日本旅行 トップ > 国内旅行・国内ツアー > 定番特集 > 日本の世界遺産 > 福岡

[ ここから本文です ]

日本の世界遺産-福岡

にっぽんの世界遺産

世界遺産マップへ戻る

【福岡】『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群【福岡】『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群

イメージ

現在まで守られてきたご神体現在まで守られてきたご神体

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群は、福岡県宗像市のの神湊の北60kmに位置し、2017年に世界文化遺産に登録されました。
構成資産は沖ノ島への信仰を今に継承する宗像大社の社殿群と3つの岩礁、古代有力氏族の墓域である新原・奴山古墳群も含まれます。
島そのものがご神体であり、宗像三女神を祀る宗像大社信仰や、大宮司家宗像氏にまつわる史跡・文化財を対象とするものであり、自然崇拝を元とする固有の信仰・祭祀が4世紀以来現代まで継承されている点などが評価されています。
宗像大社沖津宮は沖ノ島原始林が国の天然記念物に指定され、遺跡からは東アジアとの交易品など、約8万点の出土品が国宝に指定されています。
信仰の対象だった沖ノ島は厳しく入島を制限し、現在は一般の方の入島が全面的に禁止されていますが、大島の沖津宮遙拝所からは沖ノ島を拝むことができます。
イメージ イメージ

世界遺産周辺に泊まる宿アイコン周辺に泊まる

アクセスガイドマップアイコンアクセスガイド

東京からのアクセス

東京(新幹線約4時間40分)⇒小倉(電車約40分)⇒福間(バス約20分)⇒宗像市

大阪からのアクセス

大阪(新幹線約2時間30分)⇒博多(電車約30分)⇒福間(バス約20分)⇒宗像市

名古屋からのアクセス

名古屋(新幹線約3時間)⇒小倉(電車約40分)⇒福間(バス約20分)⇒宗像市

福岡からのアクセス

博多(バス約1時間)⇒宗像市

 

詳細MAPはこちら