ランカウイ島旅行のすすめ!子連れでも楽しめる観光地やおすすめホテル

マレーシア・ランカウイ島は、アンダマン海に浮かぶビーチリゾートです。エメラルドグリーンの海やマングローブの原生林など、子供と楽しみたい魅力的な風景が広がっていますよ。ここでは、親子で楽しめるランカウイ島の観光地やホテルを紹介します。

2019年7月16日 更新 1,667 view

ランカウイ島の気候と服装は

ランカウイ島はクアラルンプールの北西約400キロの距離にあり、日本からクアラルンプールを経由して8時間30分ほどで到着しますが、気候は全く異なります。

赤道にほど近いため一年中暖かく、『常夏の国』という言葉がぴったりです。ここでは、ランカウイ島の気候、加えてふさわしい服装や必携の持ち物を紹介します。

乾季と雨季に分かれるが基本的に暑い島

 (88026)

モンスーンの影響を受け、ランカウイ島の季節は『乾期』『雨期』の大きく二つに分かれています。

完全な乾期である12~3月は晴天が続きやすく、ビーチを楽しむにはぴったりです。日陰に入れば乾いた風が吹くため、暑くても心地よく過ごせるでしょう。

一方雨期になる4~11月は雨に出会うことが多くなります。とはいえ1日中降り続けるのはまれなため、ビーチや緑豊かな原生林でネイチャーリゾートを楽しめるでしょう。

熱帯雨林気候のため気温は常に高く、1年の日中平均気温は『27~33℃』、最低気温も『25℃』ほどあります。

ランカウイ島に行く際の服装や持ち物は

 (88037)

コートや防寒具とは無縁のランカウイ島では、基本的に日本の夏と同じ服装がおすすめです。

半袖シャツやワンピース、短パンなどが適していますが、通気性の高い生地を選ぶとより快適に過ごせます。できれば現地でバティック生地のウエアなどを購入してみてはいかがでしょうか。

また日差しも強いため、サングラスや帽子、ラッシュガード、日焼け止めは必須です。ただし室内は冷房で冷えている場所も多いため、冷房が苦手な人は羽織れる物を用意しましょう。

加えてランカウイ島では、雨対策も忘れてはいけません。乾期でも雨は降りますから、着替えを多めに用意したり乾きやすいサンダルや服装を選んだりしておくと安心でしょう。

ランカウイ島を満喫する過ごし方

ランカウイ島はあくせく動くよりも、のんびり過ごすのに適した場所です。子連れウエルカムな場所が多く、大人も子供も気後れせずに楽しめるでしょう。ここでは、親子一緒に満喫できるランカウイ島の過ごし方やスポットを紹介します。

基本的にのんびり過ごすリゾート地

 (88038)

ランカウイ島の魅力は、なんといっても島特有の美しい自然でしょう。

島内は開発が制限されているため、そこかしこに豊かな自然が残ります。どこに行っても都会の喧噪とは無縁で、ゆったりとした癒やしの時間を過ごせますよ。

親子で密林を歩いたり満天の星空を眺めたりなど楽しみ方はいろいろです。スケジュールを決めすぎず、気分に任せて楽しんでみてはいかがでしょうか。

アンダマンホテルなら子連れでも安心

ラグジュアリーなホテルは子供NGだったりサービスが制限されたりすることがありますよね。

ランカウイ島でのホテル選びに悩む方におすすめしたいのが、『ジ アンダマン ラグジュアリー コレクション リゾート ランカウイ』です。

手つかずの自然が残るランカウイ島北部にあり、『ダタイベイ』まで歩いて行けます。

リゾートホテルとはいえ、ややカジュアルめなので、子連れNGの場所などもありません。

『Young Explorer's Club』という子供向けの施設が利用できるほか、『Coral Nursery』ではガイド付きのシュノーケリングも楽しめます。

子供が参加できるアクティビティはたくさん用意されているので、親子で大自然を満喫してくださいね。
【所在地】Jalan Teluk Datai, Datai, Langkawi 07000, Malaysia
【電話番号】010 1 604-959-1088

地元でも人気のおすすめレストラン

ランカウイ島で美味しいシーフードを食べるなら、パンタイチェナンのメインストリートに面した『オーキッドリア(Orkid Ria、真浪花園海鮮)』がおすすめです。店内には観光客だけではなく地元民も多く、活気にあふれています。

オーキッドリアの人気の秘密は、何と言ってもシーフードが新鮮なことです。店の前にたくさんの水槽が並び、注文すればそこから生きた材料を取り出してそのまま調理してくれます。エビ、カニ、ホタテなど好きなものを選びましょう。

このほか店内では中華料理、マレーシア料理もいただけます。メニューは日本語表記もありますから、言葉に不安がある人も安心ですよ。
【所在地】Lot 1225, Pantai Cenang, Mukim Kedawang, 07000 Langkawi, Kedah, West
【営業時間】11~15時、18~23時
【アクセス】ランカウイ空港から車で10分
【電話番号】(04)955-4128 /

おすすめの観光スポットを紹介

のんびり穏やかに過ごすのがランカウイ島の醍醐味ですが、ちょっとアクティブに過ごしたい時もありますよね。そこでここでは、ランカウイ島のおすすめ観光スポットやショッピングスポットを紹介します。

入場無料 オリエンタル・ビレッジ

 (88039)

オリエンタル・ビレッジは、ランカウイ島唯一の無料テーマパークです。

島の北西部にあり、ケーブルカーや動物との触れあいコーナー、さらには象に乗って園内を散歩できるアトラクションもあります。レストランやお土産店もあるので、一日過ごしても楽しめるでしょう。

また、せっかく来園したら、一番人気のケーブルカーもおすすめです。山の上は眺望抜群なうえ様々な施設があります。テレビで紹介されたこともある吊り橋『スカイブリッジ』もあるので、絶景を満喫してくださいね。
【所在地】Burau Bay 07100 Langkawi, Kedah Malaysia
【営業時間】24時間開園しているが、ほとんどのテナントは10:00~19:00
【アクセス】ランカウイ空港から車で約20~30分
【電話番号】+60.4.959.3099
【入園料】無料

マリンスポーツが楽しめる パヤ島海洋公園

 (88040)

パヤ島はランカウイ島から高速ボートで50分ほどの場所にある小さな島です。

海洋環境を守るため宿泊施設等は無く、ツアーに参加しないと上陸できません。適切に保護された海の透明度や美しさは抜群で、シュノーケリングやダイビングには最適です。潮の流れも比較的穏やかなため、子連れでも安心して楽しめますよ。

海では『カクレクマノミ』などが見られるほか、運がよければナポレオン・フィッシュやウミガメなどの大物などに出会えるかもしれません。

お土産買うなら クア・タウン

 (88041)

マレーシアらしいお土産を買うなら、ランカウイ島中心部にあるクア・タウンで探しましょう。

ランカウイ島にはもう一つ『パンタイチェナン』という繁華街がありますが、クア・タウンはそちらよりもローカルな雰囲気です。夜にはランカウイ島一の規模を誇る『ナイトマーケット』も開催されるので、観光がてら歩いてみるとよいかもしれませんね。

また、近くには遊具が充実した『レジェンドパーク』という広い公園もあります。子供が買い物に飽きたらここで遊ぶのもよいでしょう。

まとめ

ランカウイ島は、大人も子供も楽しめるビーチリゾートです。子供向けの施設などは多くありませんが、豊かな自然との触れあいはどんなテーマパークよりも子供の心に残るでしょう。

あくせく観光したくない人、家族でのんびりすごしたい人は、ぜひランカウイ島に足を運んでみてくださいね。

マレーシア旅行・マレーシアツアーを探す

マレーシア旅行・マレーシアツアーを探す
クアラルンプールやペナン島、コタキナバルなど、見逃せない観光スポットが盛りだくさんのマレーシア旅行。添乗員同行の海外ツアーや、個人向けの海外旅行やフリープラン、格安ツアーまで豊富な品揃えでマレーシアの旅行やツアーを検索・予約できます。

新幹線+宿泊

【直前割】間際がお得セール

関連する記事 こんな記事も人気です♪

初めての旅行ならここは外せない!バリ島の定番観光スポット6選

初めての旅行ならここは外せない!バリ島の定番観光スポット6選

バリ島はインドネシアの人気ビーチリゾート。神秘的なパワースポットや豊かな自然など、ビーチ以外の魅力もたっぷりです!この記事ではバリ島の定番観光スポットをご紹介。特にバリ島観光が初めての人には外せないスポットをご紹介していきますね♪
coldbrew | 1,894 view
フーコック島観光のおすすめスポット!観光にぴったりの時期は?

フーコック島観光のおすすめスポット!観光にぴったりの時期は?

タイランド湾に浮かぶベトナム最大の離島『フーコック島』は、近年の観光開発によって外国人観光客からの人気も高まっているリゾート地です。フーコック島ならではのおすすめスポットや、観光にぴったりのシーズン・服装を紹介します。
hassy | 2,159 view
大自然を満喫したい方必見!セブ島のおすすめ観光地6選

大自然を満喫したい方必見!セブ島のおすすめ観光地6選

日本から行きやすいリゾート観光地として人気のセブ島。美しい海はもちろん様々なアクティビティがあり、思う存分大自然を満喫できます。また、格安でリゾート気分を味わえるのも魅力♪今回はセブ島が初めてでも楽しめる定番の観光地を厳選したので、ぜひ参考にしてみてください!
チャイラテ | 567 view
ニャチャンとフーコックどっち派?年末年始に行きたいベトナムのビーチリゾート

ニャチャンとフーコックどっち派?年末年始に行きたいベトナムのビーチリゾート

ベトナムでは、近年人気が高まっているダナンや、ベトナム有数のリゾート地であるニャチャンやフーコックなど、それぞれ特色のあるビーチリゾートがアツい!ハワイなどに比べて、値段も安価で行けるので、年末年始の旅行先の候補にもピッタリ!まだあまり知られていない楽園ニャチャンとフーコックをご紹介♪
akafu | 1,727 view
サムイ島観光の見どころとは?過ごし方やおすすめのホテルを紹介

サムイ島観光の見どころとは?過ごし方やおすすめのホテルを紹介

サムイ島は、プーケットと並んで人気のあるタイ有名ビーチリゾートです。綺麗なビーチでマリンスポーツを楽しんだり、常夏気分を味わいながらホテルでのんびりと過ごしたりできます。サムイ島観光の魅力やおすすめホテルなどを紹介します。
hassy | 635 view

この記事のキュレーター

hassy hassy