日本旅行 トップ > 国内旅行・国内ツアー > 定番特集 > 日本の世界遺産 > 法隆寺地域の仏教建造物

[ ここから本文です ]

[法隆寺地域の仏教建造物]世界遺産周辺のお宿の宿泊プランやJR・新幹線または航空と宿泊がセットになったプランを楽々検索!国内旅行/国内ツアーなら日本旅行!

にっぽんの世界遺産

世界遺産マップへ戻る

【奈良】法隆寺地域の仏教建造物

イメージ

飛鳥時代からの傑作を今に・・・

法隆寺をはじめとする奈良県生駒郡斑鳩町の仏教建築物は聖徳太子と縁が深く、中国の六朝時代の建築の影響を多大に受けています。
斑鳩の里の中央に位置する「法隆寺」は607年、聖徳太子と推古天皇によって創建。1993年日本の世界文化遺産としていち早く登録されました。金堂や五重塔は、飛鳥時代の様式を今に伝え、気高さを感じさせます。世界最古の木造塔と知られる五重塔や、西院伽藍も現存する世界最古の木造建築物群とされ、法隆寺境内の建築物群は木造建築としての構造・配置両観点から傑作とされています。
同じく「法隆寺地域の仏教建造物」の一部として世界遺産に登録された「法起寺」。創建当時から現存する三重塔は、高さ24メートルで、現存最古の三重塔です。
イメージ
イメージ

世界遺産周辺に泊まる

アクセスガイド

東京からのアクセス
東京(新幹線約2時間40分)⇒新大阪(JR東海道・山陽本線約4分)⇒大阪(JR環状線約15分)⇒天王寺(JR関西本線約21分)⇒法隆寺(路線バス約8分)⇒法隆寺門前
大阪からのアクセス
大阪(JR環状線約15分)⇒天王寺(JR関西本線約21分)⇒法隆寺(路線バス約8分)⇒法隆寺門前
名古屋からのアクセス
名古屋(新幹線約50分)⇒新大阪(JR東海道・山陽本線約4分)⇒大阪(JR環状線約15分)⇒天王寺(JR関西本線約21分)⇒法隆寺(路線バス約8分)⇒法隆寺門前
福岡からのアクセス
博多(新幹線約2時間35分)⇒新大阪(JR東海道・山陽本線約4分)⇒大阪(JR環状線約15分)⇒天王寺(JR関西本線約21分)⇒法隆寺(路線バス約8分)⇒法隆寺門前
 

詳細MAPはこちら