日本旅行トップ海外旅行・海外ツアーおすすめ旅行先 ヨーロッパ旅行・ヨーロッパツアー オランダ旅行・オランダツアー アムステルダム旅行・アムステルダムツアー

[ ここから本文です ]

ゴッホ美術館旅行・ゴッホ美術館ツアー

ゴッホ美術館
ゴッホ美術館 イメージ

ゴッホ美術館

"1973年、建築家リートフェルトの設計により開館。ヴィンセント・ファン・ゴッホ作品の世界最大のコレクションを所有している。
後期印象派を代表するヴィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)は37年間という短い一生を、炎のように駆け抜け、社会的地位や、世俗的成功を求めず、ただ自分の信念に従って制作することに命を燃やした画家である。その画業期間は、わずか10年間。
1891年、弟のテオが兄の後を追うようにして息をひきとった後、手元に残された油絵、デッサン、手紙などをテオの未亡人ヨハンナが整理してまとめ、作品の展覧会を助けた。そのあとを引き継いだ息子は、当時、市立美術館に貸与されていたこれらの作品と手紙を、今日の国立ゴッホ美術館に永久貸与した。
現在確定している遺作として、油絵870点の内200点、デッサン1,200点の内580点、これに彼が友人に宛てた手紙等700点が所蔵されている。
フロアーは4つあり、1階はゴッホ以外の19世紀の作品が展示され、2階には彼の作品が年代順に展示されている。ここでは、初期の暗い色調から一転して明るい色が入るようになり、やがて彼独特のうねるようなタッチが生まれるまでの変遷を見ることができる。3階にはスケッチや版画など、4階はゴッホ以降の画家の作品が展示されている。
1999年6月には日本の建築家黒川紀章の設計によるエキシビション・ウイングも開館した。
主な所蔵品(展示品は変更になっている場合もあります。)
ビンセント・バン・ゴッホ:<馬鈴薯を食べる人々><イーゼルの前の自画像><灰色の帽子を破った自画像><桃畑><麦畑><ひまわり><跳ね橋><漁船><黄色い家><ルーラン夫人><日本趣味・大橋辺りの夕立(広重写し)><花咲く巴旦杏の枝><サント・マリー・ド・ラメールの小舟><鳥の群れ飛ぶ麦畑>
"

※ツアーによってはゴッホ美術館を訪れない場合もございます。
詳しくはツアー詳細をご確認ください。

主要な出発空港から選ぶ

  • 東京/成田
  • 東京/羽田
  • 大阪/関空
  • 名古屋/中部
  • 札幌
  • 福岡
該当するツアーはありません。

インターネット限定格安海外ツアー

スマートフォンから海外ツアーの予約が出来ます。 人気の海外ツアーを1万件以上掲載。専用ページ簡単に検索&予約が可能です。

フォトマップヨーロッパ