【世界遺産】いざ聖なる神の島へ!沖縄のパワースポット10選

観光地として人気の沖縄ですが、たくさんのパワースポットがあることでも知られています。今回はそんな神の宿る島というカテゴリーでスポットライトをあて、トロピカルな島とは少し違った沖縄をご紹介します。また、パワースポット観光の際のマナーや注意点もまとめてみました。

2018年8月3日 更新 8,743 view

パワースポットその①世界遺産・斎場御嶽(セーファーウタキ)

 (57963)

斎場御嶽は久高島と同じく、アマミキヨが創ったとされる琉球王国最高の聖地で、世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の構成資産となっています。

写真の三角形の空間は三庫理(サングーイ)という聖域です。吹き抜ける風は心地よくあなたを迎えます。斎場御嶽には6つの聖域があり、自然と一体となったパワースポットを体感しましょう。

また御嶽は、本来は男子禁制のスポットです。男性は入る際には一度挨拶をしてから観光するといいでしょう。

【所在地】
沖縄県南城市知念字久手堅

【営業時間】
・11月~2月 
午前9:00~午後5:30
(最終チケット販売 午前4:45/最終入場 午後5:00)

・3月~10月 
午前9:00~午後6:00
(最終チケット販売 午後5:15/最終入場 午後5:30)

【休息日】
毎年旧暦の5/1~3、旧暦10/1~3が休息日。以下は2018年及び2019年新暦の日付です。
2018年11月8日~11月10日
2019年6月3日~6月5日、10月28日~10月30日

【入場料】
大人:300円
子供:150円
団体:200円(20名以上)

【アクセス情報】
沖縄自動車道南風原北IC 約25分

【駐車場】
無料駐車場約150台あり
※駐車場から斎場御嶽迄は徒歩7分~10分程度

【電話番号】
098-949-1899

パワースポットその②久高島(くだかじま)

 (57964)

「神の島」と呼ばれている久高島。古代琉球の神アマミキヨが最初に降り立ち、国づくりを始めたという伝説があります。

島全体が神の島と言われており、観光する際は注意点があります。まずは島に到着したら徒歩2分のところに徳仁川拝所があるので、最初の挨拶をしましょう。また、島の植物や石などを持って帰ってはいけません。ゴミは捨てるのではなく必ず持ち帰ることがマナーとされています。

スポットを観光というよりは島全体を通してパワーを感じましょう。心が清められるはずです。

自転車の貸し出しがあるので、サイクリングをおすすめします。

【所在地】
沖縄県南城市知念字久高

【アクセス情報】
安座真港久高島フェリー 久高島徳仁港 徒歩すぐ

【フェリー料金】
・高速船 ニューくだかⅢ (所要時間:約15分)
大人往復:1,460円
子供往復:750円

・フェリーくだか (所要時間:約25分)
大人往復:1,280円
子供往復:650円

パワースポットその③浜比嘉島(はまひがじま)

 (57965)

琉球王国を創った神様、アマミキヨ(女神)とシネリキヨ(男神)が住んでいたとされる浜比嘉島。そのなかでもシルミチューは、二人が子宝を授かった場所と言われ、現在は子宝のパワースポットとされています。

また、二人の神が祀られているアマンジ(アマミチューの墓)と呼ばれる小島もあり、ここでは五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄にご利益があるそうです。訪れた際には、手を合わせてみると願いが叶うかもしれません。

【所在地】
沖縄県うるま市勝連浜

【アクセス情報】※以下はシルミチューへのアクセス情報
沖縄自動車道 沖縄北IC 約40分

【駐車場】
無料(比嘉漁港内有り)

パワースポットその④ガンガラーの谷

 (57273)

本島南部の南城市にある、ガンガラーの谷。元々鍾乳洞だった場所が崩れてできたスポットで、亜熱帯植物が広がる大自然のパワースポットです。

また、旧石器時代の港川人が住んでいたことでも知られています。亜熱帯の独特な大自然と生命力を体感しましょう。異空間を感じることで、心が洗われますよ。

当日の服装は歩きやすい靴を履き、夏は虫刺され対策をおすすめします。また、入場の際にはツアー予約が必要なので事前に予約をしてから向かってくださいね。

【所在地】
沖縄県南城市玉城前川202

【営業時間】
午前9:00〜午後6:00
ツアー出発時刻
①午前10:00、②午前12:00、③午後2:00、④午後4:00

【ツアー料金】
大人:2,200円(保護者同伴の場合、中学生以下無料)
高校生、専門、大学生:1,700円
20名以上の団体:1,700円

【アクセス情報】
沖縄自動車道南風原南IC 約10分

【電話番号】
098-948-4192

全国のパワースポットを特集!

全国のパワースポットを特集!
国内パワースポットをどどんとご紹介します♪ 次のご旅行は気になるパワースポットでパワーチャージしてみては?

パワースポットその⑤古宇利島(こうりじま)

 (57966)

古宇利島は沖縄版「アダムとイブ」の伝説があるように、恋の島であると伝えられています。
その言い伝えから恋人たち人気のパワースポットです。

またキレイな海に並ぶハートロックは見るポイントによってハートに見えます。ハートロックポイントをぜひ探してみてくださいね。

ロマンチックな島なので恋人で行くと盛り上がること間違いなしです!また、女子同士や友達同士で行って恋のパワーをチャージするのもいいですね。

【所在地】
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利

【アクセス情報】
沖縄自動車道許田IC 約30分

パワースポットその⑥垣花樋川(かきのはなひーじゃー)

 (57967)

垣花樋川は全国名水百選にも選ばれた沖縄南部の名水スポットです。その昔地域の生活用水として蓄えられていた施設で、人々の生活を潤していました。

垣花樋川へは亜熱帯植物の森を歩き下っていきます。訪れる際は歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

少し歩き到着すると、そこは自然が織りなすパワースポット!水場から見える壮大な青い海も絶景です。水のせせらぎを聞きながら癒し空間を堪能しましょう。


【所在地】
沖縄県南城市玉城垣花川原

【アクセス情報】
沖縄自動車道南風原南IC 約20分

【電話番号】
098-947-1100(南城市文化センター)

パワースポットその⑦残波岬(ざんぱみさき)

 (57968)

残波岬はスケールの大きな断崖絶壁のある、沖縄屈指の絶景パワースポットです。壮大な景色と青く広がる海は見ているだけで元気が貰えますね!

また残波岬の歩道途中にある像は、琉球王朝時代に大交易時代の幕を開けた泰期(たいき)の像です。現在は「商売の神様」として地元の経済活性化のシンボルとされています。

沖縄の壮大な海を眺めながら商売繁盛を祈願しましょう!

【所在地】
沖縄県中頭郡読谷村宇座

【アクセス情報】
沖縄自動車道石川IC 約21分

【電話番号】
098-982-9220(残波岬公園:読谷村役場都市計画課)

パワースポットその⑧ 大石林山(だいせきりんざん)

 (57969)

「やんばる」と呼ばれる沖縄本島の北部、その中でも最北端にある大石林山は、昔から「安須社(アシムイ)」と呼ばれ、聖地として崇められてきたパワースポット。
その名の通り、巨岩や奇岩がたくさんあり、高さ10mに達するものもあります。こんな光景は、本土ではなかなか見られませんね。
大石林山には4つの散策コースがありますが、おすすめはやはり「巨岩・石林感動コース」。
見上げるほどの巨岩や奇岩がどんどん目の前に現れ、そのスケールに圧倒されます。太陽のエネルギーを浴びたパワーストーンからたっぷりの元気をもらえる、力強いパワースポットです。ガジュマルの巨木の佇まいも神秘的。

【所在地】
沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241

【営業時間】
4月~9月 午前9:00~午後6:00(受付は午後5:00まで)
10月~3月 午前9:00~午後5:30(受付は午後4:00まで)

【定休日】
無し

【入場料金】
大人820円
小人520円(4歳~中学生)

【アクセス情報】
沖縄自動車道許田IC 約70分

【電話番号】
0980-41-8117

パワースポットその⑨ 大神島(おおがみじま)

 (57970)

宮古島から4kmのところにあり、人口30人弱の小さな離島・大神島。沖縄屈指のパワースポットであり、穴場中の穴場と言えるでしょう。

手つかずの自然が魅力的ですが、島の多くの場所が聖域とされ、島民以外は立ち入り禁止の場所も少なくありません。そのため、観光するにはガイドさんに案内してもらうと安心ですよ。
大神島のパワーが表れているのが、沿岸に並んだ「ノッチ」と呼ばれる奇石たち。木やキノコのような形をしていており、本土では見かけない神秘的な絶景となっています。この不思議な形状は、島が隆起した際に転がり落ちた岩の根元が、波で削られたためにできたそうです。

【所在地】
沖縄県宮古島市大神島

【アクセス情報】
宮古島 島尻港 定期便「スマヌかりゆす」 約15分 

【フェリー料金】
定期便 スマヌかりゆす 
大人往復:670円
子供往復:350円

【電話番号】
0980-72-5350(大神島観光協会 午前9:00~午後6:00)

パワースポットその⑩ 伊江島(いえじま)

 (57971)

沖縄本島からフェリーで30分、日帰りできる離島として穴場的な人気のある伊江島も、沖縄のパワースポットです。
なかでもぜひ足を運んでほしいのが、遠くからも見える島のシンボル「城山(ぐすくやま)」。「伊江島タッチュー」の呼び名で親しまれ、島でいちばん高貴な神が宿ると言われています。標高は172mほどで、登ることも可能。頂上からの絶景パノラマを楽しみながら、島の神に敬意を表しましょう。
また、伊江島で有名なパワースポットがもうひとつ。
「ニャティヤ洞(がま)」という、崖の下にひっそりとある穴場パワースポットです。こちらは子宝祈願に訪れる人が多く、静かな洞窟。中に置かれた「ビジル石」という石を持ち上げると、願いが叶うとされています。もしビジル石を持ち上げてみて、重ければ男の子に、軽ければ女の子を授かるのだとか。

【所在地】
沖縄県国頭郡伊江村

【アクセス情報】
本部港 フェリー 約30分

【フェリー料金】
フェリー いえしま・ぐすく
大人往復:1,370円
子供往復:690円

【電話番号】
0980-49-3519(伊江島観光協会)

沖縄のパワースポットで活力チャージ!

みなさんいかがでしたでしょうか。
この機会に観光地のイメージとは少し違う沖縄を体感しましょう。

あなたの第六感で神秘的なパワーをチャージ!普段の生活の活力に訪れてみてはいかがでしょうか。

沖縄の大自然が織りなすパワーはきっとあなたを癒してくれるでしょう。

どの時期に行っても、魅力を感じられる沖縄!

どの時期に行っても、魅力を感じられる沖縄!
夏はもちろん、秋冬に訪れても素敵な魅力がある沖縄♪ 次の旅行は沖縄の海を見に出かけてはいかがですか?

沖縄県の旅館・ホテル予約

沖縄県の旅館・ホテル予約
沖縄といえば青い空と美しい海!あたたかくて旅行にも大人気です。そんな沖縄県のおすすめ宿をご紹介します。あなたにぴったりの宿をみ見つけましょう♪

新幹線+宿泊

年末年始特集

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ちょっと疲れたら旅に出よう!一人旅におすすめの観光地7選

ちょっと疲れたら旅に出よう!一人旅におすすめの観光地7選

最近ちょっとぐったり…。という方必読!ちょっと一人旅に出かけて、リフレッシュしてみませんか?電車に乗ったり、おいしいものを食べたり、絶景を見たり…。きっと明日への活力が生まれるはずです!
tabibitokaoru | 34,271 view
国内旅行企画担当者が選ぶ!もう一度行きたい日本の世界遺産

国内旅行企画担当者が選ぶ!もう一度行きたい日本の世界遺産

日本の世界遺産で、もう一度行きたいと思った場所について日本旅行の社員にアンケートを行いました。旅行会社ならではの意見なども紹介します!
akafu | 5,699 view
石垣島からプチトリップ!日帰りで行ける離島での~んびり♪

石垣島からプチトリップ!日帰りで行ける離島での~んびり♪

離島と言うとなんだか遠そうなイメージですが、いざ石垣島まで行ってみると、お手軽に行ける離島がたくさんあることに気づきます。全て日帰りで行けるので、半日だけでも、夕方まででも手軽に行ける離島を紹介します!ぜひ気になる島を見つけてみてくださいね♪
tabibitokaoru | 3,081 view
大自然の恵みを感じる!九州の開運パワースポット6選

大自然の恵みを感じる!九州の開運パワースポット6選

九州には、大自然の恵みを感じるパワースポットがたくさん!恋愛運・勝負運etc...様々な運気アップが叶う九州のパワースポットをまとめてご紹介していきます。気分をリフレッシュしたい・ご利益にあやかりたいみなさん、ぜひ足を運んでみてくださいね。
ennui | 9,611 view
グルメ&温泉も♪鹿児島旅行でおすすめの観光スポット

グルメ&温泉も♪鹿児島旅行でおすすめの観光スポット

鹿児島は、雄大な自然とおいしいグルメに恵まれた場所。鹿児島旅行におすすめの観光スポットや上質な温泉もそろっています。お友達同士ではもちろん、ご家族連れにもぴったりの旅先ですよ。多彩な楽しみ方ができる鹿児島旅行に、あなたも出かけてみませんか。
citron | 3,667 view

この記事のキュレーター

なーりー なーりー
プロたび さおり 旅人かおる

おすすめの記事

今注目の記事

Tripα新着記事を配信中!