北陸新幹線で行く!学生旅行におすすめの金沢の魅力10選

北陸新幹線が開通したことによって東京、大阪からそれぞれ2時間ほどで行けるようになった北陸の観光都市、金沢。歴史や伝統と新しさが見事に融合した街で、学生旅行におすすめの場所です。金沢の魅力をたっぷり紹介しますので、学生のみなさんはぜひ参考にしてみてください!

2018年7月4日 更新 1,800 view

風情のある街並みを楽しめる

 (42906)

金沢は、加賀百万石と呼ばれた城下町。当時の風情が現代にも残った街並みが魅力の一つとなっています。特に、金沢三大茶屋街と呼ばれるひがし茶屋街・主計町茶屋街・にし茶屋街は観光名所となっており、北陸方面に学生旅行に行ったなら、ぜひとも訪れたい場所です。

ひがし茶屋街は、石畳の道の両側に美しい出格子がある古い街並みが保存されており、記念写真スポットとしておすすめ。また、にし茶屋街は昔ながらの茶屋を活かしたおしゃれなカフェが多く、観光の合間に休憩するのにもってこいです。

【所在地】
ひがし茶屋街
石川県金沢市東山1丁目

【アクセス情報】
・バス
JR金沢駅東口バスターミナル 北鉄バス・西日本JRバス 橋場町 徒歩約10分

・車
東金沢ICより約14分

【電話番号】
076-220-2194

伝統文化を堪能できる

 (42949)

金沢には、城下町として栄えた頃の伝統文化が街並み以外の形でも現代に残されています。金沢漆器や九谷焼、加賀友禅に金沢箔と、さまざまな伝統工芸品が今でも作られており、それを実際に目にすることが可能です。

なかでもおすすめが金沢卯辰山工芸工房。陶芸、漆芸、染、金工、ガラスの5つの工房があり、作られた展示物を見るだけでなく、実際に工房を見学することもできます。普段目にすることのないモノに触れるのは、きっと旅の思い出に残るはずですよ。

【所在地】
金沢卯辰山工芸工房
石川県金沢市 卯辰町ト10

【開館時間】
午前9:00~午後5:00

【定休日】
毎週火曜日 ※火曜日が祝日の場合はその翌平日
年末年始(12月29日~1月3日)

【入場料】
一般 300円
団体(20人以上)250円
65歳以上・障がい者手帳をお持ちの方およびその介護人 200円(祝日無料)
高校生以下 無料

【アクセス情報】
・バス
JR金沢駅東口のりば90番路線望湖台バス停 徒歩約7分

・電車
JR金沢駅東口 タクシー約10分

・車
北陸自動車道 金沢東IC 約15分

【電話番号】
076-251-7286

日本三名園「兼六園」がある

 (42914)

金沢観光といえば、やはり外してはいけないのが、日本三名園に数えられる日本庭園、兼六園でしょう。初めて訪れたなら、スケールの大きさと細部に見られるこだわりに驚かされること間違いありません。

また、訪れる季節によって違った顔を見せてくれるのも兼六園の魅力。近くにある金沢城とともに夜間にライトアップが行われる時期もあり、伝統的な日本庭園と現代の技術によるイルミネーションの組み合わせも趣があります。

庭の美しい風景は、さっと園内を歩くだけでも心が澄んだ気持ちに。あまり興味がわかないと思っても、ぜひ訪れることをおすすめします。

【所在地】
兼六園
石川県金沢市兼六町1

【営業時間】
3月1日~10月15日  午前7:00~午後6:00 (退園時間)
10月16日~2月末日 午前8:00~午後5:00 (退園時間)

【入館料/入場料】
大人(18歳以上) 310円
小人(6歳~18歳未満) 100円

【アクセス情報】
・バス(兼六園シャトル)
JR金沢駅兼六園口(旧東口)6番のりば 兼六園下・金沢城(石川門向い)バス停
※午前9:30〜午後5:50まで20分間隔で運行

・電車
JR金沢駅 タクシー約10分

・自動車
北陸自動車道 金沢西IC 約30分
北陸自動車道 金沢東IC 約30分
北陸自動車道 金沢森本IC 約20分

【電話番号】
076-234-3800

芸術に触れられる

 (42915)

新しい金沢の観光名所としてその存在が定着しているスポットが、金沢21世紀美術館です。現代アートを中心に展示しており、インパクトの大きい常設展示はもちろんのこと、企画展示もウィットに富んだものがたくさん。「ここに行けば間違いなく楽しいものが見られる」という場所になっています。

そのほかにも、アートの街金沢を感じられるものは街中でたくさん見ることが可能です。たとえば金沢駅の玄関口・ガラスの「もてなしドーム」や加賀宝生をモチーフにした「鼓門」は、街並みに溶け込んでいますが生で目にすれば圧倒される迫力の建築物。街のあちこちにアート作品が飾られていることもあります。

【所在地】
21世紀美術館
石川県金沢市広坂1-2-1

【開館時間】
展覧会ゾーン:午前10:00~午後6:00(金・土曜日は午後8:00まで)
交流ゾーン:午前9:00~午後10:00

【休館日】
展覧会ゾーン:月曜日(休日の場合は直後の平日)、年末年始
交流ゾーン:年末年始

【入場料】
美術館の建物への入館(交流ゾーン): 無料
展覧会ゾーンへの入場: 展覧会観覧券(有料)が必要。観覧券の料金は展示内容により異なる

【アクセス情報】
・バス
JR金沢駅バスターミナル東口5番乗り場からまちバス 金沢21世紀美術館・兼六園(真弓坂口) 徒歩すぐ
※土・日・祝日のみ運行
JR金沢駅バスターミナル東口7番乗り場から城下まち金沢周遊バス 広坂・21世紀美術館(石浦神社前) 徒歩すぐ
JR金沢駅バスターミナル東口6番乗り場から兼六園シャトル 広坂・21世紀美術館 徒歩すぐ

・電車
JR金沢駅東口 タクシー約10分

・車
北陸自動車道 金沢西IC 約20分
北陸自動車道 金沢東IC 約20分
北陸自動車道 金沢森本IC 約25分

【電話番号】
076-220-2800

魚介料理が美味しい

 (42916)

北陸といえば、日本海に面しているということで、魚介類の美味しい地域。もちろん、金沢もご多分にもれず、美味しい魚介類を食べることができます。なかでもおすすめは街の中心にある近江町市場です。

近江町市場で食べられる海鮮丼は、どれも見た目に美しい豪華なものばかり。赤身から白身までさまざまなお魚と、エビやカニ、イクラなどが彩りを添えてくれます。

午前中に市場の活気を見に行くもよし、ランチを食べにいくもよし。安くて美味しいアテをいただきながらお酒を飲むのも格別です。

【所在地】
石川県金沢市上近江町50

【営業時間】
店により異なりますが、だいたいの店舗が午前5:00頃〜午後5:00頃まで営業

【アクセス情報】
・電車
金沢駅から約15分

・車
森本ICから 約15分
金沢東ICから 約20分
金沢西ICから 約25分

【電話番号】
076-231-1462
35 件

新幹線+宿泊

夏休み・お盆休み特集

関連する記事 こんな記事も人気です♪

女子旅におすすめ!金沢のオススメ観光名所15選!

女子旅におすすめ!金沢のオススメ観光名所15選!

気心知れた仲間と巡る女子旅、楽しいですよね。そして、行き先が素晴らしければ、なおのことです。今回は、北陸新幹線開通により注目度が上がっており、女子旅の行き先としても人気の高い金沢を取り上げ、そのオススメの観光名所を10箇所紹介したいと思います。
3104punx | 65,870 view
ここだけは押さえてほしい!金沢の定番スポット1日モデルコース

ここだけは押さえてほしい!金沢の定番スポット1日モデルコース

金沢市内は観光名所がギュッと詰まっているのでバスや徒歩で気軽に回ることができます♪その中でも絶対に行っておきたい定番スポットを1日のモデルコースにしてみました!女子ならきっと買いたくなる人気のおみやげもご紹介します!
tabibitokaoru | 5,781 view
風情ある街並みを満喫♪金沢旅行でおすすめの楽しみ方とは?

風情ある街並みを満喫♪金沢旅行でおすすめの楽しみ方とは?

小京都のような昔懐かしい和の風情が楽しめる金沢旅行は、大人の方におすすめ。さまざまな魅力や楽しみ方がある金沢で、特におすすめのスポットや見どころをご紹介します。北陸新幹線でより便利になった金沢旅行に出かけてみませんか。
citron | 8,505 view
鉄女が行く!北陸新幹線での鉄道旅行記

鉄女が行く!北陸新幹線での鉄道旅行記

2015年に開業した「北陸新幹線」。食べ物がおいしくって、名所もたっぷりで、温泉もある、魅力ある北陸。新幹線で東京からは2時間28分なんて、行くっきゃないですよね♪
Tripα編集部 | 4,049 view
食材の宝庫♪石川県で食べるおすすめのご当地グルメ6選

食材の宝庫♪石川県で食べるおすすめのご当地グルメ6選

山海の幸に恵まれた石川県は、良質の素材から作られるご当地グルメが楽しめる場所。高級食材やB級グルメをはじめ、県内各地には、おいしいものが目白押しです!石川県でおすすめのご当地グルメをご紹介しますので、旅先でのお食事の参考にいかがでしょうか。
citron | 6,502 view

この記事のキュレーター

3104punx 3104punx
プロたび さおり 旅人かおる

Tripα新着記事を配信中!