求める人材像

新しい旅行ビジネスの創出に向けて日本旅行が求める人材像とは

「総合サービス」によって新たな市場を開拓

旅行形態は、大きく二つに大別できます。一つは団体旅行で、代表的なのは企業の慰安旅行や学校の修学旅行などですが、需要は減少傾向にあります。もう一方の個人旅行は、市場は大きいですが、旅行プランにそって個人で交通手段や宿泊先の手配ができるため、飛躍的な進展が見込めない状況にあります。さらにインターネットの普及により、店舗を持たない新規事業者や他業種から旅行ビジネスに参入してくるケースが増えており、既存の旅行会社との競争が激化しています。しかし一方で、2007年から団塊世代の退職が始まり、所得や時間に余裕のある中高年市場の拡大が期待されています。また国が推進している「ビジット・ジャパン・キャンペーン」により、訪日外国人旅行者数も増える見通しです。

このように市場動向や業界の構造が大きく変化する中、私たち日本旅行は、新たなビジネスモデルの創出に取り組んでいます。お客様の多様なニーズにお応えする付加価値の高い新商品の開発をはじめ、インターネットを活用した利便性の高いサービスの提供や、カード会員などの特定のクローズドマーケットに対するマーケティングと連動した商品展開など「総合サービス」によって、新たな市場を開拓しようとしています。また創業100 年という歴史によって培われてきたノウハウや信頼に裏打ちされた高いブランド力など、有形無形の経営資源も最大限に活用し、さらなる成長を目指しています。

旅行ビジネスは、お客様ごとに異なる問題点や課題を解決していくソリューション型の仕事です。私たちの仕事は、臨機応変かつ自由に、お客様のニーズに応える企画を生み出す豊かな発想力と、お客様一人ひとりに対して責任を持ってサービスが提供できる、旅行ビジネスのプロフェッショナルであることが求められます。ときに立ちはだかる壁は大きいものですが、それを乗り越えたときの達成感は他では得がたいものになるでしょう。


皆さんの「多彩な個性」が未来の日本旅行を創る

日本旅行は、入社1年目の社員でもお客様との関係においては責任者として仕事をしてもらいます。またキャリアに応じて、能力を生かせるポストや仕事、努力に応じた処遇ができるよう、力のある方が確実にキャリアアップできる仕組みを採用しています。

新入社員にはまず営業を経験してもらい、その後適性を考慮し、各部署へ配属しています。人によって異なりますが、商品企画や仕入、営業施策の構築、人事、経理など、ローテーションによって、様々な分野を経験できるよう運用しています。

自分の希望を実現させるための「社内公募制度」もあります。応募して合格すれば希望するセクションへの異動が可能で、より納得のいく仕事ができるでしょう。

教育制度としては、約1ヶ月間の新入社員研修、1年目のフォロー研修、3年・5年・7年目のキャリア面談が実施されます。専門知識を深めてレベルアップを図る「集合教育」も重要です。営業の場合は、企画提案・セールス強化・サービスマナーなど充実した研修内容を設定。さらに社員が任意で選択できる「オープンセミナー」もあります。マネジメント・リーダーシップ・財務・企業会計・営業スキルなど幅広いプログラムが受講でき、後に社内公募に応募する準備として、希望職種に関係する講座を受講する社員も多いようです。

私たちが求めている人材は「多彩な個性」です。多様な能力を備えた人材が結集することで、企業は、たゆまなく成長していくことができます。ですから皆さんには「これは誰にも負けない!」ということや、今までひたすら打ち込んできたこと、経験してきたことなどについて、熱く語っていただきたいと思います。また日本旅行は、皆さんと互いに理解し納得して初めて採用が成立すると考えています。「人を大切にする」という言葉はありきたりですが、日本旅行は皆さん一人ひとりとの対話を何よりも大切に考えている会社です。ご応募お待ちしています。


採用情報ZONE
ページトップへ
Copyright (C) NIPPON TRAVEL AGENCY Co.,LTD. All rights reserved. サイトマップ
日本旅行コーポレートサイト 採用情報サイトトップ