日本旅行トップ > 星のある風景フォトコンテスト

星のある風景フォトコンテスト

「第2回 星のある風景フォトコンテスト」では、星にまつわる「自然」「広い風景」「山」「海」「建造物」「水鏡」「人のいる景色」「自由」
8つをテーマに、旅先での大自然や都会で撮影した写真を募集しました。
応募総数約1,113作品の中から、受賞した作品をここで発表いたします。(敬称略)

グランプリ

「彼方へ」妹尾 憲絵(北海道)

彼方へ

選評

成澤広幸

南中する冬の大三角に薄く雲がかかり、ソフトフィルターの効果を演出しています。帯広方面の光害も、作品に柔らかさをプラスしています。快晴の星空でないことが逆に作品を深みのあるものに仕上げていると感じました。

板見浩史

北海道の国鉄遺構、タウシュベツ橋梁と星空を組み合わせた作品。デリケートな露出設定を巧みに駆使して、まるで太古の遺跡と宇宙であるかのような深淵なイメージを創り上げた点が成功。遠景の地上光も神々しく効果的でした。

準グランプリ

「威風堂々」猪原 寛(長野県)

威風堂々

「威風堂々」猪原 寛(長野県)

選評

成澤広幸

険しい山肌と天の川、そこに絡む雲に雄々しさを感じます。静止画ですがスピード感のある作品です。登山が伴う山岳星景撮影は、充分な登山経験を積んで、より経験のある登山者と共に行動して撮影するようにしましょう。

板見浩史

天の川を縦位置で大きく捉え、雪山とともに実に伸び伸びと画面構成した点が素晴らしいと思いました。雪面の質感もよく出ており、こうした地上部のディテールと雄大な宇宙との対比が作品のスケール感をいっそう際立たせています。

「Moonlight」白山 健悦(岩手県)

選評

成澤広幸

北極星の角度と氷瀑から、岩手の北緯の高さと寒さを感じられる作品です。もう少し左に構図を振れば、北極星の中心が入りますが、空の面積が増えるので悩ましいところですね。水平線を横切る漁船の光が、アクセントになっていて好きです。

板見浩史

画面を二分するダイナミックな星の動きと氷結した崖とで構成された、非常に力強い星景写真です。左下部にわずかに写し込んだ水平線と波の描写も魅力的。北極星方向を左隅に置いたことも画面の安定上、良い判断でした。

「Moonlight」白山 健悦(岩手県)

Moonlight

特選

一本の木と天の川

「一本の木と天の川」塚原 誠(長野県)

星降る錦帯橋

「星降る錦帯橋」竹下 政博(山口県)

火映の夜

「火映の夜」竹下 政博(鹿児島県)

天上の銀河

「天上の銀河」横江 憲一(北海道)

地上の星と空の星と

「地上の星と空の星と」加藤 健(滋賀県)

芝桜を照す大河

「芝桜を照す大河」今野 剛志(埼玉県)

入選

初夏の共演

「初夏の共演」福田 尚人(兵庫県)

寒咲きハナナを巡る星

「寒咲きハナナを巡る星」福田 尚人(滋賀県)

夢風車とオリオン

「夢風車とオリオン」福田 尚人(滋賀県)

この空へロッククライミング

「この空へロッククライミング」大橋 秀樹(千葉県)

銀河に咲く

「銀河に咲く」細井 健司(山梨県)

冬銀河と私

「冬銀河と私」家田 寛人(長野県)

地球と宇宙

「地球と宇宙」山下 徹志(鹿児島県)

田代平湿原の星空

「田代平湿原の星空」白山 健悦(青森県)

恋人の聖地の天の川

「恋人の聖地の天の川」塚原 誠(三重県)

未明のシャワー

「未明のシャワー」及川 勇孝(岩手県)

平成最期の桜開花

「平成最期の桜開花」佐山 勝信(福島県)

御嶽山から昇る天の川2

「御嶽山から昇る天の川2」塚原 誠(岐阜県)

棚田グルグル

「棚田グルグル」國光 俊輔(兵庫県)

のろし台に立ち上がる天の川

「のろし台に立ち上がる
天の川」國光 俊輔(鳥取県)

トトロの森に架かる天の川

「トトロの森に架かる
天の川」國光 俊輔(埼玉県)

星に願いを

「星に願いを」吉田 和男(群馬県)

風車を臨む北極星

「風車を臨む北極星」森戸 延行(千葉県)

続く道の向こうに

「続く道の向こうに」青木 竜二(石川県)

未明の打ち上げ

「未明の打ち上げ」竹下 政博(鹿児島県)

富士山とカシオペアとふたご座流星群

「富士山とカシオペアと
ふたご座流星群」東郷 貴仁(静岡県)

月夜茸

「月夜茸」市川 尊之(広島県)

Mysterious Night

「Mysterious Night」床井 励(茨城県)

白鳥眠る湖畔

「白鳥眠る湖畔」関口 陽子(山梨県)

見上げた夜空

「見上げた夜空」依田 貴臣(長野県)

雪原に降る星

「雪原に降る星」依田 貴臣(群馬県)

弥八島の春夜

「弥八島の春夜」加藤 健(愛知県)

教会と冬の星空

「教会と冬の星空」上田 達哉(北海道)

雨あがりの洗い流された世界

「雨あがりの洗い流された
世界」八郷 未世子(栃木県)

夜の主役

「夜の主役」猪原 寛(長野県)

残雪の渋峠に立ち昇る

「残雪の渋峠に立ち昇る」石川 了輔(群馬県)

starbridge

「starbridge」西本 裕貴(奈良県)

冬の三重塔

「冬の三重塔」大島 市郎(福島県)

紅富士に流れる天の川

「紅富士に流れる天の川」鈴木 克哉(山梨県)

見上げればオリオン

「見上げればオリオン」鈴木 克哉(千葉県)

夜のミヤマキリシマ

「夜のミヤマキリシマ」佐藤 凌(大分県)

天の川を駆ける光

「天の川を駆ける光」芳賀 麻美(長野県)

星降る夜

「星降る夜」仲村 ひろみ(沖縄県)

Stripes

「Stripes」松井 大典(新潟県)

満開の星空

「満開の星空」吉田 昌弘(長野県)

宇宙のバックパッカー

「宇宙のバックパッカー」矢作 有理(福島県)

神秘の丘

「神秘の丘」矢作 有理(静岡県)

奔流

「奔流」むちにぃ(沖縄県)

銀河を覗く天空の里

「銀河を覗く天空の里」塩島 広大(山梨県)

お社の森と星空

「お社の森と星空」中村 重敏(山形県)

ひき潮

「ひき潮」阿部 洋一(岩手県)

裏磐梯のメルヘン

「裏磐梯のメルヘン」中野 一夫(福島県)

クリスマスの夜

「クリスマスの夜」加藤 久豊(北海道)

星降る岬

「星降る岬」井上 敏和(京都府)

福知山城

「福知山城」高山 一成(京都府)

哀しみの首塚

「哀しみの首塚」西村 充康(奈良県)

星の軌跡

「星の軌跡」佐藤 悦雄(広島県)

明智の星空

「明智の星空」佐藤 悦雄(鳥取県)

天の川を渡る

「天の川を渡る」吉田 美穂(高知県)

星ふる棚田

「星ふる棚田」長瀬 みえ(山口県)

里山の星空

「里山の星空」嘉藤 悦子(岡山県)

綱掛岩の星空

「綱掛岩の星空」竹内 良弘(愛媛県)

早春の星空

「早春の星空」坂田 武司(岡山県)

春 星が舞う

「春 星が舞う」浦川 武弘(長崎県)

社の星

「社の星」谷口 武行(佐賀県)

総評

成澤広幸

皆さまご応募いただきありがとうございました。前回同様に、今回も大変悩みました! 撮影技術・画像処理に偏ってしまいがちなジャンルですが、板見様と2人で選出することで星空だけにとらわれない選定ができたのではと思います。

板見浩史

天空の星と地上の被写体との組み合わせに、各作品ともそれぞれ独自の発想とアプローチに基づいていて、まさに百花繚乱といった趣のあるコンテストでした。上位まで残った作品の多くが今日の星景写真の最高レベルにあるといっても過言ではありません。