日本旅行 トップ > たびーら >  沖縄県

[ ここから本文です ]

日本全国女子旅モデルコース

【沖縄県】サンスポ記者がこっそり教える プロ野球キャンプを楽しむ沖縄旅【決定版】

本島・離島サンスポ記者がこっそり教える プロ野球キャンプを楽しむ沖縄旅【決定版】

プロ野球沖縄キャンプでファンの球団や選手を応援しよう!
スポーツのことはスポーツ新聞の記者に聞けば間違いない!
サンスポ記者がこっそり教える、沖縄キャンプ旅の楽しみ方をご紹介します。

2016年キャンプ予定地

※各球団のキャンプスケジュールは変更になる場合がありますので、各球団のホームページで確認してください。
※キャンプスケジュールは2016年1月21日現在の情報です。

サンスポ記者が教える ここが楽しい!沖縄キャンプ

イメージ

「寒い冬は暖かいところに行きた〜い!」。ならば沖縄です。
天気がよければ気温は20度超え。半袖で南国の日差しと風を浴びる幸せとリラクゼーションはプライスレス。どうせなら、気温に負けないくらい「熱い」人達を見に行きましょう。
2月といえばプロ野球のキャンプ。今年は9球団が沖縄でキャンプを張る予定(離島も含む)になっています。1カ所に集中して楽しむもよし、ドライブをしながらキャンプ巡りをするもよし。シーズン中とは違い、グラウンドの選手をじっくりと見られるだけでなく、宿舎や夜の街などグラウンド以外でも遭遇するチャンスが…。そんな沖縄旅のために、達人の登場です。
毎年、キャンプを取材しているスポーツ新聞の担当記者に、プロ野球キャンプの楽しみ方を教えてもらいました。すると…。「スポーツ新聞の記者ってすごいかも」。ガイドブックのどこにも載っていない裏情報が満載です。

イメージ

そもそもキャンプとは
プロ野球の12球団がそれぞれ、シーズンに向けて体と技術を鍛える場所。新人からベテランまで全選手が集まり、2月1日にキャンプがスタート。
この日は「プロ野球の元日」とも呼ばれています。キャンプ期間は1カ月ほどで、同じ場所で続けるチームがあれば、1次キャンプから2次キャンプと半月程度で場所を変えるチームもあります。
キャンプ地は温暖な気候の宮崎や沖縄で行われることが多く、2月の後半になると対外試合やオープン戦も始まり、今年の場合は3月25日のセ・リーグとパ・リーグの同時開幕に向けて徐々に実戦的になっていきます。

イメージ

キャンプの楽しみ方
「ファンにとっては、シーズン中よりキャンプの方がおもしろいと思いますよ」と各チームの担当記者が声をそろえます。
サインをもらいやすいのはもちろん、選手を近くで見られるし、写真も近くから撮れる。さらに…。「普段は見られないものがいろいろと」。
練習でいえば特守。ノックをするコーチとの1対1のやり取りでは「ノックがヘタ過ぎ!」など泥だらけの選手が叫んだりします。まさにキャンプでしか見られない風景です。
また、休日前夜などプライベートで街に出る際は私物&ファッションチェックも見学?
たしかにお宝かもしれません。

イメージ

巨人キャンプでサインをもらいやすい場所、教えます
宮崎から移動して、2月の後半に那覇市で第2次キャンプを張る巨人。人気球団ゆえにファンも連日、球場(沖縄セルラースタジアム那覇)に殺到しますが、「サインをもらいやすい場所」があるそうです。
巨人の担当記者いわく「野手は全体練習後に室内練習場に出入りする際がもらいやすいと思います。投手は陸上競技場からブルペン施設に向かう際ですかね。キャンプ中のサービスとして特設サイン会が実施される場合があるので、球場周辺の掲示板のチェックを忘れずに」。ただし、走って移動するのは「急いでいます、の合図ですから」とのこと。

イメージ

離島がおススメ!
「沖縄キャンプを満喫するのなら本島より離島がおススメです」。
該当するのはロッテの石垣島と楽天の久米島。「見に来る人が少ないのでサインをもらうのは超簡単。外食の場所も限られるので、グラウンド外でも急接近できます」。
平沢(仙台育英高)や成田(秋田商高)らイケメンルーキーのいるロッテなら、焼き肉店の「きたうち牧場」と「石垣屋」。
また、歌手・夏川りみの家族が経営するカラオケスナック「花あかり」、そば店「ニライカナイ」に行くと、りみ本人と遭遇する可能性も。
温厚な梨田おじさま監督の率いる楽天は、松井稼頭央内野手らが練習後、毎日のようにバーデハウス(海洋深層水を使用したスパ)に行くとか。
選手に会えて自分のお肌もきれいになるなんてうまいお話もあるんです。

イメージ

女性記者のおススメは絶品ハンバーガー?
サンスポ(東京編集局管轄)のプロ野球担当で唯一、女性記者が担当になっているのが日本ハム。女性の視点から名護キャンプの見所を教えてもらいました。
「名護には選手も愛する絶品バーガーがあるんです。キャプテンカンガルーのハンバーガー。大谷選手や斎藤佑樹選手も休日はよく食べに行くそうです」。
ハンバーガーだけでなく、細切り、皮付き、ハッシュドの3種類から選べるポテトも人気とか。「電話で注文してテイクアウトも出来るので、バックスクリーン裏に名護湾が広がる名護市営球場のスタンドで練習を見ながら食べるのもいいかもしれませんね」。
やはり旅行はグルメがないと…。ぜひ一度、お試しあれ!!

イメージ

やっぱり、ヤクルトでしょ
昨年、セ・リーグを14年ぶりに制覇したヤクルト。ここを外すわけにはいきません。チャンピオンフラッグがなびく中で行われる浦添キャンプ。担当記者から極秘情報をもらいました。
「選手と接触できる穴場のポイントは2点。
(1)浦添市民球場の右翼側に隣接する室内練習場の前。室内の地下にロッカーがあるため、選手を見かける機会は多い
(2)敷地内の陸上トラック。ここで練習する選手を近くで見ることもできる。早朝には真中監督が散歩している」。
ファンがサインをもらえるのは、この2カ所がメーンになるそうです。
一方、ヤクルトキャンプならではの場所もあるとか。「ブルペンです。投手が投球している様子がすべて見ることができて、絶好の撮影スポットですよ」。

キャンプ情報はサンスポ電子新聞でチェック!サンスポ

キャンプ地で欠かせないのが、スマートフォン、タブレット端末で見られる「サンスポ電子新聞」です。 紙面と同じレイアウトで、全国どこでも最終版が見られます。
たとえばキャンプ地では発表されない「故障者情報」「大物OBの来訪」、練習内容の変更や緊急紅白戦の開催など、細かい情報は電子新聞でゲット! "野球女子"の必需品です。また、電子新聞だけの特別ページは大好評。日々の情報だけでなく、おまけコンテンツも充実しています。
東京版、大阪版があり、それぞれAndroid版は月額1500円、iOS版は月額1600円。キャンプのお供にぜひどうぞ!

■アプリのDLはこちら
http://aplista.iza.ne.jp/f-iphone/204582

■お問い合わせはこちら
【産経デジタルサポートセンター】
フリーダイヤル:0120-200-188(平日10時〜18時)

サンケイスポーツアプリ

キャンプ地に訪れるのに便利なプラン

セントラルリーグ

東京ヤクルトスワローズ

  • 期間:2/1〜2/25
  • 場所:沖縄・浦添

読売ジャイアンツ

  • 期間:2/16〜2/25
  • 場所:沖縄・那覇

阪神タイガース

  • 期間:2/1〜2/29
  • 場所:沖縄・宜野座

広島東洋カープ

  • 期間:2/20〜2/28
  • 場所:沖縄・沖縄市

中日ドラゴンズ

  • 期間:2/1〜2/29
  • 場所:沖縄・北谷

横浜DeNAベイスターズ

  • 期間:2/1〜2/28
  • 場所:沖縄・宜野湾

パシフィックリーグ

千葉ロッテマリーンズ

  • 期間:2/1〜2/19
  • 場所:石垣島

北海道日本ハムファイターズ

  • 期間:2/17〜2/27
  • 場所:沖縄・名護

東北楽天ゴールデンイーグルス

  • 期間:2/1〜2/12
  • 場所:久米島

※各球団のキャンプスケジュールは変更になる場合がありますので、各球団のホームページで確認してください。
※キャンプスケジュールは2016年1月21日現在の情報です。

沖縄のその他のモデルプラン

沖縄へ訪れるのに便利なプラン

簡単プラン検索

◆出発地   
◆目的地   
◆出発日     年   月   日
◆1室定員  

ステップ1 宿泊地をお選びください。

ステップ2 宿泊日・条件をお選びください。

カレンダーを表示

泊数

1室人数

部屋タイプ
食事条件

キーワードから探す

※ホテル・施設名などで検索できます。

ステップ1 出発地をお選びください。

ステップ 目的地・出発日・条件をお選びください。

カレンダーを表示

1室人数
部屋タイプ
食事条件

沖縄のとっておき情報

『サンスポ花子』『サンケイスポーツ』って?

サンスポ花子って?サンスポ花子

サンケイスポーツの女性向けメールマガジン。毎月第2・4木曜日配信。会員登録無料。「サンスポって、どんな人たちが作っているの?」「試合に出ていないときの選手はどんな感じ?」など、紙面とは少し違った切り口でスポーツや芸能情報などを配信している。ナビゲーターは、サンスポ編集局で特別編成された「イケメン5」。時に彼らがサンスポの知られざる内幕も暴露したりする!?

■メルマガ登録はこちら
https://fofa.jp/kanfun/a.p/107/

サンケイスポーツを読むなら電子新聞で!サンスポ

サンケイスポーツでは、スマートフォン、タブレット端末で見られる電子新聞を配信中です。紙面と同じレイアウトで、全国どこでも最終版が見られます。
東京版と大阪版が選択でき、東日本在住の方がタイガース情報満載の大阪版を読むことも可能。バックナンバーもごらんいただけます。電子新聞だけの特別ページもあり、毎週日曜日はイケメンアスリートの素顔などを紹介する「SUNDAY SPECIAL」、同木曜日は阪神のファーム(2軍)特集「鳴尾浜いいネ若虎」、同土曜日には「球界ここだけの話」…など、ここでしか読めないレア情報が満載です。
東京版、大阪版、それぞれAndroid版は月額1500円、iOS版は月額1600円となります(消費税込み、自動更新)。電子新聞ではアダルト面、広告、一部記事は掲載しませんのでご了承ください。

■アプリのDLはこちら
http://aplista.iza.ne.jp/f-iphone/204582

■お問い合わせはこちら
【産経デジタルサポートセンター】
フリーダイヤル:0120-200-188(平日10時〜18時)
メールアドレス:nv-qa@sankei.co.jp

サンケイスポーツアプリ

女子旅人気ランキング

群馬県 伊香保温泉

神奈川県 箱根湯本

神奈川県 小涌谷

静岡県 修善寺温泉

マイページ

予約確認・変更・取消 等

会員情報の変更もこちらから

新規会員登録(無料)

メルマガでお得情報を発信しています

たびーら公式SNS

お得で楽しい情報を発信中!

FACEBOOK たびーら