旅写真の撮り方【中編】

旅先では、美しい風景や美味しい食事、感動の体験などシャッターチャンスがいっぱい!旅写真の撮り方【中編】では鉄道・駅舎・祭りの写真の撮り方をご紹介いたします。

2019年4月11日 更新 2,505 view

旅写真の撮り方「鉄道・駅舎」

 (15438)

旅写真といえば鉄道写真を思い浮かべる人も多いことでしょう。旅先で普段の生活で目にしている鉄道や駅舎とは違うものを目にすると、旅情を感じて思わずカメラを向けたくなります。昔のままの駅舎が残っているところ、数時間に一本、短い電車が走るだけのところ、そんなところを求めて旅をしてみるのも良いかもしれません。

1. 車両の少ない電車は全体を写す

車両の撮り方としての定番は図鑑やカタログで見られるような編成写真です。編成写真は車両の正面側から撮影をするので、電車の正面のことはよくわかりますが、電車の長さ、短さを表現するのにはあまり向きません。地方のローカル電車など一両、二両の短い電車はやや角度をつけて撮影し、全体を写すとその短さが伝わります。
 (14885)

いわゆる「編成写真」の撮り方。一両の電車ですがその短さがあまり伝わりません。
 (14888)

遠目から車両すべてを入れることによって一両電車であるということが伝わります。

2. 駅名表示など、旅情を感じさせるものをスナップする

旅情を感じさせる旅先の駅舎の撮影ではその特徴を切り出すことが大切です。駅名表示や古びた設備など気になったものをスナップ的に撮影するのも面白いです。電車それ自体が写っていなくても鉄道、電車の存在を感じさせてくれる写真を心がけてみましょう。
看板や駅舎の撮影は正面から撮ると記録的になり、斜めから撮ると立体的になります。
 (14894)

 (14895)

駅名表示だけでも旅情を感じさせるものはスナップ。
 (14897)

駅舎を正面から撮影。
 (14898)

駅舎を斜めから撮影。

旅写真の撮り方「祭り」

 (15447)

年に数回、場合によっては数年に一度という特別な祭りはそのためにツアーが組まれるほどで、見る価値も撮影のしがいもあります。

1. 動きのある祭りの撮影ではシャッタースピードを意識する

旅先で撮る写真の中でも祭りの写真には必ず「人」とその「動き」が入ってきます。いつも以上にシャッタースピードを意識する必要があります。
遅めのシャッタースピードでは「動きを流す」ことができ、動感の表現が出来ますが、やや撮影のテクニックを要します。
慣れないうちは「速めのシャッタースピードで動きを止める」ことを意識した撮影をすると良いでしょう。

人間の目で見た通りがシャッタースピード1/60秒くらいですので、1/250秒より速いシャッタースピードに設定をして撮ると動きを止めて写せます。一眼レフカメラやミラーレスカメラでは「シャッタースピード優先モード」で撮影。
コンパクトカメラなどの細かな設定ができないものでは「スポーツモード」で撮影をすると動きを止める速いシャッタースピードにカメラ側が設定してくれます。
シャッタースピード1/250秒

シャッタースピード1/250秒

夜の祭りは良い雰囲気に撮れますが、暗いため速いシャッタ...

夜の祭りは良い雰囲気に撮れますが、暗いため速いシャッタースピードにするためにはISO感度を上げることも必要になってきます。

2. ストロボ、三脚、ルールに気をつけて慣れないうちは装備を身軽にする

有名な祭りともなると多くの人が押し寄せます。場合によっては人混みで自由に動き回れないということもよくありますので、その中ではルールを守った撮影が大切になってきます。
特に夜の祭りではストロボや三脚の使用について、ホームページや広報などでコメントされていることがありますので言及されている場合にはそれに従うようにしましょう。

また、祭りの動きにあわせて撮影場所を変えていくという場合もあるかと思いますが、機材を出来るだけコンパクトにまとめておくということも大切です。
撮りたいシーンがたくさんあるから、ということで多くのレンズを持って行くよりも高倍率ズーム一本、という方がシャッターチャンスを逃さないですむということがよくあります。
実際、一連の祭りが始まってしまうとレンズ交換をしているような時間はほとんど無かったりします。

祭り撮影は様々な制約がある中での撮影となることが多いので非常に難易度が高くなりますが、モラルを持った撮影を心がけたいものです。
祭りが始まる前、動きの無いシーンでもその日ならではの写...

祭りが始まる前、動きの無いシーンでもその日ならではの写真を撮れます。

祭りに関係している様々な人やものを切り取ってみても楽し...

祭りに関係している様々な人やものを切り取ってみても楽しいです。

Profile 写真家 渡邊 翔一 (わたなべ しょういち)

写真家。広角レンズでの描写を主に世界の風景を撮っている。
(公社)日本写真協会会員。日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター。

渡邊翔一 ホームページ - Shoichi Watanabe Web site

渡邊翔一 ホームページ - Shoichi Watanabe Web site
関西を中心に活動する写真家 渡邊翔一のホームページです。風景写真を中心にした撮り方記事を各所で書いております。写真教室情報、ブログなど。

Instagramはこちら-Shoichi Watanabe (@show1photo)

Instagramはこちら-Shoichi Watanabe (@show1photo)
Photographer, live in Japan 🇯🇵, seek the Landscape have ever seen. Landscape, Snap, Sports⚾️⚽️🏀🏉, Portrait, D4s

日本旅行写真部はこちら

日本旅行写真部!|日本旅行が提案する新しい大人旅(おとな旅)

日本旅行写真部!|日本旅行が提案する新しい大人旅(おとな旅)
旅先では、美しい風景や美味しい食事、感動の体験などシャッターチャンスがいっぱい! 写真を通して想い出を少しでもステキに残せたら、もっと旅行が楽しくなるはず。 日本旅行写真部では、旅&写真の情報を発信していきます。 さあ、写真を楽しむ旅に出かけましょう!

新幹線+宿泊

【直前割】間際がお得セール

関連する記事 こんな記事も人気です♪

旅写真の撮り方【後編】

旅写真の撮り方【後編】

旅先では、美しい風景や美味しい食事、感動の体験などシャッターチャンスがいっぱい!旅写真の撮り方【後編】では水・生き物の写真の撮り方をご紹介いたします。
Tripα編集部 | 1,783 view
旅写真の撮り方【前編】

旅写真の撮り方【前編】

旅先では、美しい風景や美味しい食事、感動の体験などシャッターチャンスがいっぱい!旅写真の撮り方【前編】では街・山の写真を撮る写真テクニックをご紹介いたします。
Tripα編集部 | 6,168 view
列車好き必見!在来線で行く九州のおすすめスポット5選

列車好き必見!在来線で行く九州のおすすめスポット5選

バス旅や在来線の旅など公共交通機関を使った旅行が流行の兆しを見せています。旅先でその土地の列車に乗るのは、いっそう観光気分を楽しむことができおすすめです♪今回は九州の在来線を使った鉄道旅にぴったりのスポットを5つご紹介します。
さたなつみ | 4,880 view
一度は行ってみたい!ヨーロッパカーニバル

一度は行ってみたい!ヨーロッパカーニバル

日本にも様々なイベントやお祭りがありますが、海外にももちろんあります! 今回はヨーロッパのカーニバルに行ってきたので、その模様をご紹介します。ヨーロッパに行く予定があるのなら、ぜひお祭りの期間に行ってみましょう!
Tripα編集部 | 1,896 view
春の花を撮ってみよう!キレイに撮るテクニック

春の花を撮ってみよう!キレイに撮るテクニック

春は様々な草花が開花を迎える時期。そんな春の花々【チューリップ・菜の花・桜】をキレイに写真に残すテクニックをプロのテクニックでご紹介!
Tripα編集部 | 3,767 view

この記事のキュレーター

Tripα編集部 Tripα編集部

都道府県観光ガイド

おすすめ観光スポット・グルメ・お土産をチェック

都道府県観光ガイド