ロンドン美術館を堪能!歴史的芸術作品&現代アート美術館

海外旅行で美術館巡りをする人も多いのではないでしょうか?イギリス、ロンドンの観光地にはたくさんの素敵な美術館があります。アーティスティックな美術館から、歴史ある美術館まで勢揃い。今回は、数あるロンドンの美術館の中でもおすすめの美術館を紹介していきます。

2017年1月24日 更新 1,638 view

【大英博物館】イギリスが誇る最大の美術館

イギリスといえば「大英博物館」が有名ですよね。大英博物館は、世界に誇る博物館と同時に歴史的価値のある美術品を多数展示しています。

例えば、ナポレオンがエジプト遠征時に発見したロゼッタストーン、古代エジプトのミイラ。そして、イースター島でお馴染みのモアイが綺麗に原型を留めているホア・ハカナナイア等を観る事ができます。

また、大英博物館は1759年より開業したこともあり、建物自体が歴史的建造物としても評価されています。18世紀中盤の建造物を見るチャンスですね。

人によっては全部観て廻るのに、急いで廻っても最短で1時間程かかります。大英博物館をゆっくり見学したい方は、どの展示物を観るか目星をつけたり、観光時間の調整をしていくとスムーズに廻れますよ。

【ヴィクトリア&アルバート美術館】芸術の歴史を堪能

イギリスのファッションや装飾品など、デザインの歴史を堪能したいなら「ヴィクトリア&アルバート美術館」がおすすめです。

ヴィクトリア&アルバート美術館は、質・量共に世界の美術館では到底及ばないコレクションが揃っています。

絵画・彫刻はもちろんのこと、ガラス細工や宝石が多く飾られています。家具や現代アートまで揃っており、中には3000年以上前の美術品まで展示されています。どの展示物も趣深く、見る者を魅了する作品ばかり。その上、イギリスの芸術が発展した軌跡も辿れます。

そして、現在のイギリスを支えるファッション文化がどのように発展したかという歴史も学べるのも魅力の1つです。

【デザインミュージアム】世界初のモダン・デザイン美術館

#デザインミュージアム #フィンランド #ヘルシンキ #designmuseo

A photo posted by madoka sakon (@madoka.s) on

2016年6月末に一時閉館したものの、同年11月24日に西ロンドンへ移転し、新しくオープンした美術館があります。それが世界初のモダン・デザイン専門とした「デザインミュージアム」です。

新しくなったデザインミュージアムは、旧コモンウェルス・インスティチュート(英連邦協会)を5年かけて改装。昔の館内よりも暖かみのあるデザインになりました。吹き抜け構造になっているためか、見た目以上の解放感の中、魅力的な美術品の数々を堪能できます。

デザインミュージアムも、3000点以上と展示数が多く、じっくり観るには1日で廻りきれない事もあるので、事前に催し物や観たい展示物は何処にあるか等を確認してから行くのが良いでしょう。

【テート・モダン】発電所跡地で楽しめる現代美術

大英博物館等と並ぶ巨大文化施設である「テート・モダン」は、なんと発電所跡地を利用した現代美術館なのです。その名残として、現在でも当時使用された煙突が残っています。

60年代の名のある芸術家の作品から、コンテンポラリーアート(現代美術)の力強く個性的な作品が数多く展示されています。あまり美術館に慣れ親しんでいない方でも楽しめるスポットとしておすすめです!

また、ミュージアムショップが併設されており、鑑賞後のお土産も購入可能です。展示物の作品が記載されたお土産等、個性的なお土産が多数揃っていますので、自分用だけでなく友人用のお土産にも最適です。

【ナショナル・ギャラリー】有名絵画が揃う美術館

次におすすめするのは、歴史的にも大変有名な“あの芸術作品”が展示されている、「ナショナル・ギャラリー」です。

ゴッホ作「ひまわり」、レオナルド・ダ・ヴィンチ作「岩窟の聖母」、ラファエロ・サンティ作「カーネーションの聖母」等、一度はTVや街中のポスター等で見たことがあるのではないでしょうか?名作且つ歴史に名を遺した、偉大な芸術家達の本物の作品を数多く観ることができます。

展示品は時代別に芸術作品を展示されていて、画風の移り変わり等の芸術史を学べるのも魅力的ですね。

有名絵画が揃うナショナル・ギャラリーも、1日で廻るのは難しい程の規模を誇っています。ナショナル・ギャラリーでは、見逃せない30作品をホームページ上に紹介しているので、事前に30選の場所を確認していくのも効率的ですね。ナショナル・ギャラリーの入館料も無料で拝観できます。

【ホワイト・キューブ】現代アートを堪能できる美術館

#whitecubegallery #london🇬🇧 #art

A photo posted by Jan Steven Tjandra (@jstjandra) on

2011年に誕生した、世界で最も訪問数の多い現代美術館「ホワイト・キューブ」は、現代アートを語る上で外せないスポットです。ホワイト・キューブには有名無名問わず、現代アートをこよなく愛する芸術家達の作品が多数集結。

躍動感ある芸術から見る者を引きこむトリックアートや、今まで見たことのない独創性溢れる作品まで展示されています。

ポイントはデザインミュージアムの近くに在ること、そして金曜日にはアンティークマーケットが開催されていることです!デザインミュージアムとホワイト・キューブの2箇所を1日で廻るも良し、金曜日に拝観し珍しいお土産を手に入れることもできますね♪

ロンドンの美術館巡りは計画的に!

ロンドンの多くの美術館では歴史的価値のある芸術作品から、今を輝く現代アートに至るまで、多数の芸術作品を堪能することができます。しかも、殆どの美術館が無料で入館出来るのは、実に嬉しいことですね!

ポイントはいかに廻るかということ。これだけは観たい!と思う作品やアーティストはやはり事前にウォッチしておく事が望ましいです。

しっかり計画を立てて、存分に美術館巡りを楽しみましょう!

イギリスを旅行に行くなら何したい?

イギリスを旅行に行くなら何したい?
ロンドンやエジンバラ、バッキンガム宮殿など、見逃せない観光スポットが盛りだくさんのイギリス旅行。観光情報だけでなく、気になるツアーやプランも探せます!

新幹線+宿泊

【直前割】間際がお得セール

関連する記事 こんな記事も人気です♪

人生で一度は行きたい!芸術の祭典エディンバラ・フェスティバル

人生で一度は行きたい!芸術の祭典エディンバラ・フェスティバル

毎年夏にスコットランドで行われているエディンバラ・フェスティバル。世界一の芸術の祭典と言ってもいいほど、バラエティに富んだ芸術に触れることができます。今回はそんなエディンバラ・フェスティバルの楽しみ方を、目玉イベントと一緒にご紹介します!
穂塚 結 | 1,733 view
テニスの聖地・ウィンブルドンのおすすめホテル5選

テニスの聖地・ウィンブルドンのおすすめホテル5選

ウィンブルドンは、テニスの四大国際大会が開かれる場所として知られ、大会が開催される毎年6月末から7月頭はホテルが混み合います。一方、ロンドンにも近く、観光も楽しめる場所としても人気です。今回は、ウィンブルドン滞在を満喫できるホテルとその観光情報をご紹介します。
xiaodao3 | 589 view
イギリスに行ったら食べたい!食べたらハマる本場グルメ7選

イギリスに行ったら食べたい!食べたらハマる本場グルメ7選

あまり美味しいグルメがないイギリス、というイメージの方が多いはず。でも実はそれ、一風変わったメニューがピックアップされているだけで、メジャーなグルメを食べれば、ハマる美味しいメニューばかりなんです!そこで今回は、本場で食べたいイギリスグルメを厳選してご紹介します。
穂塚 結 | 7,978 view
ロンドンをめいいっぱい楽しむ一日観光

ロンドンをめいいっぱい楽しむ一日観光

イギリス・ロンドンと言えば、歴史が溢れる街並みと、現代のお洒落さが混合する魅力あふれる地の一つ。 今回は、一日観光で訪れるべき、おすすめスポットを、イギリスに留学経験のある私が紹介していきます。
Tripα編集部 | 3,609 view
ロンドン・ヒースロー空港から市内へのアクセス方法

ロンドン・ヒースロー空港から市内へのアクセス方法

ロンドンの玄関口といえば、ロンドン・ヒースロー空港。ここから、イギリスが誇るオシャレな街の観光がスタートします。ヒースロー空港からロンドン市内へのアクセス方法は大きく4つ。この記事では、それぞれの方法のメリットとデメリットを紹介したいと思います。
coldbrew | 5,255 view

この記事のキュレーター

pote0011 pote0011