日本旅行 トップ > 国内旅行・国内ツアー > 定番特集 > 日本の世界遺産 > 日光の社寺

[ ここから本文です ]

[日光の社寺]世界遺産周辺のお宿の宿泊プランやJR・新幹線または航空と宿泊がセットになったプランを楽々検索!国内旅行/国内ツアーなら日本旅行!

にっぽんの世界遺産

世界遺産マップへ戻る

【栃木】日光の社寺

イメージ

神仏習合の聖地・日光

奈良時代から山岳信仰の霊場と崇められていた日光山。徳川家康を東照大権現として祀り、天皇から輪王寺の称号が許されて神仏習合の聖地が誕生しました。創建当初は質素だった社殿は家光によって建て替えられ、自然の中に溶け込んだ絢爛たる人工美が出現。中でも陽明門は、燦然と輝く金箔や金具、500を超える極彩色の彫刻に埋め尽くされた技の極致で、眠り猫などの彫刻には思想や願いが込められています。1999年に、日光山内にある2社1寺の103棟の建造物群と自然環境が一体となった文化的景観が、世界文化遺産として登録されました。
山岳信仰の中心「二荒山神社」は、二荒山、男体山をご神体とし、日光連山をはじめとする広大な神域を誇ります。また、22件の国宝・重要文化財が杉木立の中にたたずむ、3代将軍家光が眠る「大猷院」や、豪華絢爛な社殿で人気の「日光東照宮」 、自然がつくる華麗な造形美「華厳の滝」があります。標高1400メートルに広がる大湿原「戦場ヶ原」も人気です。
イメージ
イメージ

世界遺産周辺に泊まる

アクセスガイド

東京からのアクセス
浅草(特急約1時間50分)⇒東部日光
大阪からのアクセス
新大阪(新幹線約2時間40分)⇒東京(東北新幹線約50分)⇒宇都宮(JR日光線約40分)⇒日光
名古屋からのアクセス
名古屋(新幹線約1時間40分)⇒東京(東北新幹線約50分)⇒宇都宮(JR日光線約40分)⇒日光
福岡からのアクセス
博多(新幹線約5時間)⇒東京(東北新幹線約50分)⇒宇都宮(JR日光線約40分)⇒日光

詳細MAPはこちら