WE LOVE ♡CANADA プリンスエドワード島編

たび〜らが「赤毛のアンの故郷」そして「世界一美しい島」と言われるプリンスエドワード島に行ってきました💛赤毛のアンの物語の舞台や作者モンゴメリーゆかりの地、アンの心を魅了した島の絶景ポイントを見てきました!また島の新鮮な食材を使った人気のグルメを紹介します💛

2018年10月10日 更新 1,704 view

赤毛のアンの舞台グリーンゲイブルスへ💛

グリーンゲイブルス・ハウスは「緑の切妻屋根」の意味を持つ、言わずと知れたアン好きの聖地。アンが少女時代を過ごした家のモデルです。作者モンゴメリーの親戚の家として使われており、モンゴメリーも少女時代にこの家を訪れていたそう。1937年に国の史跡に登録され、アンやマリラ、マシュウの部屋が再現されました。
グリーンゲイブルズ・ハウス外観

グリーンゲイブルズ・ハウス外観

アンの部屋は可愛いくてアンのイメージ通り💛入口にはギルバートの頭を殴った石盤、窓際にはダイアナに信号を送ったランプが置かれ、マシュウがプレゼントしたパフスリーブのワンピが掛かっていました。
アンの部屋

アンの部屋

アンの部屋の石盤

アンの部屋の石盤

マリラの部屋は質素でシンプル。サイドテーブルにはあの紫水晶のブローチが置かれていました。
マリラの部屋

マリラの部屋

足の悪いマシュウの部屋は1階にあり、杖やハットがベッドに掛かっていたりと、物語の設定そのまま。
マシュウの部屋

マシュウの部屋

ダイニングルームにはバラ模様のティーカップもあり、細部に渡って再現されているので、たび~らはアンになりきって見学できました💛
ダイニングルーム

ダイニングルーム

作者のL.M.モンゴメリーゆかりの地💛

「赤毛のアン」は、作者ルーシー・モード・モンゴメリーが自身が育った島プリンスエドワード島を舞台に描いた物語。キャベンディッシュとその近郊にはモンゴメリーゆかりの地がいくつも点在します。
最初に向かったのは、「グリーンゲイブルス博物館」。
グリーンゲイブルス博物館外観

グリーンゲイブルス博物館外観

モンゴメリーの叔母の家で、マクドナルド牧師と結婚式を挙げた部屋も残っています。
モンゴメリーが結婚式を挙げた部屋

モンゴメリーが結婚式を挙げた部屋

戸棚には「赤毛のアン」の初版本や当時としては珍しい合成写真(ナイアガラの滝の)など、ファン垂涎の資料が展示されています。
「赤毛のアン」の初版本が展示されている戸棚

「赤毛のアン」の初版本が展示されている戸棚

ナイアガラの滝の前で記念写真(合成)

ナイアガラの滝の前で記念写真(合成)

モンゴメリーが生まれた部屋が残る「モンゴメリーの生家」やモンゴメリーが働いていた「グリーンゲイブルス郵便局」、マクドナルド牧師と出逢った「キャベンディッシュ教会」、いつも花の絶えない「モンゴメリーの墓」などの、ゆかりの地を辿りました。アンとモンゴメリーがオーバーラップする感覚に、たび~らは、名作を生んだプリンスエドワード島の風土や生活に惚れ込んでしまいました💛
モンゴメリーの生家外観

モンゴメリーの生家外観

モンゴメリーが生まれた部屋

モンゴメリーが生まれた部屋

グリーンゲイブルス郵便局内部

グリーンゲイブルス郵便局内部

キャベンディッシュ教会

キャベンディッシュ教会

モンゴメリーの墓

モンゴメリーの墓

まるでアンの世界キンドレッド・スピリッツ

キャベンディッシュの人気の宿「キンドレッド・スピリッツ・カントリー・イン&コテージズ」は、赤毛のアンの物語から抜け出たような可愛らしさ。内装や大きさは全室異なるので、どのお部屋に当たるのかは、行ってからのお楽しみですが、どのお部屋もカントリー調でアン好きの人ならきっと気に入るはず。
ところで宿の名前にもなっている「キンドレッド・スピリッツ」は「赤毛のアン」の物語にも良く登場する言葉。「心の友」や「腹心の友」という意味で、まさにアン好きの人たちが集う宿に相応しい💛と、たび~らは思いました。
キンドレッド・スピリッツのサイン

キンドレッド・スピリッツのサイン

カナダ行きの人気旅行・ツアー

カナダ行きの人気旅行・ツアー
バンクーバーやトロント、カナディアン・ロッキーなど、見逃せない観光スポットが盛りだくさんのカナダ旅行!そんなカナダの旅行情報をお届け♪
キンドレッド・スピリッツ外観

キンドレッド・スピリッツ外観

キンドレッド・スピリッツ ロビー

キンドレッド・スピリッツ ロビー

キンドレッドスピリッツイン お部屋の一例

キンドレッドスピリッツイン お部屋の一例

グリーンゲイブルス・ハウスへは、秘密の小道を通ると、何と徒歩約3分。アン気分でお散歩するのに最適です💛
キンドレッド・スピリッツ 秘密の小道

キンドレッド・スピリッツ 秘密の小道

シャーロットタウンの素敵なお宅&お庭訪問

たび~らは、シャーロットタウン郊外にあるキャロリンさんのお宅を訪ねました。キャロリンさんは「アンの青春」の物語に登場するミス・ラベンダーに似た感じの素敵なマダム。キャロリンさん自らが手入れした見事なガーデンと旦那さんと息子さんが建てた可愛いコテージ、そして母屋などを見せていただきました。
四季折々の花が咲き美しく手入れされたイングリッシュガーデン、そこに佇む可愛らしいコテージ。色や造形のすべてが調和して、まるで一幅の絵画の中にいるようです。
ガーデンとコテージ

ガーデンとコテージ

ガーデンとテーブル

ガーデンとテーブル

母屋のダイニングルームは白を基調にし明るい雰囲気。ハイセンスでまるで雑誌から抜け出たようなお宅でした。帰ったら家の掃除をしよう!と誓った、たび~らでした💛
コテージ内部

コテージ内部

母屋ダイニング

母屋ダイニング

旅のスペシャリストがお届け!カナダ女子旅

旅のスペシャリストがお届け!カナダ女子旅
知っていましたか?カナダが女子旅にぴったりの国だということ。 今回はカナダ旅行のプロが女子におすすめの現地情報をご紹介します!

美食の宿イン・アット・ベイ・フォーチュン

プリンスエドワード島で今注目を集めているのが美食の宿「イン・アット・ベイ・フォーチュン」。島の北東部に位置しシャーロットタウンからは車で約1時間。6時から1時間の牡蠣食べ放題から始まり、7~10時まで3時間かけてコース料理をいただく、というもの。たび~らは牡蠣食べ放題で10個以上の生牡蠣をペロリ。フォーチュン湾でとれた新鮮な牡蠣なのでもうプルップル💛でも食べ過ぎにご注意!この後コースディナーが待ってます。
牡蠣食べ放題

牡蠣食べ放題

この日のコース料理は、見た目も凝った前菜、海をイメージしたオブジェで飾られたチャウダー、マグロのステーキ、摘みたてグリーン・サラダ、スモークド・チキン、デザート。仲間と語らいながら、楽しく愉快に同じ料理を食す、それもとびきり新鮮で地味豊かな料理を、がコンセプト。
前菜

前菜

チャウダー

チャウダー

まぐろのステーキ

まぐろのステーキ

シェフがイケメンでTVで活躍するスターシェフ、しかもオープンキッチンでシェフとの距離も近い!人気が出ないわけがありません💛
オープンキッチン

オープンキッチン

地産地消がキーワード美味しいものリスト!

たび~らが向かったのは、ニュー・ロンドンにある「ザ・テーブルズ」。修道院を改装したレストランで、プリンスエドワード島の食材を使った料理教室を開催しています。シェフと一緒に地元の農家や漁師を訪問して食材に関するレクチャーを受けたり、ここならではの食の体験が楽しめます。ここでは、フレッシュトマトの前菜とロブスター料理、そしてデザートをいただきました。ロブスターは一匹まるごと塩茹でにしたものを豪快に頬ばりました。お腹いっぱい!
ザ・テーブルズ:外観

ザ・テーブルズ:外観

フレッシュトマトの前菜

フレッシュトマトの前菜

ロブスター1匹まるごと

ロブスター1匹まるごと

次に紹介するのは「アイランド・ハニーワイン・カンパニー」。はちみつワインのワイナリーです。はちみつと井戸水とイーストだけで作られるワインで、材料はすべてプリンスエドワード島のもの。ラベンダーフレバーのラベンダーもここの庭で育てています。
はちみつワイン

はちみつワイン

最後は「カウズ」。キャベンディッシュ発祥の材料にこだわった自然派アイスクリームです。プリンスエドワード島滞在中に是非トライしてみてね💛
カウズのアイスクリーム

カウズのアイスクリーム

プリンスエドワード島おすすめお土産リスト

前述のアイスクリームで有名な「カウズ」は、実はパンチの効いたTシャツなどの雑貨も販売しています。シャーロットタウンの郊外にお店があり、アイスを食べた後にお土産探しも楽しいです。
カウズ外観

カウズ外観

そして「カウズ」の横に隣接するのが、赤毛のアンの後姿の看板が印象的な「アン・オブ・グリーンゲイブルス・チョコレート」。プリンスエドワード島の名産じゃがいもをポテトチップスにしてチョコレートコーティングしたチョコチップスがお土産に人気です。ポテトチップスの塩味とチョコの甘味がやみつきになりますよ💛
アン・オブ・グリーンゲイブルス・チョコレートの看板

アン・オブ・グリーンゲイブルス・チョコレートの看板

メープル模様のチョコレートポップ

メープル模様のチョコレートポップ

シャーロットタウンのダウンタウンにも「アン・オブ・グリーンゲイブルス・ストア」があるので、赤毛のアングッズはここを覗いてみて。
アン・オブ・グリーンゲイブルス・ストア

アン・オブ・グリーンゲイブルス・ストア

カナダ行きの人気旅行・ツアー

カナダ行きの人気旅行・ツアー
バンクーバーやトロント、カナディアン・ロッキーなど、見逃せない観光スポットが盛りだくさんのカナダ旅行。添乗員同行の海外ツアーや、個人向けの海外旅行やフリープラン、格安ツアーまで豊富な品揃えでカナダの旅行やツアーを検索・予約できます。

旅のスペシャリストがお届け!カナダ女子旅

旅のスペシャリストがお届け!カナダ女子旅
知っていましたか?カナダが女子旅にぴったりの国だということ。 今回はカナダ旅行のプロが女子におすすめの現地情報をご紹介します!

新幹線+宿泊

年末年始特集

関連する記事 こんな記事も人気です♪

WE LOVE ♡CANADA ! バンクーバー編

WE LOVE ♡CANADA ! バンクーバー編

たびーらがバンクーバーに行ってきました!新鮮な食材を使った料理や、おしゃれなオーガニックカフェなどがとってもおすすめ!街歩きはもちろん、雄大な自然も素晴らしい街です♪ お腹は美味しいグルメで満たして、心地よい雰囲気に心も満たされましょう!
Tripα編集部 | 3,188 view
カナダのコスモポリタン・トロントのおすすめホテル6選

カナダのコスモポリタン・トロントのおすすめホテル6選

観光におすすめの都市トロントの魅力は豊かな自然と、様々な文化が交錯する都会の二面性。そんなナチュラルなコスモポリタン・トロントを満喫するには、ホテルもモダンでありながらリラックスできるところを選びたいもの。そんな雰囲気をもつおすすめホテルを6つ厳選しました。
Mariko.K | 1,138 view
グアムで買いたいお土産20選!定番のお菓子や人気コスメも

グアムで買いたいお土産20選!定番のお菓子や人気コスメも

グアムでのんびりバカンスを楽しんだあとは、お土産選びも忘れちゃいけません!ということで、メイド・イン・グアムなここでしか買えないお土産から、友達に買って帰ると喜ばれること間違いなしのお菓子やコスメまで、人気のお土産を幅広くピックアップしていきます。
ennui | 597,919 view
韓国で買うべきお土産!バラマキから自分用までハズレなし20選

韓国で買うべきお土産!バラマキから自分用までハズレなし20選

日帰りもできる韓国は人気の海外旅行先!グルメにエステ、観光に加えて素敵なお土産選びも旅の醍醐味のひとつですよね。納得のお買物をするためにも人気の商品の事前チェックは欠かせません。今回は、韓国でおすすめしたい旅のお土産をご紹介します。
citron | 1,083,877 view
スイーツ・食べ歩き・美術館…これぞ女子旅!におすすめなスポット

スイーツ・食べ歩き・美術館…これぞ女子旅!におすすめなスポット

女子だけの旅ならここ!という観光地はたくさんありますが、その中でも厳選しました!女子が大好きなスイーツ、食べ歩き、美術館めぐり、フォトジェニックな風景などを楽しめる観光地をご紹介します。是非次の女子旅の参考にしてくださいね♪
tabibitokaoru | 3,427 view

この記事のキュレーター

Tripα編集部 Tripα編集部

Tripα新着記事を配信中!