アートな街カナダ・モントリオールで楽しむ音楽・舞台・美術

北米のパリと呼ばれるカナダ第2の都市モントリオール。2017年に市制375周年を迎えた歴史ある街であり、北米のフランス文化の中心地。街は、歴史的な建築物と近代的なビルが融合。また、大都市でありながら花や緑が溢れています。そんな、モントリオールにいろどりをそえるのがアート。多種多彩な音楽、舞台、美術が、モントリオール観光をきっと忘れられないものにしてくれるでしょう!

2017年10月13日 更新 1,402 view

■街ブラしながらお気に入りの音楽と美術を発見!

 (36871)

モントリオール在住のライターLOAです。もう15年もモントリオールに住んでいるのに、今でも街ブラしながら旅気分を味わっています。歩く地区によって、まったく違う景色や音を楽しむことができるのがモントリオールの魅力でもあります。

●突然あらわれる巨大な壁画の数々

最近、気になっているのが壁画。街ブラ中や運転中に、ビルやアパートの壁に描かれた個性的な絵画が目に飛び込んできます。
 (36876)

 (36877)

特に壁画が多いのがダウンタウンのサン・ローラン通り周辺。2013年から開催されている「MURAL FESTIVAL」(2017年は6月8日~18日に開催)では、期間中に新たな壁画が生み出されます。また、アートアクティビティやコンサートも開催されます。
 (36880)

 (36881)

もちろん、フェスティバル期間外でも壁画を楽しむことができます。インスタ映えする写真の撮影にも最適!観光シーズンの土日(2017年は10月8日が最終日)には2時間のガイドツアーもあります。
【WEBサイト】MURAL(http://2017.muralfestival.com/en/home/
【ガイドツアー料金】13歳以上:20ドル、6歳から13歳未満:15ドル(Webサイトから予約可能)

●地下鉄や街にあふれる多彩な音楽

モントリオールに住みはじめて驚いたことの1つが、ストリート・ミュージックの多彩さとレベルの高さ。
 (36887)

モントリオールの地下鉄の壁に「ハープ」のマークがついているところは演奏可能な場所。
 (36890)

「人々を笑顔にしたい」と犬のマスクをかぶって演奏しているクラシック・バイオリニストも。クラシック、ロック、ジャズから民族音楽まで、さまざまなジャンルの音楽を楽しむことができます。
そして、温かい季節になると街かどのいくつかの場所に、自由に演奏できるピアノが出現。
 (36893)

だれでも演奏できるピアノなのですが、ふっと演奏しはじめた人のレベルが高い!思いがけず、ステキな演奏にふれることもできます。

■大人気の「モントリオール美術館」でアートを満喫!

「街ブラをしながらのアート鑑賞だけではものたりない!」という人にオススメなのが「モントリオール美術館」。カナダ国内の美術館でも最大規模で、年間の入場者数が100万人を超えることも。

It’s time for a REVOLUTION ♥️💪🏾♥️👊🏾

A post shared by Christian Masson (@christianmasson) on

カナダのアーティストの作品はもちろんのこと、世界各国の作品が集まる美術館。古代から現代まで4万1千点以上の絵画、彫刻、写真などを鑑賞することができます。
 (36902)

モントリオール市制375周年の特別イベントとして、モントリオール美術館の前から1 kmにわたって万国旗やカナダ各州の旗が飾ってありました。

I❤️MONTREAL #montréal #montreal #mbam #ruesherbrooke #mtl #mtlmoments #mtl375

A post shared by Bruno Cordellier (@brunocordellier) on

カナダに行こう!

カナダに行こう!
カナダにはアートな街・モントリオールの他にもバンクーバーやトロント、カナディアン・ロッキーなど、魅力的な観光地が多数!そんなカナダの人気のツアーをご紹介!
美術館の屋外にも多くのモニュメントが展示されています。また、ガイドツアーやワークショップ、コンサートなどのイベントも充実。じっくり楽しみたい場合は丸1日必要です。
【WEBサイト】Montreal Museum of Fine Arts (https://www.mbam.qc.ca/en/)
【住所】1380 Sherbrooke St W, Montreal, QC H3G 1J5
【電話】(514) 285-2000
【開館時間】10:00~17:00(水曜日は17:00~21:00まで特別展のみ鑑賞可能)
【入館日】月曜日

■大小40以上の美術館・博物館が点在するモントリオール

アートな街モントリオールには、モントリオール美術館以外にも魅力的な美術館や博物館がたくさん。ジャンルも考古学、自然史、歴史、建築、現代美術などさまざま。アートをおもいっきり満喫したい人には、モントリオールの40ほどの施設に何度でも行くことができるミュージアムパス(3日間パスまたは年間パス)の購入がオススメ。
また、マギル大学内にあるレッド・パス博物館のように入館無料の施設もあります。詳しくは、MTL Museumsのホームページ(http://museesmtl.org/en)で確認してくださいね。

■舞台芸術の集まる場所「プレイス・デ・アーツ」

A night at the #opera #placedesarts #live #quartierdesspectacles #montreal #tosca

A post shared by Contrastimage.com (@eddymontreal) on

モントリオール最大の劇場施設が「プレイス・デ・アーツ」。大小合わせて10以上のイベントスペースがあり、音楽、ダンス、演劇など、さまざまな舞台芸術をほぼ毎日楽しむことができます。
また、モントリオールで6月中旬から9月ぐらいまでに開かれる音楽フェスティバルの多くもプレイス・デ・アーツやその周辺で開催。世界的に有名な「モントリオール国際ジャズフェスティバル」のメイン会場も、もちろんフレイス・デ・アーツです。
【WEBサイト】Place des Arts(https://placedesarts.com/en
【住所】175 Saint-Catherine St, Montreal, QC H2X 1Y9
【電話番号】 (514) 285-4200

■10日間で600のステージ「モントリオール国際ジャズフェスティバル」

モントリオールの音楽フェスといえば「モントリオール国際ジャズフェスティバル」。毎年6月末から7月上旬の10日間に約1,000のコンサートとアクティビティが開催されます。野外のコンサートは無料。週末の夜の野外コンサートは、まさに人、人、人。期間中にのべ200万人以上の観客が訪れます。

Venez tester notre nouveau piano géant au Parc musical @riotintoaluminium ! #FIJM

A post shared by Festival de Jazz de Montréal (@festivaljazzmtl) on

人混みが苦手な場合は、平日の日中のコンサートがおすすめ。飲み物や食事を楽しみながら、ゆっくり音楽を堪能できます。また、プログラムにあるコンサート以外にもパフォーマーが会場周辺で演奏しているなど、思わぬサプライズも。お昼ぐらいから夜遅くまで音楽づけの1日を過ごすことができます。
フェス期間外にも関連コンサートがあるので、ジャズ好きの方はホームページをチェックしてみてくださいね。
【WEBサイト】Montreal International Jazz Festival(http://www.montrealjazzfest.com/en-CA/About/LeFestival
【開催期間】6月末から7月上旬の10日間(2018年は6月28日から7月7日に開催)

■北米屈指のオーケストラ「モントリオール交響楽団」

 (36932)

1934年に設立された北米屈指のプロ・オーケストラ「モントリオール交響楽団」。現在は、プレイス・デ・アーツに2011年にオープンしたMaison Symphoniqueを本拠地に、年間100本ほどのコンサートを開催しています。
 (36934)

2006年に現在の芸術監督ケント・ナガノ氏が就任。ナガノ氏の芸術監督就任後は、本格的なクラシックのコンサートが素晴らしいのはもちろんのこと、ポップ歌手などジャンルの違うミュージシャンとの共演や音楽と映像の融合など、さまざまな新しい試みでファンを拡大しています。
 (36936)

2016年10月には、世界最大のバイオリン族の楽器「オクトバス(高さ3.6m)」を世界のオーケストラで初めて演奏会に取り入れ話題となりました。
また、さまざまな角度からコミュニ―ティに貢献するなど、多くのモントリオール市民に愛されている楽団です。チケットセンター、WEBサイト、電話にてチケットの購入が可能。
【WEBサイト】Montreal Symphony Orchestra (http://www.osm.ca/en/home-osm/)
【住所】1600, rue Saint-Urbain Montréal, Québec H2X 0S1
【電話】514-842-9951

■モントリオール生まれのサーカス「シルク・ドゥ・ソレイユ」

日本でも大人気の「シルク・ドゥ・ソレイユ」は、1984年にモントリオールで設立されたエンターテイメント集団。
モントリオールでは、例年春から夏にかけての3か月間ほどオールド・ポートにサーカス小屋のビックトップが出現します。公演期間中には、シルク・ドゥ・ソレイユのラッピング電車も登場。
 (36943)

また、12月には10日間ほど、アイスホッケーの試合が行われることでも有名なBell Centerでショーを行います。2017年12月20から31日までは、シルク・ドゥ・ソレイユがはじめて制作するアクロバットとアイススケートを融合させたショー「クリスタル」の公演が開催されます。チケットの購入はWEBサイトから。
【WEBサイト】Cirque du Soleil (https://www.cirquedusoleil.com/

いかがでしたか?まだまだありますカナダの魅力!

いかがでしたか?まだまだありますカナダの魅力!
今回ご紹介したアートな街・モントリオールの他にもカナダにはバンクーバーやトロント、カナディアン・ロッキーなど、魅力的な観光地が多数!そんなカナダの旅行情報をご紹介します!

カナダの見どころはこちら

カナダの見どころはこちら
見逃せないカナダの観光スポット、見どころが満載です!カナダに行くなら事前に観光情報をチェック!

学生旅行・卒業旅行どこに行く?

学生旅行・卒業旅行どこに行く?
『海外学生旅行・卒業旅行特集』は日本旅行。学生限定料金、割引特典、wi-fi特典などお得で楽しいツアーが盛りだくさん!海外旅行に慣れてる学生さんも、初めての学生さんも安心・お得な日本旅行におまかせください!

新幹線+宿泊

夏休み・お盆休み特集

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ガウディの世界に触れる旅!オススメの作品・見どころ紹介

ガウディの世界に触れる旅!オススメの作品・見どころ紹介

バルセロナを代表する見どころスポット・ガウディ建築。奇抜で思わず目が吸い寄せられるアントニ・ガウディの世界にふれる旅は、スペインならでの楽しみ方です。ここでは数ある見どころのなかから、これだけは押さえておきたい!という芸術作品を厳選してご紹介します♪
ChaiLatte | 397 view
この夏は海外で決まり♪夏がベストシーズンのおすすめの海外旅行先

この夏は海外で決まり♪夏がベストシーズンのおすすめの海外旅行先

夏は世界的に長期休暇をとる人が多く、バカンスシーズンとして世界各国で賑わいを見せます。日本でも長い夏休みをとって、海外旅行に行く人も少なくありません。しかし、海外旅行もこの時期はどこに行けばいいかわからない、せっかくの海外旅行はベストシーズンの国へ行きたいもの!ということで6月~8月にベストな海外旅行先をご紹介します。
masa | 3,493 view
楽しい旅にするために!押さえておきたいブラジル旅行の注意点

楽しい旅にするために!押さえておきたいブラジル旅行の注意点

ブラジルの人々はとってもフレンドリーでのんびりしています。国民性や文化の違いに戸惑うこともあるかもしれません。ブラジル旅行をより楽しむために、現地の習慣や注意点も頭に詰め込んでいきましょう。旅行前に押さえておきたい、6つの注意点をまとめました。
Flying BEAN | 346 view
冬の絶景を見たいならカナダ旅行で決まり!

冬の絶景を見たいならカナダ旅行で決まり!

この冬の旅行先はお決まりですか?ナイアガラの滝やカナディアンロッキーなど、カナダの観光スポットは冬ならではの楽しみ方がたくさんあります。カナダの絶景を巡る旅行は多くの思い出を残してくれることでしょう。冬におすすめしたいカナダ旅行の観光情報をご紹介します♪
チャイラテ | 1,568 view
WE LOVE ♡CANADA  ナイアガラの滝&トロント編

WE LOVE ♡CANADA ナイアガラの滝&トロント編

たび〜らがナイアガラの滝とトロントに行ってきました💛ナイアガラクルーズで滝のしぶきを浴びたり、滝を裏側から見たり、ヘリコプターで上空から見たりと、ナイアガラの滝を満喫!トロントではギネスにも登録されている世界最大級の地下街PATHなど街歩きを楽しみました💛
Tripα編集部 | 1,751 view

この記事のキュレーター

gb管理者 gb管理者
プロたび さおり 旅人かおる

おすすめの記事

今注目の記事

Tripα新着記事を配信中!