【オーストラリアお役立ちガイド】渡航準備や現在のオーストラリアの様子をご紹介!

新型コロナウイルスの世界的流行以降、長く渡航できない日々が続きましたが、オーストラリア入国時や日本帰国時の規制緩和等により旅行しやすくなりました。気になる渡航準備や、オーストラリアの今の様子をご紹介します!

2022年12月6日 更新 2,093 view Clip追加

この度2024年1月1日に発生した能登半島地震により、被害状況によっては営業されていない場合がございます。

目次

オーストラリア旅行に必要な準備、手続き

オーストラリア旅行時に必要な準備・書類などをご紹介します。(2022年11月1日時点)

ご旅行に際し、必ず最新情報を外務省海外安全ホームページ、オーストラリア政府観光局、航空会社等でご確認ください。

日本国籍の方は帰国時まで有効なパスポートが必要です。

【日本出発→オーストラリア入国時に必要な書類】

①ETA(電子渡航認証システム)の取得

観光、知人・家族訪問、出張・業務目的でオーストラリアへ渡航する日本国籍の方で、滞在が3カ月以内の場合は査証(ビザ)を取得する必要はありませんが、ETA(電子渡航許可認証システム)を申請、取得する必要があります。
スマートフォン・アプリを使用してご自身での申請のみとなり、アプリは Apple Storeまたは Google Playストア からダウンロード可能です。
そのため、旅行会社等の代行サービスを通してETAの申請を行うことはできません。

遅くとも出発の48時間前までに申請される事を強くお勧めいたします。

ETAはパスポートに電子的にリンクされており、発給された日から1年間有効です。有効期間内であれば何度でも利用可能です。ただし、新しいパスポートを取得した場合、有効期間内であっても新しいETAの申請が必要です。

フライトに搭乗するには、有効なETAが必要です。有効期限が切れていると搭乗できませんのでご注意ください。

②新型コロナウイルスワクチン接種証明書(接種歴が3回以上の方)

有効な新型コロナウイルスワクチン3回以上の接種証明を保持している方は、日本帰国時のPCR検査の陰性証明書取得が不要となります。

日本出発前に、お住まいの自治体(ワクチンを接種した際に住民票のあった市区町村)にて、「海外渡航用」のワクチン接種証明書を申請ください。

もしくは、デジタル庁リリースの「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」も利用可能です。
ワクチン接種証明書アプリは民間のものは無効です。必ず発行元がデジタル庁であることをご確認下さい。

※新型コロナウイルスワクチンの接種回数が2回以下の方は、日本入国時にPCR検査の陰性証明書が必要となります。

【オーストラリア滞在中】

①日本帰国時に必要なPCR検査の陰性証明書の取得

新型コロナウイルスワクチンの接種回数が2回以下の方のみ必要です。
※新型コロナウイルスワクチン3回の接種歴があっても、有効な接種証明書を保持していない方は、オーストラリア滞在中にPCR検査の陰性証明書の取得が必要となります。ご注意ください。

新型コロナウイルスワクチンの接種回数が2回以下の方は、日本入国の際に
オーストラリア出国前72時間以内に実施・取得した新型コロナウイルス感染症検査の陰性証明書を提出する必要があります。
陰性証明書は、有効な検査方法、記載すべき内容が厚生労働省によって定められています。

②ファストトラックの登録

日本到着の6時間前までに、帰国時の検疫手続きを簡略化できる仕組み「ファストトラック(検疫の入国前WEB手続き)」を登録完了する必要があります。
成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港で実施されています。

デジタル庁「Visit Japan Web」より事前登録し、日本到着空港で帰国手続きの際に、検疫の QR コードを表示します。
デジタル庁「Visit Japan Web」をご確認ください。

【オーストラリア発→日本入国時に必要な書類】

①オーストラリアで実施・取得した陰性証明書

新型コロナウイルスワクチンの接種回数が2回以下の方のみ必要です。
有効な新型コロナウイルスワクチン3回の接種証明を保持している方は、不要です。

②「Visit Japan Web(VJW)」のQRコード表示

入国・帰国の手続で以下のQRコードを表示してください。
① 検疫(ファストトラック)のQRコード
② 入国審査のQRコード ※日本人と、再入国する外国人は不要です。
③ 税関申告のQRコード

オーストラリアの現在の様子

①コロナ対策

2021年12月15日より、日本などからのワクチン接種完了やオーストラリア到着後、24時間以内の迅速抗原検査(RAT検査)を入国条件とした一部の州への短期の観光目的でのオーストラリア入国が可能となりましたが、2022年7月6日よりワクチン接種完了の入国条件を撤廃、さらに2022年11月現在はオーストラリア全州にて入国時の迅速抗原検査(RAT検査)も撤廃されています。

これによりワクチン接種未完了の人も、特別な許可を得ることなく、オーストラリアへの入国が可能になりました。

②マスクの着用義務

 (193190)

オーストラリアでは、コロナ対策としては社会的距離の確保、頻繁な手洗い、消毒液の使用などを推奨していますが、現在は国としてマスク着用を義務化してない事もあり、街中のどこを見てもマスクをつけている人はほとんど見られません。

ただし、州により公共交通機関、空港、病院、障がい者・高齢者施設等で働く人に対し引き続き着用を義務化している場合もあります。

時差・飛行時間

【時差】

 (193181)

オーストラリアには6つの州と2つの準州があります。
州(準州)によっては10月の第1週目の日曜日から翌年4月の第1週目の日曜日まではデイライト・セービング(Daylight Saving)と呼ばれるオーストラリアの夏時間(サマータイム)が適用されます。
その場合は時計の針を1時間進める必要があります。

日本との時差(通常時/サマータイム適用時)
①クイーンズランド州 ※主要都市:ケアンズ、ゴールドコースト、ブリスベン等  (+1時間/+1時間=サマータイム実施なし)
②ニュー・サウス・ウェールズ州 ※主要都市:シドニー等  (+1時間/+2時間)
③ビクトリア州 ※主要都市:メルボルン等  (+1時間/+2時間)
④ノーザン・テリトリー準州 ※ウルル(エアーズロック)等  (+0.5時間/+0.5時間=サマータイム実施なし)
⑤西オーストラリア州 ※主要都市:パース等  (-1時間/-1時間=サマータイム実施なし)
⑥タスマニア州 ※主要都市:ホバート   (+1時間/+2時間)
⑦南オーストラリア州 ※主要都市:アデレード等  (+0.5時間/+1.5時間)
⑧首都特別地域 ※主要都市:キャンベラ  (+1時間/+2時間)

※+1時間は日本時間よりも1時間早い、-1時間は日本時間より1時間遅い、という意味です。
例)
●日本とシドニーの場合  日本時間 7:00 am → シドニー時間 8:00 am
●日本とパースの場合   日本時間 7:00 am → パース時間  6:00 am

【飛行時間】

 (193188)

日本 ― オーストラリア間の飛行時間は、都市により異なります。主要都市の、直行便を利用した場合の飛行時間(目安)は以下となります。

●羽田 ― シドニー・・・現在直行便は羽田空港からのみです。
[往路]9時間35分~9時間55分
[復路]9時間25分~9時間50分
[航空会社]日本航空、ANA、カンタス航空

●成田 ー ケアンズ・・・現在直行便は成田空港の他、関西空港からも運行中です。
[往路]7時間20分
[復路]7時間30分
[航空会社]ジェットスター航空

●成田 - ゴールドコースト・・・現在直行便は成田空港からのみです。
[往路]8時間40分
[復路]9時間00分
[航空会社]ジェットスター航空

気候・服装、ベストシーズン

南半球に位置するオーストラリアは、日本とは季節が逆です。

12月~2月が夏、3月~5月が秋、6月~8月が冬、9月~11月が春となります。

また、国土が広大なため、いくつもの異なる気候帯が存在し、気温・降雨量等も地域により大きく異なるため、どこを訪れるかによってベストシーズンも変わってきます。

多岐にわたるオーストラリアの気候をエリア別にご紹介します!

【クイーンズランド州】ケアンズ、ゴールドコーストなど

 (193179)

クイーンズランド州沿岸部には、観光客に人気のビーチリゾートが点在していますが、州の北部と南部では、若干気候が異なります。


●クイーンズランド州北部(ケアンズ、ハミルトン島など)の気候、ベストシーズン

1年中気温が高く雨季と乾季が存在します。

雨季は12月~5月で、気温も湿度も非常に高く、スコールのような雨が頻繁に降ります。
1月~3月にかけては特に降雨量が多く、大型のサイクロンが発生することも。

乾季は6月~11月で、気温もそこまで上がらず、晴天率も高いので快適に過ごせます。1年のうちでもっとも気温が低い6月~8月でも、ケアンズで25℃前後、ハミルトン島で22℃前後まで気温が上がりますので、日中は半袖で過ごせます。

クイーンズランド州北部のベストシーズンは、9月~11月、もしくは、4月~5月です。この時期は雨が降る可能性も比較的少なく、かつ水温も温かいので、マリンアクティビティを楽しめます。



●クイーンズランド州南部(ゴールドコーストなど)の気候、ベストシーズン

1年を通して温暖で過ごしやすい気候です。

夏の12月~2月は日中最高気温が30℃前後にもなります。この時期は雨季にあたるので湿度は高いですが、クイーンズランド州北部ほど降雨量は多くはありません。

冬の6月~8月は日中最高気温は21℃前後。湿度も低いので肌寒く感じますが、晴天率も高く快適に過ごすことができます。

クイーンズランド州南部のベストシーズンは、10月~12月、もしくは、4月~5月です。温暖でかつ雨が少ない時期なので、マリンスポーツや海水浴、ゴルフなどを楽しめます。

【ニューサウスウェールズ州】シドニーなど

 (193184)

1年を通して温暖で過ごしやすい気候です。

●夏(12月~2月)
日中最高気温は26℃前後です。夏は若干湿度が高いですがからりとした日が多く、過ごしやすい気候です。

日中は半袖で、夜間用に軽い上着があると便利です。


●冬(6月~8月)
冬(6月~8月)の日中最高気温は17℃前後。
晴れた日は暖かくても、朝晩や雨の日には日中でも10℃前後の為、コートもしくはセーターなどがあるとよいでしょう。


●春秋(3~5月及び9~11月)
日中の最高気温は20~22℃前後で、日中は上着無しでも朝晩は薄手のジャケットなどがあると安心です。


以上のように、シドニーはどの季節に訪れても極端な気候に悩まされることはなく楽しめる町です。

ただし、シドニー近郊のブルーマウンテンズ地区は標高1000mほどにあるので、市内より6~7℃ほど気温が低くなります。
ブルーマウンテンズを訪れる方は、季節に合ったジャケットや防寒具を用意しましょう。

また1年を通して晴れた日は日差しが強いので、サングラスや帽子などもあると安心です。

【ウルル(エアーズロック)】

 (193178)

オーストラリア内陸部にはアウトバックと呼ばれる乾燥した大地が広がり、日中と夜間の気温差が激しいのが特徴です。
観光客に人気のウルル(エアーズロック)では夏(12月~2月)の日中最高気温は40℃を越えることもありますが、夜間は20℃前後まで気温が下がります。
冬(6月~8月)は日中最高気温が20℃前後と快適ですが、夜間の最低気温は5℃前後と非常に寒くなります。

サンセットやサンライズツアーに参加する場合は、真夏(12月~2月)でも夜間の冷え込みに備えて薄いジャケットがあると便利です。
冬(6月~8月)の早朝は非常に寒いので、セーターやフリース、パーカーなどの防寒具を持参しましょう。

1年を通して日差しが非常に強いので、日よけ止めやサングラス、帽子なども必要です。夏は特にハエが多いので、虫除けスプレーが必須です。


ベストシーズンは、5月~9月です。晴天率が高く夜は満天の星空が見えます。日中も過ごしやすい気温で快適です。

パスポート・査証・入国について

【パスポート残存期間】

パスポートの残存期間は、日本帰国時までとなります。ただし、一般的には3~6か月以上の残存期間のある状態が安心です。

【電子入国許可(ETA)】

ETAは査証の一種で、最大1年間のうちに何度でもオーストラリアを訪問でき、一度の訪問につき3ヶ月間滞在できます。
3か月以内の業務または観光等の短期滞在予定者は、このETAの取得が必要です。

【入国について】

 (193182)

現在オーストラリア入国の際には、セルフサービス型の入国審査システム「ePassport self service」が導入されています。お持ちのパスポートがePassport(IC旅券)で16歳以上の方であればご利用いただけます。

審査は「キオスク端末」にてパスポートを読み取り手続き、その後「スマートゲート」にてパスポートの顔写真と本人との照合を行う、2段階に分かれております。

=「ePassport self service」入国の流れ=

【1】入国審査場に設置されている「キオスク端末」に、パスポートの顔写真のあるページを開いて挿入します。

【2】言語が自動的に日本語になるので、簡単な質問に答えていきます。

【3】チケットが発券、パスポートが返却されます。

【4】利用可能な、もしくは係員から案内された「スマートゲート」へ進み、「キオスク端末」で発券されたチケットを差し込みます。

【5】チケットを挿入したら、キオスク端末で読み込んだパスポートの顔写真との照合が始まるので、カメラを見たまま完了するまで動かず待ちます。

【6】無事認証が終わるとチケットが返却され、スマートゲートの扉が開きます。これで入国審査は終了です。その後、手荷物受け取り場(ターンテーブル)へ進めます。

※「キオスク端末」でパスポートスキャンが動作しなかったり、「スマートゲート」での顔認証がされないなど「ePassport self service」での入国審査に失敗した場合はお近くのアシスタントデスクへお申し出ください。係員による通常の入国審査に切り替えて手続きをしてもらえます。

※荷物を受け取り、検疫カウンターへ行くと、機内で記入した検疫カードとキオスクで発券されたチケットが回収されます。

通貨・チップ

 (193186)

【通貨】

通貨単位はオーストラリアドルです。オーストラリア国外では、「USドル」と混同しないように、「A$」「AUD」などと表記されていますが、オーストラリア国内では単に「$」で表示されています。

オーストラリアの紙幣は薄いプラスチックシートに印刷されたポリマー紙幣です。水に濡れて破れることはありませんし、手で引き裂いたりすることもできません。

紙幣には $100 / $50 / $20 / $10 / $5 の5種類があります。
硬貨には $2 / $1 / 50¢ / 20¢ / 10¢ / 5¢ の6種類があります。(¢はセント)

1AUD=約94円です。(2022年11月17日時点)

$1=100¢で、ドルコインは金色、セントコインは銀色ですので分かりやすいです。

ただし、ドルコインは価値が大きくなるほどサイズが小さくなり、セントコインは価値が大きくなるほどサイズが大きくなります。
価値の大きさにサイズの大きさが反比例するのでお気をつけください。


主要通貨の中でも通貨流通量が相対的に少ないオーストラリアドルは、オーストラリアに到着後のほうがお得なレートで両替できます。

空港やホテルの両替所はレートが悪く、手数料も掛かりますので、街中の両替所で両替するほうがお得です。
主要都市の街中にはたくさんの両替所があります。

それでも現金への両替は良くはありませんので、オーストラリア旅行では現金への両替は必要最低限にとどめ、クレジットカードによる決済を行う方がお勧めです。

【チップ】

基本的に、オーストラリアにはチップの習慣はありません。ただ、まったくないという訳でもないのです。シーン毎にご紹介します。

=タクシー=
ほとんどの場合、チップは不要です。

特別に親切にしてもらった時など、お礼をしたいときに渡すといいでしょう。例えば、荷物が多くて運ぶのを運転手さんが手伝ってくれた時などです。
(空港でのスーツケースの上げ下ろし程度は通常のサービス範囲内なので不要です。)

ただし、クレジット決済の浸透しているオーストラリアでは、タクシー代にチップを加算してカードで支払っても、運転手さんにはチップが届きませんので、タクシー代はカードで支払い、チップは現金でお渡しするのがいいでしょう。


=ホテル=
ほとんどの場合、チップは不要です。

オーストラリアのホテルでは、ポーターが部屋まで荷物を運んでくれることは一般的ではありませんが、もし荷物を運んでくれたら2、3ドル程度さっとお渡しするといいでしょう。

ベッドメイクをしてくれた担当者へのチップも、渡す習慣はオーストラリアにはありません。そもそも毎日ベッドメイク、ルームサービスに入らないホテルが増えてきています。ベッドメイクが入る場合でもチップは不要です!


=レストラン=
小さい飲食店ではチップは不要ですが、サービスをしっかりとしてくれる中級以上のレストランではレジの横あたりに「チップ入れ」を用意しているお店もあります。

クレジットカードで支払う場合はチップの欄を設けた請求書を渡されることがあります。

伝票をテーブルで受け取ったら内容をチェックし、サービス料(TIP)が含まれていたら、それ以上のチップは不要です。

サービス料が含まれておらず、伝票の合計金額の下に「TIP」を記入する欄があったら、チップを払うかどうかを検討して記入します。

チップ額は、切り上げしてぴったりの金額になるようにするパターンと、5%~10%を目安に5ドル、10ドルなどのキリの良い金額を上乗せするパターンの2パターンが多いです。

祝祭日

オーストラリアの祝祭日は、オーストラリア全土が休日となる「国民の祝祭日」と、それとは別に、州によって祝日があります。
また同じ祝祭日でも、州によって日にちが違う場合もあるので、訪れる州の祝祭日をチェックする必要があります。

国民の祝祭日の中でも12月25日の「クリスマス」、及び3月中旬から4月中旬の「グッドフライデー」(毎年期間異なる)が、最も大きな祝日になり、ほとんどの商店、飲食店も休みとなります。

以前のオーストラリアでは、日曜、祝日にはほとんどのお店が休業となっていましたが、現在はビジネス街を除き多くの商店、飲食店が営業を行っています。


【国民の祝祭日】

1月1日(日)  ニューイヤーズ・デー

1月2日(月)  ニューイヤーズ・デー (振替休日)

1月26日(木)  オーストラリア・デー

4月7日(金)  グッド・フライデー

4月10日(月)  イースター・マンデー

4月25日(火)  アンザック・デー

10月2日(月)  レイバー・デー

12月25日(月)  クリスマス・デー

12月26日(火)  ボクシング・デー


【ニュー・サウス・ウェールズ州(シドニーなど)】

4月10日(月)  イースター・マンデー

6月12日(月)  クイーンズ・バースデー

10月2日(月)  レイバー・デー


【クイーンズランド州(ケアンズ、ゴールドコースト、ブリスベンなど)】

5月1日(月)  レイバー・デー

7月21日(金) ケアンズ・ショー・デー(ケアンズのみ)

8月16日(水)  エッカ・ウェンズデー(ブリスベンのみ)

10月2日(月)  クイーンズ・バースデー


【西オーストラリア州】

3月6日(月)  レイバー・デー

6月5日(月)  エスタン・オーストラリア・デー

9月25日(月)  クイーンズ・バースデー(予定)


【ビクトリア州(メルボルンなど)】

3月13日(月)  レイバー・デー

4月8日(土)  イースター・サンデーの前の土曜日

4月9日(日)  イースター・サンデー

6月12日(月)  クイーンズ・バースデー

11月7日(火)  メルボルン・カップ・デー(メルボルンのみ)

電源プラグ・電圧

【電源プラグ】

日本の電源プラグはAタイプですが、オーストラリアはOタイプです。上にハの字型で2本、真ん中下に縦に1本の合計3ピンの形状となっています。
そのままでは使うことができませんので、変換プラグを準備しましょう。

またオーストラリアのコンセントは、電流を供給・遮断するためのオン・オフのスイッチがコンセントについていることが多いことです。

オフになっている場合は、オンに切り替えて使用をしましょう。

【電圧】

日本国内の電圧は100V(ボルト)ですが、オーストラリアは220-240V(ボルト)と日本より高くなっています。

日本の電気製品(携帯充電器、デジタルカメラ充電器、ヘアアイロン、Wi-Fiルーター、モバイルバッテリーなど)を使いたい場合、バッテリーの裏側に書いてある使用可能電圧を確認しましょう。
100V〜240Vといったように、240Vまで対応していれば、直接コンセントに差し込んで大丈夫です。
逆に240Vに対応していなければ、変圧器が必要となります。

Wi-Fi事情

レストランやカフェ、ショッピングセンターなどは時間限定の無料Wi-Fiを提供しているところが多いです。
ホテルもおおむね無料Wi-Fiが利用可能ですが、有料のところは1日当たり約$25~$30(高級ホテルになればなるほど高い)程度です。

空港でもフリーWi-Fiが提供されています。(シドニー、メルボルン、ブリスベン、ケアンズ空港)

この通り、オーストラリアでは多くの場所でフリーWiFiを使えますが、セキュリティや利便性、通信品質的にも必ず安心で便利とは言えません。

メインのインターネット接続手段としては、海外用ポケット型WiFiをレンタルして利用するのがお勧めです。

ポケットWiFiであればお使いのスマートフォンとポケットWiFi端末を接続するだけで簡単に現地でもインターネットをすることが出来ます。

フリーWi-Fiは、ポケットWi-Fiの充電が切れた時など、あくまで万が一の際の利用にとどめるのが良いでしょう。

水・トイレ事情

【水事情】

●水道水は安全に飲める?
一般的に、オーストラリアの水道水はそのまま飲むことができます。しかし、水に含まれている成
分が日本とは異なる場合があるため、沸騰させた方が安全です。

実際はオーストラリアの人でも、ペットボトルの水を購入する人が多いですし、旅行先で水を沸騰させるのも一苦労なので購入をお勧めします。


●飲料水の値段は?
レストランでは、 tap water は無料ですが水道水が出てきてしまうので、 bottled water か still water といって購入しましょう。

スーパーマーケットで購入する場合は、600mlで約1~2AUDと、お得に購入できます。

【トイレ事情】

オーストラリアの公共トイレは使用料やチップは不要です。日本と同じく無料で使えます。

清潔度は、大きなショッピングモールやホテルのトイレはきれいですが、街中の公衆トイレは必ずしも清潔とは言えません。

またオーストラリアのトイレはとても詰まりやすいのでトイレットペーパーは少しずつ流しましょう。

ビーチや公園のトイレは、便座がないトイレの場合があります。これは壊れて取れてしまったのではなく、酔っ払った人などが壊してしまわないよう、あえてつけていないようです。

便座がないトイレの場合は、トイレットペーパーを敷いて座るか、日本の和式トイレのような座り方となります。
日本から除菌ウェットティッシュを持って行くことをお勧めします。

新幹線+宿泊

売りつくしセール

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自然も街並もフォトジェニック♪オーストラリアのおすすめスポット13選

自然も街並もフォトジェニック♪オーストラリアのおすすめスポット13選

壮大なスケールの大自然や外国らしい可愛い街並みなど様々なタイプのフォトジェニックスポットが存在するオーストラリア。インスタ映えする景色がたくさんあるので女子旅にもおすすめです。今回はそんなオーストラリアで絶対に訪れたいフォトジェニックスポットをご紹介します!
チャイラテ | 3,002 view
スケールの大きな自然が魅力!オーストラリアのおすすめ世界遺産をご紹介

スケールの大きな自然が魅力!オーストラリアのおすすめ世界遺産をご紹介

スケールの大きな自然が魅力のオーストラリアには、他では見ることのできない自然が作り出した光景がたくさん世界遺産に登録されています。次の休みには、オーストラリアにある世界遺産を見に旅行に行ってみませんか?この記事では、特におすすめの世界遺産をご紹介します!
coldbrew | 8,429 view
オーストラリア・シドニー旅行で観光したいおすすめスポット5選

オーストラリア・シドニー旅行で観光したいおすすめスポット5選

オーストラリアへの旅行といえば、やっぱりシドニーは外せないですよね。有名なオペラ・ハウス以外にも、オーストラリアらしい大自然や歴史的なお洒落スポットがあり魅力たっぷり! シドニー旅行の定番、おすすめスポットを押さえたい方へイチオシの観光情報をお届けします。
チャイラテ | 13,284 view
オーストラリア旅行はケアンズで!ファミリー推しな5つの理由

オーストラリア旅行はケアンズで!ファミリー推しな5つの理由

日本から1番近いオーストラリアと言われるケアンズは、家族旅行に最適な観光地。治安・時差・気候の良さに加え、子ども向けアクティビティも充実しています。オーストラリアが初めてのご家族でもケアンズなら安心♪観光情報を交えながらおすすめの理由5つをご紹介していきます!
チャイラテ | 6,723 view
日帰りは損!オーストラリア・グリーン島に宿泊すべき4つの理由

日帰りは損!オーストラリア・グリーン島に宿泊すべき4つの理由

サンゴの島として有名なオーストラリア・グリーン島。日帰りツアーも人気ですが、断然オススメなのは宿泊ツアー!今回はグリーン島の魅力とともに宿泊をオススメする理由をまとめました。これからオーストラリアへの旅行を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね♪
チャイラテ | 4,694 view
おすすめ記事一覧

この記事のキュレーター

Tripα編集部 Tripα編集部

都道府県観光ガイド

おすすめ観光スポット・グルメ・お土産をチェック

都道府県観光ガイド

旬のイベント情報

旬のイベント情報

キャンペーン情報

お得まとめ