行ったら絶対食べてほしい!宮崎県のおすすめグルメ12選

肉や魚、B級グルメにスイーツ…。おいしいものが揃った宮崎でおすすめのグルメをご紹介します。宮崎を訪れたら、実際に本場の味をお試しいただきたいものばかりです。宮崎を代表するグルメをピックアップしましたので、気になるものはぜひ一度ご賞味ください。

2022年11月28日 更新 59,122 view Clip追加

この度2024年1月1日に発生した能登半島地震により、被害状況によっては営業されていない場合がございます。

宮崎牛

 (181273)

国内のみならず、世界中でその高い品質が認められているのが「宮崎牛」です。県内で飼育されたもののうち、肉質等級4級以上の黒毛和牛のみが名乗ることを許されています。
コクと旨みが凝縮されたお肉には、繊細な霜降りが行き渡っており、口の中でとろけるような味わいで、肉質も大変柔らかです。

伊勢海老

 (181274)

豊富な漁獲量と味のよさで全国的にも知られる長崎の「伊勢海老」。特に宮崎県南部の日南市は伊勢海老の産地として有名です。
水質もよく温暖な海は、活きのよい魚介の宝庫となっています。漁が解禁される9月からは「日南海岸伊勢えびまつり」が開催されます。
普段はなかなかお目にかかれないイメージのある伊勢海老ですが、このときばかりはいつもより身近な存在に。
採れたての伊勢海老がもつ、プリッとした食感とまろやかな甘さを楽しめます。

チキン南蛮

 (181358)

カラっと揚がった鶏肉に、甘酸っぱいタレとたっぷりのタルタルソースがかかった「チキン南蛮」は、宮崎を代表するローカルフードのひとつ。
タルタルソースの種類が多い店もあり、食べ比べするのもおすすめです。

釜揚げうどん

 (181584)

うどんといえば讃岐や稲庭のイメージがありますが、実は宮崎もうどんがおいしい土地柄です。特に「釜揚げうどん」の名店があることで知られています。
宮崎のうどんは比較的柔らかめで、おつゆは甘めなのが特徴。ゆで上がったばかりの熱々のうどんをおつゆにくぐらせれば、鉄板のおいしさ!
ゆで汁の表面に浮かんでいる気泡はゆでたての証。

地鶏の炭火焼

 (181462)

地鶏がおいしいことで知られる宮崎県。歯ごたえのある肉質とジューシーなうまみが楽しめる地鶏焼きが大好きな方も多いはず。特に炭火焼にした地鶏は絶品です。黒い焼き色がついたお肉は、シンプルな味付けにするほどそのおいしさが引き立ちます。
噛むほどにあふれ出すうまみと、炭火ならではの香ばしさも感じられる地鶏焼きは一度食べてみて損のない宮崎グルメのひとつ。

辛麺

 (181463)

激辛好きからも熱い注目を浴びている「辛麺(からめん)」は、宮崎発祥のご当地グルメ。メディアでも紹介され、その存在が全国にも知られるようになりました。唐辛子で真っ赤に染まったスープには、たっぷりのニンニクも入っており、辛さだけではない深いうまみも感じられます。また食べたい!と思うクセになる味です。
辛麺の元祖といわれる「桝元」は、宮崎県や大分県、福岡県を中心に、関西などにも店舗を展開している人気店です。ヘルシーなこんにゃく麺は弾力もあり、合い挽き肉やたっぷりのニラ、溶き卵の入ったうま辛スープともよく合います。辛さの調節もできます。

肉巻きおにぎり

 (181365)

肉巻きおにぎりは、豚肉を醤油ベースのタレに漬け込んで、ご飯に巻き焼いたおにぎりで、宮崎県が発祥です。
こんがりした焼き色とタレの染み込んだご飯の味がたまりません!
チーズ肉巻きおにぎりやキムチ肉巻きおにぎりなど、最近では種類も豊富になっています。

レタス巻き

 (181585)

お寿司にレタスとエビ、マヨネーズソースを巻いた「レタス巻き」。全国、特に九州ではあちこちで見かける食べ物ですが、元祖は宮崎の老舗のお寿司屋さん「一平」です。40年以上前から同じ味を守り続けていて、サラダ巻きやロール寿司のような変わりダネの起源もここにあるのだとか。
大ぶりで歯ごたえの良いエビに、オリジナルのマヨネーズソース、そしてシャキシャキのレタスの食感をぜひ本場で味わってみてください。

冷や汁

 (192722)

「冷や汁」はだしと味噌で味を付けた冷たい汁物料理で、宮崎県の平野部を中心とする郷土料理です。魚のすり身に炙った味噌やゴマを混ぜてだし汁で伸ばし、そこに豆腐・キュウリ・青じそを入れて冷えた麦飯にかけていただきます。
忙しい農民たちが暑い夏に麦飯に生味噌をのせ、それに水をかけて食べていたことがはじまりといわれています。

マンゴー

 (181237)

完熟マンゴーといえば有名なのが、宮崎県産の「太陽のマンゴー」。ルビーのような赤い皮に包まれたオレンジ色の実は濃厚でジューシーな甘み。重さ350g以上、糖度15度以上の基準を超えたもののみが認定されます。

きんかん

 (192421)

宮崎県はきんかん(金柑)の生産量日本一。中国原産の果物で、皮が薄く丸ごと食べられるのが特徴です。酸味のある果肉と、少し苦みのある皮を一緒に食べることで口の中でちょうどよい味の調和が楽しめます。
旬は11月~3月頃までで、2月が出荷の最盛期になります。
宮崎県の完熟きんかんの中でもブランド化されているのが「生で食べることを目的とし、樹上で完熟させ食味・外観の優れた果実」である「たまたま」です。糖度16度以上・直径2.8cm以上のものが「たまたま」、糖度18度以上・直径3.2cm以上のものが「たまたまエクセレント」と呼ばれています。

日向夏

 (192422)

日向夏は宮崎県を代表する柑橘類で「ひゅうがなつ」と読みます。その生産量は宮崎県が日本一。「小夏」「ニューサマーオレンジ」など地域によって呼び名が変わります。
旬は春から初夏にかけて。ハウス栽培のものは12月頃から出回りますが、露地栽培のものは3~4月が旬となります。
色や味は夏みかんよりグレープフルーツに近く、グレープフルーツより酸味がすくなく薄味でさっぱりしてるのが特徴です。りんごをむくように黄色い外皮を薄くむきますが、このとき白皮を多く残すのがポイント!白皮をつけたまま食べることで酸味がマイルドになり、優しい甘みを感じることができます。

新幹線+宿泊

売りつくしセール

関連する記事 こんな記事も人気です♪

行ったら絶対食べてほしい!長崎県のおすすめグルメ10選

行ったら絶対食べてほしい!長崎県のおすすめグルメ10選

長崎県のご当地グルメには、すでに全国的にも名前が知られている名物がたくさん!中でも絶対に押さえておきたい王道グルメをピックアップしてみましたので、長崎県への旅行の際にはぜひチェックしてみてください♪女子必見のインスタ映えスイーツもありますよ♡
Tripα編集部 | 31,003 view
行ったら絶対食べてほしい!熊本県のおすすめグルメ9選

行ったら絶対食べてほしい!熊本県のおすすめグルメ9選

熊本に来たら絶対に食べたい、地元民おすすめの「うまかもん」をまとめてみました。「うまかもん」とは、九州の方言で「おいしいグルメ」のこと!熊本ならではのご当地グルメ、ぜひみなさんもチェックしてみてくださいね。
Tripα編集部 | 23,079 view
行ったら絶対食べてほしい!佐賀県のおすすめグルメ10選

行ったら絶対食べてほしい!佐賀県のおすすめグルメ10選

上質な海の幸やお肉、野菜などの食材に恵まれた佐賀は、極上グルメやユニークなB級グルメの宝庫。一度食べるとクセになりそうな、おいしい料理との出合いがあるはずです。気になるグルメがありましたら、佐賀への旅した際に、ぜひお召し上がりください!
Tripα編集部 | 119,985 view
行ったら絶対食べてほしい!大分県のおすすめグルメ11選

行ったら絶対食べてほしい!大分県のおすすめグルメ11選

大分のグルメと言うと、何が思い浮かぶでしょうか?意外と難しかったりしますが、実は大分にはかなり奥深いご当地グルメの数々が存在するんです。温泉県・大分を訪れたなら、ぜひこれらのグルメを満喫して下さい。
Tripα編集部 | 123,712 view
行ったら絶対食べてほしい!鹿児島県のおすすめグルメ12選

行ったら絶対食べてほしい!鹿児島県のおすすめグルメ12選

薩摩の国として知られる九州の最南端、鹿児島。なかなかアクセスしづらい場所ですが、そんな場所だからこそ訪れたなら美味しいご当地グルメを余すことなく楽しみたいですよね。鹿児島のたくさんあるご当地グルメを紹介します。
Tripα編集部 | 64,788 view
おすすめ記事一覧

この記事のキュレーター

Tripα編集部 Tripα編集部

都道府県観光ガイド

おすすめ観光スポット・グルメ・お土産をチェック

都道府県観光ガイド

旬のイベント情報

旬のイベント情報

キャンペーン情報

お得まとめ