行くなら押さえておきたい!「登別温泉」おすすめ観光スポット

北海道の南に位置する登別温泉。新千歳空港や札幌からもアクセスが良く、多くの観光客で賑わう北海道を代表する温泉です。コンパクトにまとまった温泉街をはじめ、秘境やパワースポット、レジャー施設など見どころ満載の登別温泉のおすすめスポットをご紹介します!

2023年7月12日 更新 3,566 view Clip追加

この度2024年1月1日に発生した能登半島地震により、被害状況によっては営業されていない場合がございます。

登別温泉について

photo by PIXTA (76948)

via photo by PIXTA
登別温泉は、1つの温泉郷に多彩な泉質を持つ世界でも非常にめずらしい場所で「温泉のデパート」とも呼ばれています。登別温泉郷のいたるところから源泉が沸いていますが、その多くは地獄谷からの湧出です。
地獄谷は、約1万年前の大噴火で出来た爆裂火口の跡地で、今もなお、活火山として活動を続けており毎分3000リットルもの温泉を湧出し続けています。地獄谷には多くの湧出口や噴気孔があり、煮えたぎる風景が、『地獄谷』の由来となりました。「北海道遺産」にも認定された登別の地獄谷は、登別温泉の泉源としてだけではなく、温泉宿から徒歩でいける観光地として、多くの方に利用されています。
泉質
硫黄泉、食塩泉、明ばん泉、芒硝泉(硫酸塩泉)、緑ばん泉、鉄泉、酸性鉄泉、重曹泉、ラジウム泉
※各宿泊施設により異なります。

効能
【泉質別適応症】アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、慢性湿疹、表皮化膿症
【一般的適応症】筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関 節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進

のぼりべつクマ牧場

photo by PIXTA (76949)

via photo by PIXTA
登別温泉街よりロープウェーで絶景を見ながら7分ほどで到着する「のぼりべつクマ牧場」。
オスのエゾヒグマにガラス越しに取り囲まれる迫力満点の「人のおり」や、愛らしくおやつをねだるメスのエゾヒグマにエサやり体験ができるエリアなど、ヒグマを間近に感じられます。
山頂や山麓の売店では、オリジナルのクマグッズが豊富に揃っているのでお土産にもピッタリ!小さなお子さんはもちろん、大人まで楽しめる観光スポットです。

【所在地】
北海道登別市登別温泉町224

【営業時間】
4~6月、10~1月  8:30〜16:30
7~9月  8:00〜17:00
2~3月 8:30〜16:00

【定休日】
なし

【アクセス】
・徒歩
登別温泉バスターミナル 徒歩約5分

・車
道央自動車道登別東IC 約10分

鬼さがし

photo by PIXTA (76950)

via photo by PIXTA
登別温泉の様々なイベントに登場する「湯鬼神」は、登別の湯を守る鬼の姿をした神様。人々の幸せを祈り、手に持った剣で厄払いをしてくれます。
シャンシャンとかぐら鈴の音が聞こえてきたら、湯鬼神が近くにいる合図。ご当地ゆるキャラならぬ鬼キャラですね。
登別温泉の街中には、迫力満点のリアルなものから愛らしいかわいい鬼まで、鬼のモチーフの像が10ヶ所に点在しています。温泉街を散策がてら、鬼さがしを楽しんでみてはいかがでしょうか?

登別地獄谷散策

photo by PIXTA (76951)

via photo by PIXTA
「登別地獄谷」は、日和山の噴火活動でできた直径450メートル、面責11ヘクタールの爆裂火口跡です。
湧出口や噴気孔があり、そこから泡を出して湯が煮えたぎる様子が、地獄谷という名称の由来となっています。ここから湧く1万トンのお湯が、温泉街のホテルや旅館へ供給されています。
スロープが完備されているので、ベビーカーや車椅子でも行けるのも嬉しい配慮です。温泉街から徒歩圏内なので、軽い散策として歩いてみるのがおすすめです。

【所在地】
北海道登別市登別温泉町無番地

【定休日】
なし ※地獄谷から大湯沼への遊歩道は冬季通行止めの場合があります

【アクセス】
登別温泉バスターミナル 徒歩約10分

大湯沼川天然足湯

photo by PIXTA (76952)

via photo by PIXTA
温泉街散策の楽しみのひとつとして「足湯」があります。足元が温まるだけで全身がポカポカして気持ちよく、手軽に行えるのが人気の秘訣。
登別温泉では、なんと天然の足湯ができるスポットがあり、大湯沼からあふれ出た温泉が川となって流れ出ているので、川べりに座って大自然の中で天然の足湯が楽しめます。
地獄谷からも歩道が続いているので、散策がてら足を伸ばして訪れてみてはいかがでしょうか?天然の足湯は、とても貴重な体験になること間違いなし!

【所在地】
登別市登別温泉町無番地

【アクセス】
・徒歩
登別温泉バスターミナル 徒歩約20分

・車
道央道登別東IC 約10分 ※大湯沼にある駐車場からは徒歩約20分

俱多楽湖

photo by PIXTA (76953)

via photo by PIXTA
登別温泉の東側、支笏洞爺国立公園内にある「倶多楽湖」。周囲約8km、最大水深148mの綺麗な円形をしたカルデラ湖です。
倶多楽湖は入っていく川と出ていく川がないのが特徴で、国内でも抜群の透明度を誇ります!吸い込まれそうな美しさと、神秘的な雰囲気も持ち合わせた、北海道屈指のパワースポットです。
北海道道350号沿いの湖畔と扇型展望台から湖を望めますが、11月下旬〜4月下旬は冬季閉鎖されているので、訪れる際は注意してください。

【所在地】
北海道白老郡白老町虎杖浜

【アクセス】
・車
登別温泉街 約15分

カルルス温泉

photo by PIXTA (76954)

via photo by PIXTA
登別温泉街からバスで20分ほどで行けるカルルス温泉地区。国民保護温泉地に指定され、名湯百選にも選ばれています。
登別温泉街のホテルや旅館にも日帰り温泉プランはありますが、カルルスではよりリーズナブルに利用できるのが魅力です。
温泉街の喧騒から離れた静かなその場所は、秘境感も味わえる穴場の名湯スポットです。

【所在地】
北海道登別市カルルス町

【アクセス】
・バス
登別温泉バスターミナル発 道南バス
カルルス行き カルルス温泉バス停 徒歩すぐ

北海道の人気温泉「登別温泉」を制覇しよう♪

登別温泉は温泉だけでなく温泉街の中や、すぐ近くに湖やクマ牧場など観光できるスポットも多くあります。コンパクトにまとまっているので、気軽に散策しやすいのは嬉しいポイントです。

温泉旅行・温泉旅館特集

温泉旅行・温泉旅館特集
日本全国の有名な温泉宿、人気の温泉旅館をご紹介!お気に入りの温泉宿をインターネットで検索・予約しよう!オンラインで国内旅行の宿泊先や人気プランを検索・予約できます。

新幹線+宿泊

売りつくしセール

関連する記事 こんな記事も人気です♪

露天風呂や絶品料理で大満足♡登別温泉で泊まりたい旅館7選

露天風呂や絶品料理で大満足♡登別温泉で泊まりたい旅館7選

北海道屈指の温泉地である登別温泉には、上質な旅館が数多くあります。それぞれ独自の特徴を持ち、個性あふれるが魅力たっぷり!今回は、登別温泉の中でも特におすすめしたい優良な旅館をご紹介します。露天風呂・お料理・客室と、どれをとっても満足すること間違いなしですよ♡
チャイラテ | 7,405 view
行くなら押さえておきたい!「十勝川温泉」おすすめ観光スポット

行くなら押さえておきたい!「十勝川温泉」おすすめ観光スポット

のどかな田園風景が魅力の十勝川温泉。周辺には大自然を感じるスポットがいくつもあり、多彩な楽しみ方が満載です。雄大な景色の数々に心が癒されること間違いなし!十勝川温泉の観光スポットをご紹介します!
Tripα編集部 | 6,073 view
行くなら押さえておきたい!「阿寒湖温泉」おすすめ観光スポット

行くなら押さえておきたい!「阿寒湖温泉」おすすめ観光スポット

阿寒湖温泉には北海道最大のアイヌコタンがあります。人気の漫画の舞台にもなっているので、読んだことがある人は特にアイヌの文化や歴史に興味があるのではないでしょうか?阿寒湖温泉を満喫できるおすすめ観光スポットをご紹介します。
Tripα編集部 | 3,049 view
行くなら押さえておきたい!「定山渓温泉」おすすめ観光スポット

行くなら押さえておきたい!「定山渓温泉」おすすめ観光スポット

札幌から1時間というアクセスの良さで、札幌の奥座敷とも呼ばれている定山渓温泉。支笏洞爺国立公園内に位置し、札幌から日帰り気軽に寄れるのが魅力です。良質な泉質で人気の定山渓温泉のおすすめ観光スポットをご紹介します。
Tripα編集部 | 4,045 view
行くなら押さえておきたい!「湯の川温泉」おすすめ観光スポット

行くなら押さえておきたい!「湯の川温泉」おすすめ観光スポット

北海道三大温泉郷のひとつ・湯の川温泉は、ローカルグルメや観光スポットが点在し、函館観光の拠点としても最適な場所です。空港から近く、市電ですぐに行けるのが魅力的。湯の川温泉の観光スポットをご紹介します。
Tripα編集部 | 4,875 view
おすすめ記事一覧

この記事のキュレーター

Tripα編集部 Tripα編集部

都道府県観光ガイド

おすすめ観光スポット・グルメ・お土産をチェック

都道府県観光ガイド

旬のイベント情報

旬のイベント情報

キャンペーン情報

お得まとめ