海外旅行保険のご案内

募集型企画旅行にお申込みの方限定!安心の海外旅行総合保険付き!!
(引受保険会社:損害保険ジャパン株式会社)
旅行中に新型コロナウイルスへの感染をはじめ、病気やケガになったら・・・ そのような事態に備えた安心サービスをご提供します!
新型コロナウイルスへの感染を含む旅行中のもしもの時にも安心の海外旅行総合保険が付いているので安心!
ご旅行中の新型コロナウイルスへの感染をはじめ、疾病・傷害治療及び救援者費用を最大1,000万円までサポート!
※募集型企画旅行にお申込みの方に限ります。
※適用に際し、条件があります。詳しくは、下記「補償内容のご説明」をご覧ください。
※本保険には賠償責任保険は付帯されておりません。また、1,000万円を超える治療費及び救援者費用が生じる場合もあるため、お客様ご自身でも別途十分な補償が組み込まれた海外旅行保険にご加入されることを強くお勧めいたします。
対象となるツアー
●ベストツアー及び海外ダイナミックパッケージの募集型企画旅行
※海外航空券、海外ホテル及び海外航空券+ホテルの手配旅行商品につきましては対象外となります。
適用される事例(一例) 
①旅行中に新型コロナウイルスに感染。現地で1週間入院した。 ②旅行中に同行者が新型コロナウイルスに感染。自身は陰性だが看病の為、予定の旅行日数を超えて現地に滞在をした。 ③旅行中に新型コロナウイルスに感染。看病の為、旅行先への家族の渡航が必要となった。 ④旅行中運転する車に乗っているときに、車がスピン。右手を骨折し、手術後5日間入院した。 ⑤めまいと右半身の痺れにおそわれ、救急車で搬送された。脳血管疾患と診断されそのまま入院。15日間の入院後、医師・看護師付き添いのもと医師の判断によりビジネスクラスで日本に帰国した。
①旅行中に新型コロナウイルスに感染。現地で1週間入院した。
②旅行中に同行者が新型コロナウイルスに感染。自身は陰性だが看病の為、予定の旅行日数を超えて現地に滞在をした。
③旅行中に新型コロナウイルスに感染。看病の為、旅行先への家族の渡航が必要となった。
④旅行中運転する車に乗っているときに、車がスピン。右手を骨折し、手術後5日間入院した。
⑤めまいと右半身の痺れにおそわれ、救急車で搬送された。脳血管疾患と診断されそのまま入院。15日間の入院後、医師・看護師付き添いのもと医師の判断によりビジネスクラスで日本に帰国した。
もしもの時のサポート内容
キャッシュレス治療の手配 ● キャッシュレス治療が可能な病院をご利用いただく場合、病院への支払保証のご連絡をします。
● すでに病院等を受診されている場合、病院側へキャッシュレス治療提供の交渉をします。
病院/医師の紹介・予約 ● 病状、滞在地、診察希望時間帯にあわせ、病院/医師を紹介・予約します。
● 宿泊施設滞在中で緊急の場合、宿泊施設のフロントと連絡をとり、往診手配・救急車手配をします。
医療通訳サービス ● ケガや病気で医師の治療を受けられる場合、必要に応じて、電話による医療通訳サービスを提供します。
ご家族等の救援者へのサポート ● 3日以上続けて入院された場合、病院へ駆けつけるご家族の渡航のお手伝いをします。
緊急移送手配 ● 事故現場への救急車・緊急ヘリ・緊急医療チーム派遣手配をします。
● チャーター機・付き添い医師/看護師の手配をします。
● 移送先となる最寄り先進国における受け入れ病院の手配をします。
退院後の帰国手配 ● 帰国便の手配をします。日本の病院へ転院の場合、航空会社への患者搭乗手続きをします。
● 主治医の指示に基づく付き添い医師/看護師の手配をします。
キャッシュレス治療の手配
● キャッシュレス治療が可能な病院をご利用いただく場合、病院への支払保証のご連絡をします。
● すでに病院等を受診されている場合、病院側へキャッシュレス治療提供の交渉をします。
病院/医師の紹介・予約
● 病状、滞在地、診察希望時間帯にあわせ、病院/医師を紹介・予約します。
● 宿泊施設滞在中で緊急の場合、宿泊施設のフロントと連絡をとり、往診手配・救急車手配をします。
医療通訳サービス
● ケガや病気で医師の治療を受けられる場合、必要に応じて、電話による医療通訳サービスを提供します。
ご家族等の救援者へのサポート
● 3日以上続けて入院された場合、病院へ駆けつけるご家族の渡航のお手伝いをします。
緊急移送手配
● 事故現場への救急車・緊急ヘリ・緊急医療チーム派遣手配をします。
● チャーター機・付き添い医師/看護師の手配をします。
● 移送先となる最寄り先進国における受け入れ病院の手配をします。
退院後の帰国手配
● 帰国便の手配をします。日本の病院へ転院の場合、航空会社への患者搭乗手続きをします。
● 主治医の指示に基づく付き添い医師/看護師の手配をします。
各国の政治情勢、医療設備の整っていない地域、事故受付時間帯、事故場所、電話事情等によっては、サービスが提供できない、または、時間が かかる場合があります。
本サービスは予告なく変更または中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
本サービスのご連絡先などの詳しい内容につきましては、こちらのポケットガイド(ご契約のしおり・約款集)をご確認ください。
補償内容のご説明
保険金をお支払いする主な場合 保険金をお支払いできない主な場合
次に掲げる費用のうち現実に支出した金額をお支払いします。ただし、社会通念上妥当な額 とし、ケガまたは病気等の事由の発生1回につき、治療・救援費用保険金額を限度とします。
【治療費用部分】 被保険者が以下の①~③のいずれかに該当したことにより、以下のア.~キ.等の費用(※1) のうち被保険者が治療のため現実に支出した金額(※2)をお支払いします。ただし、①に該当 した場合は事故の発生の日から、②または③に該当した場合は医師の治療を開始した日か らその日を含めて180日以内に受けた治療に要した費用にかぎります。 <お支払対象となる場合> ■傷害治療費用
責任期間中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガのため、医師の治療を受けた場合 ■疾病治療費用 責任期間中に発病した病気(※3)または責任期間終了後72時間以内に発病した病気によ り、責任期間終了後72時間を経過するまでに医師の治療を開始した場合。ただし、責任 期間終了後72時間を経過するまでに発病した病気の原因が、責任期間中に発生したも のにかぎります。 責任期間中に特定の感染症に感染したことにより、責任期間が終了した日からその日を含めて30日を経過するまでに医師の治療を開始した場合 (※1) 国内外を問わず治療を受けた被保険者が病院等に直接支払う費用をいいます。ただ し、健康保険・労災保険および海外における同様の制度等により直接支払う必要のな い費用は除きます。以下同様とします。 (※2) カイロプラクティック、鍼(はり)または灸(きゅう)の施術者による治療のために支出し た金額は対象になりません。 (※3) 責任期間開始前から発病していたと医師が診断した場合(既往症や持病)等は、被保険者の自覚の有無を問わず対象になりません。ただし、疾病に関する応急治療・救援 費用をセットした場合、対象になることがあります。 (注) 病気の原因の発生時期、発病の時期、治療を開始した時期等は医師の診断によります。以下、治療・救援費用において同様とします。 <お支払対象となる主な費用> ア. 医師または病院に支払った診察費・入院費等の費用 イ. 義手および義足の修理費(ケガの場合のみ) ウ. 入院または通院のための交通費 エ. 治療のために必要な通訳雇入費 オ. 保険金請求のために必要な医師の診断書の費用 カ. a.入院により必要となった国際電話料等通信費
b.入院に必要な身の回り品購入費(5万円を限度とします。)
ただし、1回のケガまたは1回の病気につき、a.b.を合計して20万円を限度とします。
キ. 当初の旅行行程を離脱したことで必要となった当初の旅行行程に復帰または直接帰国 するための交通費および宿泊費。ただし、払戻しを受けた金額または負担することを予 定していた金額は差し引いてお支払いします。 など 【救援費用部分】 被保険者が以下の①~⑦等のいずれかに該当したことにより、以下のア.~カ.等の費用のう ち保険契約者、被保険者または被保険者の親族が現実に支出した金額をお支払いします。
(*)「救援者」の範囲につきましては、「被保険者の親族(これらの代理人を含む)」となりますので、法律上の「親族」以外の方(ご家族がご事情で現地に駆けつけられないため、友人や会社の同僚が駆けつける場合など)でも、救援者として現地へ駆けつける際にかかった費用をお支払いします。 また、親族の代理として旅行の同行者が付き添う場合も、救援者費用等補償特約の対象となります。
<お支払対象となる主な場合> 責任期間中に急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされ、継続して3日以上入院された場合 責任期間中に発病した病気(妊娠、出産、早産、または流産に起因する疾病、歯科疾病は含まれません。)により継続して3日以上入院された場合。ただし、責任期間中に医師の治 療を開始していた場合にかぎります。 責任期間中に搭乗している航空機・船舶が行方不明になった場合 責任期間中に急激かつ偶然な外来の事故によって被保険者の生死が確認できない場合 責任期間中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガまたは自殺行為により、事故の発生 または行為の日からその日を含めて180日以内に死亡された場合 病気または妊娠、出産、早産、もしくは流産を直接の原因として責任期間中に死亡された場合 責任期間中に発病した病気により、責任期間が終了した日からその日を含めて30日以内 に死亡された場合。ただし、責任期間中に医師の治療を開始し、かつその後も引き続き治 療を受けていた場合にかぎります。 など <お支払対象となる主な費用> ア. 遭難した被保険者を捜索、救助または移送する活動に要した費用 イ. 救援者(※1)の現地(※2)までの航空機等の往復運賃(救援者3名分を限度とします。) ウ. 現地および現地までの行程における救援者の宿泊施設の客室料(救援者3名分を限度とし、かつ救援者1名につき14日分を限度とします。) エ. 治療を継続中の被保険者を自国の病院等へ移転するための費用。ただし、払戻しを受け た運賃または負担することを予定していた運賃および治療費用部分で支払われるべき 費用は差し引いてお支払いします。 オ. a.救援者の渡航手続費
b.救援者・被保険者が現地で支出した交通費
c.被保険者の入院・救援に必要な身の回り品購入費および国際電話料等通信費
ただし、治療費用部分で支払われる費用を除き、a.~c.を合計して20万円を限度とします。
カ.被保険者が死亡した場合の遺体処理費用(100万円を限度とします。)および自国への遺体輸送費用。
ただし、払戻しを受けた運賃または負担することを予定していた運賃等 は差し引いてお支払いします。 など
(※1) 現地へ赴く被保険者の親族(これらの方の代理人を含みます。)をいいます。 (※2) 事故発生地、被保険者の収容地または被保険者の勤務地をいいます。
【傷害治療費用部分】 故意または重大な過失 自殺行為、犯罪行為または闘争行為 戦争、その他の変乱(テロ行為を除きます。)、核燃料 物質等 無資格運転、酒気を帯びた状態での運転または麻薬、 シンナー等により正常な運転ができないおそれがあ る状態での運転 妊娠、出産、早産または流産 頸(けい)部症候群(いわゆる「むちうち症」)、腰痛等で 医学的他覚所見のないもの 自動車、原動機付自転車等による競技、競争、興行(これら に準ずるものおよび練習を含みます。)の間の事故 脳疾患、疾病または心神喪失 など 【疾病治療費用部分】 故意または重大な過失 自殺行為、犯罪行為または闘争行為 戦争、その他の変乱(テロ行為を除きます。)、核燃料 物質等 妊娠、出産、早産または流産 歯科疾病 頸(けい)部症候群(いわゆる「むちうち症」)、腰痛等で医学的他覚所見のないものなど
【救援費用部分】 故意または重大な過失 戦争、その他の変乱(テロ行為を除きます。)、核燃料 物質等 無資格運転、酒気を帯びた状態での運転 (いずれも 事故の発生の日からその日を含めて180日以内にケガにより死亡された場合を除きます。) 自殺行為、犯罪行為または闘争行為(責任期間中に被保険者が自殺行為を行った場合で、その行為の日からその日を含めて180日以内に死亡されたときを除きます。) 麻薬、シンナー等により正常な運転ができないおそれ がある状態での運転 妊娠、出産、早産または流産に起因する疾病による入院 歯科疾病による入院 頸(けい)部症候群(いわゆる「むちうち症」)、腰痛等で 医学的他覚所見のないもの など
保険金をお支払いする主な場合
次に掲げる費用のうち現実に支出した金額をお支払いします。ただし、社会通念上妥当な額 とし、ケガまたは病気等の事由の発生1回につき、治療・救援費用保険金額を限度とします。
【治療費用部分】 被保険者が以下の①~③のいずれかに該当したことにより、以下のア.~キ.等の費用(※1) のうち被保険者が治療のため現実に支出した金額(※2)をお支払いします。ただし、①に該当 した場合は事故の発生の日から、②または③に該当した場合は医師の治療を開始した日か らその日を含めて180日以内に受けた治療に要した費用にかぎります。 <お支払対象となる場合> ■傷害治療費用
責任期間中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガのため、医師の治療を受けた場合 ■疾病治療費用 責任期間中に発病した病気(※3)または責任期間終了後72時間以内に発病した病気によ り、責任期間終了後72時間を経過するまでに医師の治療を開始した場合。ただし、責任 期間終了後72時間を経過するまでに発病した病気の原因が、責任期間中に発生したも のにかぎります。 責任期間中に特定の感染症に感染したことにより、責任期間が終了した日からその日を含めて30日を経過するまでに医師の治療を開始した場合 (※1) 国内外を問わず治療を受けた被保険者が病院等に直接支払う費用をいいます。ただ し、健康保険・労災保険および海外における同様の制度等により直接支払う必要のな い費用は除きます。以下同様とします。 (※2) カイロプラクティック、鍼(はり)または灸(きゅう)の施術者による治療のために支出し た金額は対象になりません。 (※3) 責任期間開始前から発病していたと医師が診断した場合(既往症や持病)等は、被保険者の自覚の有無を問わず対象になりません。ただし、疾病に関する応急治療・救援 費用をセットした場合、対象になることがあります。 (注) 病気の原因の発生時期、発病の時期、治療を開始した時期等は医師の診断によります。以下、治療・救援費用において同様とします。 <お支払対象となる主な費用> ア. 医師または病院に支払った診察費・入院費等の費用 イ. 義手および義足の修理費(ケガの場合のみ) ウ. 入院または通院のための交通費 エ. 治療のために必要な通訳雇入費 オ. 保険金請求のために必要な医師の診断書の費用 カ. a.入院により必要となった国際電話料等通信費
b.入院に必要な身の回り品購入費(5万円を限度とします。)
ただし、1回のケガまたは1回の病気につき、a.b.を合計して20万円を限度とします。
キ. 当初の旅行行程を離脱したことで必要となった当初の旅行行程に復帰または直接帰国 するための交通費および宿泊費。ただし、払戻しを受けた金額または負担することを予 定していた金額は差し引いてお支払いします。 など 【救援費用部分】 被保険者が以下の①~⑦等のいずれかに該当したことにより、以下のア.~カ.等の費用のう ち保険契約者、被保険者または被保険者の親族が現実に支出した金額をお支払いします。
(*)「救援者」の範囲につきましては、「被保険者の親族(これらの代理人を含む)」となりますので、法律上の「親族」以外の方(ご家族がご事情で現地に駆けつけられないため、友人や会社の同僚が駆けつける場合など)でも、救援者として現地へ駆けつける際にかかった費用をお支払いします。 また、親族の代理として旅行の同行者が付き添う場合も、救援者費用等補償特約の対象となります。
<お支払対象となる主な場合> 責任期間中に急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされ、継続して3日以上入院された場合 責任期間中に発病した病気(妊娠、出産、早産、または流産に起因する疾病、歯科疾病は含まれません。)により継続して3日以上入院された場合。ただし、責任期間中に医師の治 療を開始していた場合にかぎります。 責任期間中に搭乗している航空機・船舶が行方不明になった場合 責任期間中に急激かつ偶然な外来の事故によって被保険者の生死が確認できない場合 責任期間中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガまたは自殺行為により、事故の発生 または行為の日からその日を含めて180日以内に死亡された場合 病気または妊娠、出産、早産、もしくは流産を直接の原因として責任期間中に死亡された場合 責任期間中に発病した病気により、責任期間が終了した日からその日を含めて30日以内 に死亡された場合。ただし、責任期間中に医師の治療を開始し、かつその後も引き続き治 療を受けていた場合にかぎります。 など <お支払対象となる主な費用> ア. 遭難した被保険者を捜索、救助または移送する活動に要した費用 イ. 救援者(※1)の現地(※2)までの航空機等の往復運賃(救援者3名分を限度とします。) ウ. 現地および現地までの行程における救援者の宿泊施設の客室料(救援者3名分を限度とし、かつ救援者1名につき14日分を限度とします。) エ. 治療を継続中の被保険者を自国の病院等へ移転するための費用。ただし、払戻しを受け た運賃または負担することを予定していた運賃および治療費用部分で支払われるべき 費用は差し引いてお支払いします。 オ. a.救援者の渡航手続費
b.救援者・被保険者が現地で支出した交通費
c.被保険者の入院・救援に必要な身の回り品購入費および国際電話料等通信費
ただし、治療費用部分で支払われる費用を除き、a.~c.を合計して20万円を限度とします。
カ.被保険者が死亡した場合の遺体処理費用(100万円を限度とします。)および自国への遺体輸送費用。
ただし、払戻しを受けた運賃または負担することを予定していた運賃等 は差し引いてお支払いします。 など
(※1) 現地へ赴く被保険者の親族(これらの方の代理人を含みます。)をいいます。 (※2) 事故発生地、被保険者の収容地または被保険者の勤務地をいいます。
保険金をお支払いできない主な場合
【傷害治療費用部分】 故意または重大な過失 自殺行為、犯罪行為または闘争行為 戦争、その他の変乱(テロ行為を除きます。)、核燃料 物質等 無資格運転、酒気を帯びた状態での運転または麻薬、 シンナー等により正常な運転ができないおそれがあ る状態での運転 妊娠、出産、早産または流産 頸(けい)部症候群(いわゆる「むちうち症」)、腰痛等で 医学的他覚所見のないもの 自動車、原動機付自転車等による競技、競争、興行(これら に準ずるものおよび練習を含みます。)の間の事故 脳疾患、疾病または心神喪失 など 【疾病治療費用部分】 故意または重大な過失 自殺行為、犯罪行為または闘争行為 戦争、その他の変乱(テロ行為を除きます。)、核燃料 物質等 妊娠、出産、早産または流産 歯科疾病 頸(けい)部症候群(いわゆる「むちうち症」)、腰痛等で医学的他覚所見のないものなど
【救援費用部分】 故意または重大な過失 戦争、その他の変乱(テロ行為を除きます。)、核燃料 物質等 無資格運転、酒気を帯びた状態での運転 (いずれも 事故の発生の日からその日を含めて180日以内にケガにより死亡された場合を除きます。) 自殺行為、犯罪行為または闘争行為(責任期間中に被保険者が自殺行為を行った場合で、その行為の日からその日を含めて180日以内に死亡されたときを除きます。) 麻薬、シンナー等により正常な運転ができないおそれ がある状態での運転 妊娠、出産、早産または流産に起因する疾病による入院 歯科疾病による入院 頸(けい)部症候群(いわゆる「むちうち症」)、腰痛等で 医学的他覚所見のないもの など
注意事項
【保険期間】
  • 保険期間は、所定の集合地に集合してから、所定の解散地で解散するまでとなります。
    ※出発空港にて弊社スタッフによるご案内がない商品の保険期間は、開始は空港敷地に入った時、終了は空港敷地を出るまでとなります。
【補償重複について】
  • 補償内容が同様のご契約(※)が他にある場合は、補償が重複することがあります。
    補償が重複すると、対象となる事故については、どちらのご契約からでも補償されますが、いずれか一方のご契約からは保険金が支払われない場合があります。
    (※)海外旅行総合保険以外のご契約にセットされる特約や他社のご契約を含みます。
【保険会社破綻時の取扱い】
  • 引受保険会社が経営破綻した場合または引受保険会社の業務もしくは財産の状況に照らして事業の継続が困難となり、法令に定める手続きに基づきご契約条件の変更が行われた場合は、ご契約時にお約束した保険金・解約返れい金等のお支払いが一定期間凍結されたり、金額が削減されることがあります。
    この保険は損害保険契約者保護機構の補償対象となりますので、引受保険会社が経営破綻した場合は、保険金・解約返れい金等の8割まで(ただし、破綻時から3か月までに発生した事故による保険金は全額)が補償されます。
【その他】

海外検索トップへ