[日本旅行で探すこだわりの旅]国内・海外の極みの旅をテーマとしたプランやツアーを公開中!

~添乗員プロデュース企画 16名様限定~
美食の街とワインの銘醸地
スペイン・フランスバスク地方からボルドーをめぐる旅 8日

ツアー概要

出発日

2020年03月25日~2020年03月25日

出発地

首都圏発

旅行代金

726,900円〜 1,394,000円

食事

朝(アメリカンまたはビュッフェ)6回、昼5回、夕2回(機内食は除く)

最少催行人数

6名(ご出発から60日前~90日前時点で最少催行人員に満たない場合は、催行を中止させていただく場合があります)

添乗員

成田出発から成田帰着まで同行いたします。(6日目の観光時を除く)
※当コースは(株)日本旅行と(株)西日本新聞旅行社が共同で企画・実施するツアーです。両者のお客様を一緒に1名の添乗員がご案内します。

ツアーのご案内

ヨーロッパを熟知したベテラン添乗員が「ここにお連れしたい」と考え、企画した添乗員プロデュースの旅。
スペインとフランスにまたがるバスク地方からフランスのボルドーを巡り、本場の美食とワインを堪能するツアーです。
伝統と格式のあるホテル、それぞれに個性的なバスクの村や町への観光、とっておきのワイナリーやレストランでのお食事など、16名限定の少人数だからご案内できるスポットへ。
通常のツアーとはひと味違った旅をお届けいたします。

ツアーのポイント

地元だからこそ味わえるお食事をご用意しました。
2日目の昼食はグッゲンハイム美術館内レストランで、現代風にアレンジしたスペイン料理、3日目は19世紀から続く名門酒蔵「マルケス・デ・リスカル」に併設されているレストランで、リオハ・ワインの試飲とともに、海と山の幸に恵まれたバスク地方の料理をお召し上がりいただきます。
その他、500年以上も前から「生ハム祭り」が行われるバイヨンヌで本場の生ハムと鴨料理、ボルドーではシャトーレストランでおすすめのワインとともに、昼食をお楽しみください。

ツアーのポイント宿

ビルバオでは世界水準のホテルが加盟する「リーディング ホテルズ オブ ザ ワールド」のメンバーである「グランドホテル・ドミネ・ビルバオ」、サン・セバスチャンでは世界各国の映画スターに愛されるラグジュアリーホテル「マリア・クリスティーナ」に滞在します。
ボルドーでは、オペラ座の前に位置する「インターコンチネンタル・ボルドー・ル・グラン・ホテル」をご用意しています。
格調高いエレガントスタイルのホテルで、優雅なひとときをお過ごしください。

ツアーのポイント

スペインではバスク自治の象徴であるゲルニカの木、ステンドグラスの天井にもゲルニカの木が描かれているバスク議事堂や、美術館そのものの建築も評価が高く、近代現代美術の殿堂でもあるグッゲンハイム美術館を見学します。
フランスのサン・セバスチャン滞在中は、バスク地方の小さな村を巡ります。
緑豊かな丘と赤茶色をした屋根の家々が青空に映える「フランスで最も美しい村」の一つアイノア、特産品の唐辛子が村のあちこちに吊るされているユニークなエスプレットに立ち寄ります。
その他、のんびりとした雰囲気が魅力の小さな港町、サン・ジャン・ド・リュズではサン・ジャン・バプティスト教会へ。
内部にはバスク地方独特の木製バルコニーがあります。
バイヨンヌは、バスクのシンボルカラーである赤、緑の建物が二―ヴ川沿いに建つカラフルな町。
約85mの2つの尖塔が特徴のサント・マリー大聖堂、バスクの歴史と文化芸術を伝えるバスク博物館にご案内します。
靴のエスパドリーユやベレー帽発祥の地でもあり、それらをはじめアンティーク家具など人々の暮らしぶりがわかる展示もあります。
フランスを代表するワインの産地ボルドーでは、世界水準のワインを産み出す5シャトーしかないプルミエを称するシャトーの一つを訪れます。

ツアーの詳細・お申し込みはこちらから

  • デジタルパンフレット
  • 過去の極みの旅ツアー
  • ツアー相談会
  • お役立ち情報
  • 観光情報総合ナビ
  • トリパ
  • 日本旅行の旅行関連サービス
  • 海外旅行Q&A
  • 海外安全情報