世界で最もクールな33のストリート!バンコクで注目のヤワラー散策

英雑誌の「世界で最もクールな33のストリート」(2022年版)で、タイ・バンコクのヤワラーが8位にランキングされました。ヤワラーとはバンコクにあるタイ最大の中華街。アジアのカオスと中華圏独特の不思議でフォトジェニックな景色、数えきれない程の食堂や屋台。古くてちょっと猥雑な街ではありますが、再開発も始まっているようです。そんな注目のヤワラーを訪れて散策してきました。

2023年5月25日 更新 3,108 view Clip追加

この度2024年1月1日に発生した能登半島地震により、被害状況によっては営業されていない場合がございます。

タイの華僑・華人とヤワラー

街のメインストリート・ヤワラー通り

街のメインストリート・ヤワラー通り

via photo by author
ヤワラーはタイ・バンコク最大の中華街。メインストリートのヤワラー通りを中心に、王宮等がある旧市街と、バンコクの鉄道ターミナル・フアランポーン駅の間に位置しています。繁体字の看板が並び、アジア有数の金の取扱い店や漢方薬店、夜は食堂、屋台で賑わっています。かつての香港のような雰囲気にタイ感がミックスされ、どこか不思議で少し妖しげな魅力があります。
中国がルーツのスナック、カノムピアが並ぶ商店

中国がルーツのスナック、カノムピアが並ぶ商店

via photo by author
ヤワラーの起こりは18世紀末。この頃に成立したチャクリー王朝(現王朝)が王宮を建設する際、その場所に住んでいた華僑や華人が移動してきて街ができたと言われています。

ちなみに中国大陸からやってきた華僑は勤勉でハングリー精神旺盛。タイに根付いて華人となっても貿易や商売で成功を納め、今では一般的に他のタイ人よりも経済的に裕福だと言われています。
ただシンガポールやマレーシア等他の東南アジアとは違い、名前も言葉もタイ語。すっかりタイ人に同化しており、我々にはほぼ見分けがつきません。
中華圏ではよく目にする関帝廟も

中華圏ではよく目にする関帝廟も

via photo by author
バンコクの街は、時代とともに王宮のある旧市街やヤワラーよりも東へと発展していき、今ではバンコク最大の繁華街はシーロムやスクンビット界隈。ヤワラーは近年の開発から取り残された分、大規模な高層ビルがあまり建っておらず、古い民家や路地が織りなすノスタルジックな風景を目にすることができます。東京に例えると、シーロムやスクンビットが新宿・渋谷、ヤワラーが浅草に近い雰囲気でしょうか。
狭い路地に様々な商品が並ぶサンペーン市場

狭い路地に様々な商品が並ぶサンペーン市場

via photo by author
それでは街の散策に出かけましょう。ヤワラー通りに平行して、狭い路地に無数の商店が並ぶサンペーン市場を歩いてみます。日用品から雑貨、ぬいぐるみ、アクセサリー等が大量に並んでおり、見ているだけでも時間を忘れてしまいます。本来は卸売りがメインのようですので、配りもののお土産等をまとめ買いする場合はかなりお得のようです。ただし、人混みがすごい時にはスリにご注意を。
昔ながらのバンコクの雰囲気を残す商店 タイでは商品棚に...

昔ながらのバンコクの雰囲気を残す商店 タイでは商品棚にネコがいることも珍しくない

via photo by author
狭くて湿った路地を、汚い水たまりや普通に侵入してくるバイクを避けながら歩きます。トロピカルフルーツや揚げ物の匂い、物売りの叫び声、ぼーっとしたままの店員、商品棚にちょこんと座るネコ。ここではタイを存分に感じながらの散策ができます。歩いているうちにお腹が空いてきたので、お昼を食べに行きたいと思いますが、その前にヤワラーの食べ物にまつわる話を少しだけ。

サンペーン市場

【住所】
Chakkrawat Rd., Khwaeng Chakkrawat, Khet Samphanthawong, Bangkok

【営業時間】
08:00~18:00くらい(店舗によって異なる)

【アクセス】
MRT(地下鉄)ワット・マンコン駅から徒歩約10分
チャオプラヤエクスプレスボートのラーチャウォン船着場から徒歩約5分

華僑とともにやってきた潮州料理とタイ料理 ヤワラー食べ歩き

黄昏時、昭和な店舗と看板がクール 海鮮料理の有名店「潮...

黄昏時、昭和な店舗と看板がクール 海鮮料理の有名店「潮州飯店」

via photo by author
ヤワラーの街の起こりの話で少し触れた、タイの華僑・華人の大多数は、中国南部の潮州とその周辺がルーツと言われています。潮州は古くから海上貿易で栄え、多くの華僑が商売を求めてタイやマレーシアなど東南アジア方面へと出ていき、華人として各国で根付いています。

この地方の料理は「潮州料理」と呼ばれ、八大中華料理のうち広東料理の一つ。新鮮な海鮮料理の素材の味を活かしつつ塩であっさりと仕上げ、乾物を使ったうま味も特徴です。日本でも有名なフカヒレやツバメの巣といった料理も起こりは潮州料理だと言われています。
ツバメの巣を示す繁体字の看板、すすけた建物、傾いた電信柱

ツバメの巣を示す繁体字の看板、すすけた建物、傾いた電信柱

via photo by author
華僑とともにタイにやってきた潮州料理ですが、今ではすっかりタイ料理の代表格となっているものが多くあります。カオパッド(炒飯)、クイッティアオ(米麺)、バミー(たまご麺)、ルークチン(つみれ)、パックブンファイデーン(空心菜炒め)、オースワン(牡蠣の卵とじ)、ジョーク(お粥)等々、枚挙にいとまがありません。有名なカオマンガイ(海南チキンライス)も潮州から遠くない海南島がルーツと言われています。

元からタイにあった料理、例えばトムヤムクン、ゲーン(タイカレー)、ソムタム等が、辛い酸っぱい等の味がはっきりしていて、強い風味のハーブを使用しているものが多いのに対して、華僑がもたらした料理は、一般的には日本人には食べやすいものが多いですね。
麺の人気店「クイジャップ・ナイエーク」はいつも混雑

麺の人気店「クイジャップ・ナイエーク」はいつも混雑

via photo by author
ヤワラーには、そういった潮州料理など中国大陸をルーツとする食べ物がいっぱい。フカヒレスープ、シャコ、海老などの海鮮料理、バクテー(肉骨茶)、ホイトート(ムール貝のタイ風お好み焼き)、北京ダック、最近では洒落た中華フュージョン料理等々、高級店から食堂、屋台まで、とても1日だけでは回りきれない程の無数の飲食店がひしめています。

それではお昼を食べに行きましょう。今回はヤワラー出身の友人おすすめの店を訪れてみました。ヤワラー通りにある「クイジャップ・ナイエーク」というお店です。店名にもあるクイジャップとは、くるくると巻いた米麺の一種で、通常は麺とともに豚肉などの具が、胡椒の効いたクリアスープに入っています。
くるくる米麺が胡椒の効いたクリアスープに入ったクイジャップ

くるくる米麺が胡椒の効いたクリアスープに入ったクイジャップ

via photo by author
お店はかなりの繁盛店。お昼どきを外したにもかかわらず店内は満席ということで、店外の歩道に置かれたテーブルで人気のクイジャップを食べることにしました。

テーブルは車道ギリギリで、トゥクトゥクの騒音と排気ガスにまみれながらの屋台メシです。もっちりとした食感の米麺クイジャップは、くるくると巻かれててペンネ程度の大きさ。スプーンでスープとともに食べます。あっさりスープに胡椒のパンチが効き油っこさゼロ、余裕で二杯はいけそうです。日本であまり見かけることはないので、タイ旅行時におススメの一品です。
コラーゲンたっぷりの豚足ぶっかけご飯・カオカームー

コラーゲンたっぷりの豚足ぶっかけご飯・カオカームー

via photo by author
このお店で食べたもう一品は、カオカームー。日本語だと豚足煮込みご飯でしょうか。醤油ベースの煮汁に八角やシナモンなど中華風スパイスを加えて煮込まれた豚足は、トロトロでコラーゲンたっぷり。ご飯がすすみます。クイジャップ同様、これも日本ではまだまだ少ないので、タイに行った時には是非食べてみて下さい。ただカオカームーは当たり外れが大きな気がしますので、人気店に行った方がよいでしょう。

クイジャップ・ナイエーク

【住所】
442 Soi 9 Samphanthawong, Bangkok

【営業時間】
08:00〜24:00

【定休日】
不定休

【アクセス】
MRT(地下鉄)ワット・マンコン駅から徒歩約5分
タイスキの有名店「テキサス・スキ」本店

タイスキの有名店「テキサス・スキ」本店

via photo by author
ヤワラーのソイ・テキサス(※ソイとは小さな道のこと)には、タイスキの有名店「テキサス・スキ」があります。タイスキとは、タイで戦後に生まれた料理で、日本のすき焼きの名前を使っていますが、実際には中国の火鍋と水炊きをミックスさせたような鍋料理です。広い意味で華僑、華人系料理とも言えるでしょう。

タイスキのお店としては、コカやMKなどといった大型チェーンが日本人の間でも有名ですが、テキサス・スキはタイ人のお客さんが多くて昭和感もあるので、タイのローカル感を味わいたい人にはおすすめです。ナムチム(付けダレ)が独特で根強いファンもいるようです。スキだけでなく、飲茶やローストダックも有名です。ちなみにスキと発音するときは、語尾を長めにスキーと言った方がタイ人には通じやすいかもです。トヨター、ホンダー、と同じ要領ですね。

テキサス・スキ

【住所】
17 Phadung Dao Rd, Samphanthawong, Bangkok

【営業時間】
11:00〜21:00

【定休日】
不定休

【アクセス】
MRT(地下鉄)ワット・マンコン駅から徒歩約5分

多過ぎる電線と街並みの不思議な風景

photo by author (196356)

via photo by author
ヤワラーを散策していて気になるのが、存在感のある大量の電線です。もっともこれはヤワラーに限ったことではなく、タイでよく見かけます。

この写真の交差点の電線は、メチャクチャに絡み合って鳥の巣状態です。廃墟のような建物の背景とあわせてアートのようで気になってしまい、気が付いたらスマホに電線の写真がいっぱいでした。同じツボなのか、電線を写真撮影する外国人観光客の姿を時々見掛けました。
photo by author (196270)

via photo by author
これもアートです。重厚感のある大量の電線が、お店の軒先テント上で大屈曲して横たわり、お店を押し潰さんとするかのような迫力です。このお店、一体大丈夫なんでしょうか。オリンピックの輪のようになっている部分もちょっと気になります。
photo by author (196265)

via photo by author
この写真では、ヤケクソのような大量の電線で、2階、3階の部屋はほぼ視界不良。業者の方が電線の工事をしていますが、電線の判別は可能なのでしょうか。
後で知り合いのタイ人に聞いたところ、タイでは電線を新設する時に古いものがそのまま放置されていることが多いため、実際に使われているのは半分も無いらしいとのことです。なんともタイらしいですね。

垂れ下がっている電線があっても決して触れないように、とも注意を受けました。稀ではありますが、実際に感電事故も起きているようです。散策中も油断は禁物です。
さすがに電線の危険性は問題にもなり、バンコクでは古い電線の撤去や埋設工事が少しずつ始まっているようです。

生まれ変わりつつあるジュライ・ロータリー界隈

ジュライ・ロータリー

ジュライ・ロータリー

via photo by author
ヤワラーの外れ、ジュライ・ロータリーまで歩くと、大きな建物の廃墟がそびえています。1980~90年代にかけて、沈没系バックパッカーのたまり場として伝説化している安宿ジュライホテル跡です。使われている様子はなく、建物が大きいぶん異様な雰囲気が漂っています。
photo by author (196264)

via photo by author
この周辺の古い家並みは、廃屋ギリギリといった感の家も多く、風情があるというよりも少し怪しさがあり、この界隈だけは観光地ではないとも感じます。それがかえって魅力となり、フォトジェニックなのかもしれません。ただ一部では夜はあまりよろしくない雰囲気となるため、暗くなってからの散策は場所を選んだ方がよいかと思います。
かつての安宿をスタイリッシュにリニューアルした、W22...

かつての安宿をスタイリッシュにリニューアルした、W22バイ・ブラサリ・ホテル

via photo by author
この界隈にも再開発の動きを見ることができました。
かつての安宿の一つ、台北旅社をスタイリッシュに改装したホテルが誕生していました。建物の基礎はそのままに、部屋やホール等をお洒落にリニューアルし、2019年にオープンした「W22バイ・ブラサリ・ホテル」です。
 (196307)

ロビーはシックでモダンな雰囲気、かつリーズナブルな宿泊費ということでなかなかの人気のようです。欧米からの観光客がひっきりなしにチェックインしていました。
他にも古い建物をお洒落なレトロ風に活かしたホテル、レストラン、バー、カフェやギャラリーが続々とオープンしており、今注目のエリアともなっているそうです。

W22バイ・ブラサリ・ホテル

【住所】
422 Mittraphan Rd, Pom Prap, Pom Prap Sattru Phai, Bangkok

【アクセス】
MRT(地下鉄)ワット・マンコン駅から徒歩約10分、スワンナプーム空港から車で約1時間

【チェックイン/アウト】
14:00/12:00

閉鎖予定だったバンコクの玄関口フアランポーン駅は今も営業中

巨大アーチに多数の頭端式ホームのターミナル駅フアランポ...

巨大アーチに多数の頭端式ホームのターミナル駅フアランポーン。正式名称はバンコク駅。

via photo by author
ヤワラーの東の端、クルンカセーム運河を越えるとタイ国鉄のフアランポーン駅。100年に渡って親しまれてきたバンコクの玄関口ターミナル駅です。地方からやってきた人々で常に賑わっており、家族やグループで地べたに座ったり寝ていたりして、ひと昔前の上野駅のような雰囲気があります。

このフアランポーン駅、元々は2021年に廃止、閉鎖され、バンコクの北にあるバーンスー中央駅に機能が移転されると発表されていました。ところが、バーンスー中央駅だけでは列車の規格や運行面での運営が難しいことが判明して移転は延期に。訪れた時はまだまだ普通に列車が発着していました。2023年に入って移転に関するニュースが再び流れましたが、いずれにしても、今後はバーンスー中央駅に少しずつ列車の発着が移っていくというのが流れかと思います。
タイ各地の駅名に旅情を感じる、長距離列車の電光掲示板

タイ各地の駅名に旅情を感じる、長距離列車の電光掲示板

via photo by author
駅ホールの電光掲示板には、タイ北部チェンマイ、イサーン地方ウボン・ラーチャターニー、タイ南部スラーターニーなど、長距離列車の始発駅名が並び、眺めているだけで旅情を感じてしまいます。写真では到着列車の半数が「Delay(遅延)」表示となっていますが、タイでは列車の遅延が常態化しているので、列車を利用するときは遅延を織り込んで日程を組まないと大変なことになってしまいます。もっとも列車が日本のように正確に運行されている国は、世界では少数派でしょう。
photo by author (196301)

via photo by author
1916年竣工というフアランポーン駅の駅舎は、ドイツのフランクフルト駅をモデルにした巨大アーチが美しく、まさに首都のターミナル駅に相応しい堂々たる構えです。バーンスー中央駅に機能が完全に移転されたのちに、博物館になる予定だそうです。いつのことになるのかは分かりませんが。
photo by author (196283)

via photo by author
フアランンポーン駅は、夜間のライトアップされた姿の方がより美しく感じます。駅を楽しんでいるうちに日も沈んできました。ここからは夜景を楽しみながら散策して、ヤワラーの中心まで戻ります。

フアランポーン駅(正式名称 バンコク駅)

【住所】
1 Rongmuang Road, Rongmuang, Pathumwan, Bangkok

【営業時間】
24時間

【アクセス】
MRT(地下鉄)フアランポーン駅より徒歩すぐ

夜のヤワラー散策とスイーツ屋台巡り

黄金仏で有名な寺院 ワット・トライミット

黄金仏で有名な寺院 ワット・トライミット

via photo by author
フアランポーン駅から5分ほど歩くと、白壁と金色の屋根が目立つ、タイ式建築の寺院が見えてきます。ワット・トライミットです。約70年前に偶然発見されたという世界最大の黄金仏が安置され、ヤワラー有数の観光地となっています。

暗くなると観光客も少ないためか、境内では地元のおばさんグループが激しめのエアロビクスをやっていました。見ていると手招きして誘われましたが、汗びしょになりそうなのと、ちょっと恥ずかしさもあり、寺院を後にしました。
パワースポットの一つ天華醫院

パワースポットの一つ天華醫院

via photo by author
ワット・トライミットから少し歩くと、中華風の鮮やかな赤が目立つ建物、天華醫院が見えてきます。華人の財団が1902年に作った慈善病院と併設された中華廟だそうです。
 (196842)

境内では華人らしき人々がお祈りしており、まるで香港か台湾のどこかのお寺に迷い込んだようです。ちなみにこの寺院は健康運が良くなるというパワースポットの一つです。
繁体字とタイ文字がミックスしたネオン看板が鮮やかな、ヤ...

繁体字とタイ文字がミックスしたネオン看板が鮮やかな、ヤワラー通りの夜景

via photo by author
更に5分ほど歩くと、ヤワラー通りの中心。昼間に一度来ているはずなのに、通りには繁体字とタイ文字の派手なネオン看板が煌めき、オリエンタルでちょっと妖しげな街に変貌。ひと昔前の香港にタイ感がプラスされ、不思議でどこか既視感のある雰囲気です。
夜になると通りの両端には屋台が並び、毎日が縁日のよう

夜になると通りの両端には屋台が並び、毎日が縁日のよう

via photo by author
電飾眩しい屋台が並び、夜の熱気を帯びた生暖かい空気のなか、次々と香ばしい匂いが漂ってきます。人通りも夜の方が多く、歩いていると夏祭りのようなワクワクした気分になってしまいます。
セブンイレブンの前にも雲吞麺の屋台

セブンイレブンの前にも雲吞麺の屋台

via photo by author
屋台は商店の前にも途切れること無く出ています。写真はセブンイレブンの前に雲吞麺の屋台という、ちょっと面白い光景になっています。
いつも行列のトースト屋台「ヤワラー・トーステッド・ブレッド」

いつも行列のトースト屋台「ヤワラー・トーステッド・ブレッド」

地元の友人おすすめのスイーツ屋台に行ってみました。お店の名前は「ヤワラー・トーステッド・ブレッド」。目の前でトーストにクリームを挟んで焼いてくれる、というお店で、クリームはミルク、チョコレート、エッグ・カスタード、チリ、ストロベリー、マーマレード、パイナップル、シュガー・バターの8種類。行列がすごいとは聞いていましたが、若者中心にものすごい人だかりになっていて、30分近く待ってやってトーストにありつけました。
トーストは8種類の味を選べる 写真はミルク味

トーストは8種類の味を選べる 写真はミルク味

via photo by author
クリームはミルクをチョイス。ふかふかでしっとりとした焼きたてのパンは、トーストというよりケーキのよう。なかには熱々のミルククリームがたっぷりと挟まっています。ミルクはタイ仕様の激甘なのですが、この独特のパンとの相性が良いためか、美味しくて止まらなくなります。ただ油断すると写真のようにパンからミルクが溢れ出てきて、このとき既に足元の靴が大惨事に。

ヤワラー・トーステッド・ブレッド

住所】
Yaowarat Rd., Samphanthawong, Bangkok

【営業時間】
18:30〜深夜

【定休日】
月曜日

【アクセス】
MRT(地下鉄)ワット・マンコン駅から徒歩約5分
客が絶えない人気のスイーツ屋台「スイートタイム」

客が絶えない人気のスイーツ屋台「スイートタイム」

via photo by author
ミルククリームで汚れた靴を拭いた後、友人おすすめのもう一件、人気のスイーツ屋台「スイートタイム」に行ってみました。中華圏ではお馴染みの黒ゴマ団子、豆花、芋園、タピオカ、ツバメの巣などを使った30種類以上のスイーツがあり、メニューを見ても目移りしてなかなか決められません。この時は一人だったのですが、グループで行って食べ比べした方が楽しそうですね。
どぎつい蛍光ピンク色のスイーツ・タプティムクロープ

どぎつい蛍光ピンク色のスイーツ・タプティムクロープ

タイのフードコートや屋台でよく見かける、どぎつい蛍光ピンク色のスイーツを頼んでみました。タプティムクロープといい、食紅でピンクにしたクワイの実にタピオカ粉をまぶして茹でたものを、氷の入ったココナッツミルクに入れて食べます。ピンクの粒の中はサクサク、外はプニュプニュ。この不思議な食感がやみつきになりますので、一度試してみて下さい。

スイートタイム

【住所】
Yaowarat Rd., Samphanthawong, Bangkok

【営業時間】
18:00〜深夜

【定休日】
月曜日

【アクセス】
MRT(地下鉄)ワット・マンコン駅から徒歩約5分

ヤワラーの散策を終えて

photo by author (197621)

via photo by author
「世界で最もクールな33のストリート」にランキングされたヤワラー。中華圏にタイ感がミックスされ、他にない独特のオリエンタルな雰囲気を持っています。ちょっと妖しげな裏街道的で、どこか懐かしい昭和も感じます。不思議で既視感のあるこの街にハマってしまいそうです。

今回はヤワラーの東側部分を中心に、午後から夜にかけて半日で散策してみました。限られた時間のなかで、日中は暑さ、夕方はスコール、夜はお店の長蛇の列で、立てた予定の半分しかこなせませんでしたが、これもまたタイ旅行というものでしょう。ヤワラーには、今回は行けなかった西側など、まだまだ見どころやグルメがいっぱいありますので、機会があれば紹介できればと思います。

アクセスは、MRT(地下鉄)が2019年延伸された区間に登場した新駅・ワット・マンコン駅が最も便利で、地上に出たらヤワラーの中心まで徒歩5分程度。MRTとともにタイ国鉄の駅があるフアランポーン駅からも徒歩15分程度となっており、ワット・トライミットなどはこちらも便利です。
【名称 タイ語/英語】
ヤワラー / China Town

【場所】
Chakkrawat, Samphanthawong, Bangkok

【アクセス】
MRTワット・マンコン駅から徒歩すぐ、MRTフアランポーン駅から徒歩約15分

新幹線+宿泊

売りつくしセール

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バンコクの最新ラグジュアリーホテルと奥深きタイの美食を求めて

バンコクの最新ラグジュアリーホテルと奥深きタイの美食を求めて

歴史と伝統文化に彩られたタイ、そんなタイでの楽しみ方は様々。今回は、タイ国政府観光庁のメディア研修に参加された、北海道・札幌のラジオ局、FMノースウェーブで毎週日曜の午前10時から放送中の、タイ国政府観光庁ご提供のタイ専門番組「Sabaai Sabaai Thailand」ディレクター・DJ城野康子さんの、バンコクとチェンマイのラグジュアリーホテル、伝統菓子からストリートフード、ミシュラングルメについてのフレッシュレポです。
Tripα編集部 | 5,209 view
タイ・究極のウェルネスリゾート「チバソム」体験で、減量に挑戦してみました!

タイ・究極のウェルネスリゾート「チバソム」体験で、減量に挑戦してみました!

バンコクから南西へ約200キロ、タイランド湾沿いにあるホアヒンはタイ王室の保養地として知られるビーチリゾートです。そのホアヒンで以前から気になっていたウェルネスリゾート「チバソム・インターナショナル・ヘルスリゾート」を訪れ、減量に挑戦してみました!
タイでマラソン?!初心者がバンコクマラソンをプチ体験してきました!

タイでマラソン?!初心者がバンコクマラソンをプチ体験してきました!

以前タイ視察旅行に行った際、同行の政観スタッフらが早朝にホテル周辺をランニングされていました。熱帯の国タイでのランニングやマラソン等スポーツのイメージが湧かないながらも、気にはなっていたところ、11月下旬のタイ訪問が、偶然にもバンコクマラソン開催日に当たっていました。その様子を見に行ってきましたので、旅レポします。
【タイお役立ちガイド】渡航準備や現在のタイの様子をご紹介!

【タイお役立ちガイド】渡航準備や現在のタイの様子をご紹介!

新型コロナウイルスの世界的流行以降、長く渡航できない日々が続きましたが、タイ入国時や日本帰国時の規制緩和等により旅行しやすくなりました。気になる渡航準備や、タイの今の様子をご紹介します!
Tripα編集部 | 36,746 view
世界屈指のリゾート!プーケット島を満喫するための楽しみ方とは?

世界屈指のリゾート!プーケット島を満喫するための楽しみ方とは?

タイ南部のアンダマン海に面するプーケット島は、タイ最大の島で世界有数のリゾート地。美しい海はもちろん、山地では熱帯モンスーン気候のジャングルも楽しめます!今回はプーケット島を100%満喫するための情報やおすすめスポットをご紹介するので、ぜひ参考にしてください♪
さとっち | 7,098 view
おすすめ記事一覧

この記事のキュレーター

海外旅行プランナー 海外旅行プランナー

都道府県観光ガイド

おすすめ観光スポット・グルメ・お土産をチェック

都道府県観光ガイド

旬のイベント情報

旬のイベント情報

キャンペーン情報

お得まとめ