で訪れても盛り上がるイベント。野外で食べるグルメのおいしさはひとしおです。夏休みやお盆休みもある夏は、グルメフェスも大盛況。あなたも夏のグルメフェスへ出かけてみませんか。
citron | 2,743 view
ホテル予約も重要課題!イベント会場近くのホテル5選

ホテル予約も重要課題!イベント会場近くのホテル5選

イベント前に泊まるホテルは、当日の盛り上がりに備えてゆっくり休めるところを選びたいもの。混雑を避けて快適にイベント会場に出かけられるよう、イベント会場近くのおすすめホテルをピックアップしました。チケット同様ホテルも早いもの勝ちですので、素早い対応が必須です!
Keyko | 221 view
赤ちゃんとのはじめての旅行!準備のポイントは?

赤ちゃんとのはじめての旅行!準備のポイントは?

赤ちゃんとのはじめての旅行は、ママにとってもドキドキの体験。事前に必要な準備をしておくことで、より安心感のある旅行になるはずです。赤ちゃんとの旅行に必要な準備には、どのようなものがあるのでしょうか。そのポイントをご紹介していきます!
citron | 1,047 view
花火はラグジュアリーにクルーズで!屋形船や船で楽しめる花火大会5選

花火はラグジュアリーにクルーズで!屋形船や船で楽しめる花火大会5選

花火大会が各地で開催される夏。人混みから離れてゆっくりと花火を眺めたいときには、クルーズがおすすめ!水辺で行われる花火大会では屋形船や遊覧船などが数多く運行しており、花火クルーズが楽しめますよ。全国の花火大会の観光情報と、運行されるクルーズをご紹介します!
citron | 2,942 view

この記事のキュレーター

ennui ennui