19世紀の街並みと自然が共存?おしゃれな街・アメリカデンバーへ!

朝から夜までずっとにぎやかな街、アメリカのデンバー。ハブとして利用しやすくビジネスで使われる事が主ですが、ロッキー山脈の麓にある自然と、街中の賑やかさが共存する注目の場所です。デンバーの旅レポをお届けします!

2019年9月25日 更新 205 view

【1日目】成田空港からデンバーへ

 (93788)

成田からデンバーへ到着。
雲一つない快晴に迎えられ、デンバーからRTD(Regional Transportation District / 電車)を利用してユニオンステーションへ移動します。

空港直結のRTDは、15分に一回、またキャリーケースを置く事のできる大きな棚も設置されており旅行者には優しい仕様です。

日本とは違い、改札はありません。
乗車券は三ヶ月間有効で、買った当日から一日フリー乗車で使用する事ができます。

またスマホからも購入でき、一人がチケットを持っていれば乗れてしまうため、グループ旅行には便利でした。
photo by UA (93796)

via photo by UA

デンバーの中心、ユニオンステーションへ

 (93812)

空港からRTDに揺られること約40分。(所要時間は37分)
広大な大地からおしゃれな街へ到着しました!

ユニオンステーションはコロラド州、デンバーの中心にあるターミナルです。
国家歴史登録財に登録されており、一度消失しましたが元の形をベースにして建て替えられています。

トレイン・シェッド(鉄道を覆う大きな屋根)から見える駅舎には、元々駅だった施設は今ではバーに姿を変え、クロフォード・ホテルの他にもレストランや店舗のある満喫できてしまいそうな魅力ある複合施設でした。
 (93814)

16th Street Pedestrian Mall

 (93827)

ユニオンステーションの駅舎を抜けるとFAEMERS MARKETが開催されていました。
(毎週土曜日のAM9:00-PM2:00まで開催されているようです。今回は素通りだったのが残念…)

駅周辺は16番街に位置しており、ダウンタウンに沿ってユニオンステーションからコロラド州会議事堂までが「16th Street Pedestrian Mall」です。

ショップやレストラン、チェーン店やデンバーパビリオン(ショッピングモール)など軒を連ねるモールで、散策しながらショッピングを楽しみます。

Tattered Cover Book Store

 (93825)

モールからユニオンステーションに戻り、駅前の有名な書店へ。
1971年から創業している「Tattered Cover Book Store」。

レンガ造りの風格ある外観ですが、店内はカフェも入っているビンテージな雰囲気に包まれたおしゃれな空間でした。
店内ではソファや椅子など読書を楽しむスペースも用意されているため、ゆっくり読書を楽しむ事ができそうです。

地元の商品やオリジナルグッズも販売されているため、お土産にお一ついかがでしょうか。
 (93826)

Rockmount Ranch Wear

 (93822)

読書の後、ユニオンステーションから徒歩で5分。

ウエスタン アパレル専門店に行きました。
「Rockmount Ranch Wear」は、なんとウェスタンシャツが初めて考案された場所なんです。

ウェスタンシャツは当時カウボーイだった創業者が作業服として考案したもので、それが時代の流れと共にファッションとして取り入れられ、様々な改良が施された結果今のような服の形や色、刺繍のようなおしゃれなものになっていったそうです。

ウェスタンシャツはアーティストや俳優に愛用され、店内にも有名なアーティストのサインが飾ってありました。

ウェスタンのイベントに合わせて購入しても良し、お土産にしても良いかもしれません。

Dairy Block

 (93817)

Rockmount Ranch WearからWazee Streetを進んで5分。
マーケット「Dairy Block」へ。

「Dairy Block」では、バーやレストラン、ショップがいくつも並んでいます。

16番街のように内装や壁面、外の地面にも素敵なデザインが並んでいて、つい写真に夢中になってしまう程です。

また通りでは楽器を演奏している場面にも出くわしました。生で音楽を楽しめるのもデンバーならでは。
ランチ、ショッピングには絶好のスポットでした。

【2日目】デンバーといえば…

 (93829)

「Blue Bear」!
ユニオンステーションから徒歩で20分、コロラドを代表するBlue Bearは訪れるからには写真に収めたいアート作品です。

コロラドはテディベアが発案された場所で、コロラドコンベンションセンターを覗いているBlue Bearはガイドさんもイチオシの観光スポットです。

全長はなんと12メートル。遠くから見ても目を引きます。

どの角度から撮っても愛らしいBlue Bear。どんな一枚を撮りますか?

VISIT DENVER Tourist Information Center

 (93832)

ガイドさんのおすすめで、Blue Bearから歩いて3分の観光案内観光所へ。

お店や観光スポットがたくさんあって、決められない時にはこちらに寄ってみてはいかがでしょうか。
フランクで優しいスタッフの方にデンバーの魅力をたくさん教わりました。

手乗りサイズのBlue Bearも販売されていました。可愛らしいです。
お土産には最適のグッズです。
 (93833)

History Colorado Center

 (93836)

教えて頂いたデンバーの魅力を味わうべく、次はコロラド歴史博物館へ。

コロラド歴史博物館では、深い歴史の展示物を見られる他、実際にスキージャンプやドライブ、採鉱場のダイナマイトの体験など手で触れられる展示物も。
がかなり凝っていて過去に遡ったような体験ができました。

魅力が満載に詰まっているので、子どもだけでなく大人でも楽しめること間違いなしです。

Denver Art Museum

 (93839)

次は歴史博物館から5分程の距離にあるDenver Art Museumに行きました。
外観から創造性を感じる事が出来ますが、室内もその構造を満遍なく使ったアートです。

美術館には先住民の方の作品を始めとして、6万点以上のアート作品が展示されています。

キッズスペースではお絵かき、衣装体験など飽きることなく楽しめる工夫がされています。
またフラッシュ無しでの撮影がOKなので、お気に入りの作品と一緒に撮影もできちゃいます。

ダウンタウンから徒歩圏内に位置しているので、観光には最適です。

 Blue Moon Brewery

 (93842)

観光スポットを見回った後は、念願のビール!
車で10分程のBlue Moon Breweryに。

ブルームーンはご存知でしょうか?
デンバーで醸造されている、全米No1クラフトビールです。

今回はそのBlue Moon Breweryで4つの味を楽しめるテイスティングを注文。
いくつかのメニューから4つ選び、紙にビール名を書いて渡すとスタッフの方がその通りにビールを配置してくれます。

一つだけでなく、いくつかのビールを同じ値段で楽しめるのが最高です。
デンバーではビールの種類が豊富で、フルーツ味のあるビールもあるためまた違った味わいを楽しむことができます。
 (93861)

River North neighborhood

 (93845)

お昼を楽しんだ後、更にグルメ&ビールを求めて散策に繰り出します。

通称リノの愛称で知られるRiver North neighborhoodは、カクテルバーやショップ、レストランが軒を連ねる繁華街です。

以前は工業地帯だったところですが、今ではアーティストが建物や壁画、コンテナなどをペインティングして、カラフルな現代アートを楽しむことができるエリアになっていました。

周辺には自家醸造なビールパブ、カクテルラウンジが。またフードホールでは様々な料理とバーが並んでいます。深夜まで営業している場所もあり、一日中満喫できそうです。

Ratio BeerWorks

 (93849)

Ratio BeerWorksはリノにある醸造所です。

様々なビールが並んでいて、また新しいビールが定期的に取り入れられています。
屋内席も多数あり、またパティオエリアもある為、現地らしい一層賑やかな雰囲気に包まれていました。

多種多様なビールを飲み比べして、のびのびと存分に楽しむことができそうです。

Larimer Square

 (93852)

散策をしつつユニオンステーション付近に戻り、Larimer Squareへ。
夜にはメインストリートに渡されたライトが付くとのことで、ディナーを楽しんでいると幻想的な光景に!

デンバーで古くからある地区で、次第に人口が増え発展した
レトロ風な外観の建物が多く、街歩きを楽しむだけでもとても満喫できる場所です。

またおしゃれなレストランや喫茶店が道沿いに並んでいて、またテラス席が多く作られているのでデンバーの雰囲気を直に味わう事ができます。

ダウンタウンの西側にあるので、無料シャトルバスやレンタサイクルを利用するのもいいかもしれません。

【3日目】野外劇場&野球鑑賞!

 (93856)

快晴のドライブの後、ユニオンステーションから車で20分程の距離にある野外劇場「Red Rocks Amphitheatre」へ到着しました。

Red Rocks Amphitheatreは、石で建築されている半円形をした野外劇場です。

ステージの周辺にはレッドロックに囲まれていて、キャパは9,000シート。
夏季期間中にはライブだけでなくなんと全ての座席が埋まる人数で行うヨガなど、様々なイベントが行われています。

有名なアーティストがライブを行って来たゆかりの地で、劇場の前にあるビジターセンターではアーティストのサイン、劇場の歴史など詳細につづられていました。
大自然の中で聞く音楽は、また格別な思い出になりそうです。

またレッドロックス公園ではハイキングトレイルもあり、観光客だけでなく現地の方もたくさん訪れていました。ダウンタウンからここまでハイキングに来られる方も多いそうです。

Coors Field | Colorado Rockies!

 (93858)

次は本場メジャーリーグ! Coors Fieldへ!

Coors Fieldはデンバーにある、コロラド・ロッキーズのホーム球場。
名前のクアーズはコロラドに本社があるビール会社クアーズからついているそうです。

野球好き、本場のプレーを楽しみたいなら絶対におすすめです!
ツアーに参加すると、グラウンドに入ることもできますよ。

球場の中にはホットドックやビール、ソフトドリンクなど球場ならではの食事はもちろん、なんとステーキが食べられるレストランやわたあめやケーキ、おしゃれなバーなどが併設されています。
試合を見ながら食事も楽しめるので、最高でした。
 (93859)

球場は赤レンガと鉄骨を組み合わせた建築になっていて、鉄骨はかつての鉄道駅である名残から、また赤レンガは周辺にある古い倉庫との調和を想定して建築されたという、外観だけでも圧倒された建物でした。
また球場の中にはなんと噴水が設置されていて、ロッキーズの選手がホームランを打つと高く吹き上がる粋な演出も。

チームのマスコット ディンガーは、なんと建設中にトリケラトプスの化石が発掘されたことからモチーフとなったそうです。
球場内のショップで販売されているので、お土産話にいかがでしょうか。

日本人選手がノーヒットノーランを達成したこともある、一度は観戦したい球場です。

おしゃれな街・アメリカデンバーへ行ってみよう!

ビジネスの街として知られているデンバー。

その実朝から夜まで賑やかでどこも明るく、店も遅くまでやっているため眠るのが惜しいくらいでした。
治安も穏やかなのでおひとり様も家族連れも滞在しやすく、とことん遊べる雰囲気でした。

一生の思い出に、心身ともに満喫してみてはいかがでしょうか。

アメリカ・アラスカ旅行・アメリカ・アラスカツアーを探す

アメリカ・アラスカ旅行・アメリカ・アラスカツアーを探す
ニューヨークやロサンゼルス、フロリダなど、見逃せない観光スポットが盛りだくさんのアメリカ・アラスカ旅行。添乗員同行の海外ツアーや、個人向けの海外旅行やフリープラン、格安ツアーまで豊富な品揃えでアメリカ・アラスカの旅行やツアーを検索・予約できます。

新幹線+宿泊

【直前割】間際がお得セール

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大自然のアトラクション?360°フォトジェニックなセドナの街の魅力!

大自然のアトラクション?360°フォトジェニックなセドナの街の魅力!

どの場所にいてもレッドロックが見える、日本では有り得ない光景に包まれてみませんか?アウトドアでもインドアでも楽しめる、そんなアメリカ・セドナの魅力をがっつり詰め込みました。圧倒的な景観であなただけの素敵な一枚を残しましょう!
Tripα編集部 | 227 view
世界一美しい街!サンフランシスコのおすすめ観光スポット9選

世界一美しい街!サンフランシスコのおすすめ観光スポット9選

アメリカ西海岸の大都市サンフランシスコは、世界中からたくさんの観光客が訪れる観光都市です。世界一美しい街と呼ばれる街並みをはじめ、いろんなランドマークや施設など様々な魅力が♪この記事では、そんなサンフランシスコのおすすめ観光スポットをご紹介していきます!
coldbrew | 1,566 view
世界一美しい街!サンフランシスコのおすすめホテル5選

世界一美しい街!サンフランシスコのおすすめホテル5選

世界一美しい街とも称されるアメリカ西海岸の大都市、サンフランシスコ。街歩きを楽しむのにおすすめの観光都市です!楽しい旅行にするならホテルも重要ですよね。この記事では、サンフランシスコのおすすめホテルをいろんなタイプから選りすぐってご紹介します。
coldbrew | 443 view
アメリカ西海岸の雰囲気がたまらない!サンタモニカのおすすめ観光スポット6選

アメリカ西海岸の雰囲気がたまらない!サンタモニカのおすすめ観光スポット6選

アメリカ西海岸にあるサンタモニカはカリフォルニアのビーチの中でも抜群の知名度を誇り、リゾート地としても古い歴史を持ちます。冬は暖かく、夏は涼しい気候なので旅行にもピッタリです。今回はそんなサンタモニカのおすすめ観光スポットを6選ご紹介します。
さとっち | 395 view
アラスカって何が買えるの?大自然あふれるアラスカのおすすめお土産6選

アラスカって何が買えるの?大自然あふれるアラスカのおすすめお土産6選

アメリカ大陸の最西端にある、豊富な自然が魅力的なアラスカ。アウトドアが好きな方やオーロラが見たい方に人気の観光地です。アラスカを旅行するとなると、気になるのはお土産じゃないでしょうか?この記事ではアラスカのおすすめのお土産をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!
coldbrew | 649 view

この記事のキュレーター

Tripα編集部 Tripα編集部