[ ここから本文です ]


ラオスの観光情報、クーポン、イベント、ランキングをご案内!

ラオス観光情報

ラオスの見所、人気の観光地、おすすめスポットをご紹介します!
※最新の情報とは異なる場合がございますのでご注意ください。

アジアの秘境ラオス。敬虔な仏教徒が多く、ワット・マイ・スワナプーマハムやワット・シエントンなどの歴史あるお寺を観光するのもおすすめです。ラオスには昔ながらの人々の暮らしが今もなお残っています。

ルアンパバーンを一望できるプーシー

「仙人の山」を意味するプーシーは、ルアンパバーンの中心近くに位置する150m程の小高い丘で、階段を上った先の山頂からはルアンパバーンの街を一望することができます。頂上には1804年、アヌルット王によって建立されたタートチョムシーと呼ばれる仏塔があります。

敬虔な仏教国、ラオス

敬虔な仏教国であるラオスでは今も托鉢をする風景を各地で見ることができます。特に寺院の多いルアンパバーンでは目にする機会が多く、ラオスの古都の日常風景となっています。仏教国ラオスらしいこの托鉢風景を、足を留めて静かに眺めてみるのもおすすめです。

ラオスの人々に愛されている飲み物のひとつがラオス・コーヒー。ラオスへ行ったならぜひお試しを!

都市別ラオス観光スポット情報

ルアンパバーン

ルアンパバーン

ルアンパバーンはかつてのランナー王国時代の首都でもあった古都で、多くのラオ様式の寺院があります。夜にはナイトマーケットでアジアンな雑貨を探すのも 楽しいかもしれません。また、ルアンパバーンは世界でも数少ない、街全体がユネスコ世界遺産に指定された街でもあります。

おすすめ観光
ワット・シェントーンやワット・マイ、ワット・セーン、ワット・ビスンナラート、ワット・タートルアン、ルアンプラバン国立博物館(王宮博物館)

王宮博物館

王宮博物館

ルアンパバーンのなかでも有名な観光地のひとつである王宮博物館。フランス植民地時代の1904年に当時の王シーサワンウォンとその家族の宮殿として立てられた元王宮は現在は博物館として、内部には当時使用されていた調度品や贈答品などが展示されています。

おすすめ観光
黄金仏

ワット・マイ・スワナプーマハム

ワット・マイ・スワナプーマハム

ワット・マイ・スワナプーマハムは1796年に建立されたルアンパバーンのなかでも比較的新しい寺院です。最も大きく華やかな雰囲気を持っており、見どころは本堂の扉にある釈迦の説話や、ラーマヤーナが描かれた黄金のレリーフです。

おすすめ観光
ラーマヤーナが描かれた黄金のレリーフ、本堂の扉

ワット・シエントン

ワット・シエントン

ルアンパバーンの中心に位置する、ワット・シェントーン。屋根が軒に向かって低く流れるように作られている典型的なルアンパバーン様式の建物で、ルアンパバーンで一番荘厳な寺院と言われています。いくつかの壁装飾があり、なかでも「生命の樹」のレリーフは特に素晴らしく、一見の価値があります。

おすすめ観光
「生命の樹」のレリーフ

プーシー

プーシー

「仙人の山」を意味するプーシーは、ルアンパバーンの中心近くに位置する150m程の小高い丘で、階段を上った先の山頂からはルアンパバーンの街を一望することができます。頂上には1804年、アヌルット王によって建立されたタートチョムシーと呼ばれる仏塔があります。

おすすめ観光
タートチョムシー (仏塔)

パークウー洞窟

パークウー洞窟

メコン川とウー川が合流した地点に現れるパークウー洞窟。ここには「タムティン洞窟」と「タムプン洞窟」の2つの洞窟があり、タムティン洞窟には4,000体とも言われる数の仏像が安置されており、長期に渡ってラオスの人々に神聖な場所として崇められてきました。現在も尚、ラオスの人々が仏像を奉納するために仏像の数は増え続けているそうです。

おすすめ観光
タムティン洞窟、タムプン洞窟

ビエンチャン

ビエンチャン

ラオスの首都であるビエンチャンはメコン川沿いに作られたラオス最大の都市です。16世紀の半ばごろにセタティラート王にラオスの首都に定められ、現在もラオスの政治、経済の中心となっています。街並みはフランス植民地時代の古い建物と並木道、そして数多くの仏教寺院が混在する、アジアと西欧文化が融合された雰囲気です。

おすすめ観光
タート・ルアンやパトゥーサイ(凱旋門)、ワット・ホーパケオ、ワット・シーサケート、ワット・シームアン、ラオス国立博物館、ブッダパーク

托鉢風景

バンテアイ・スレイ

敬虔な仏教国であるラオスでは今も托鉢をする風景を各地で見ることができます。特に寺院の多いルアンパバーンでは目にする機会が多く、ラオスの古都の日常風景となっています。仏教国ラオスらしいこの托鉢風景を、足を留めて静かに眺めてみるのもおすすめです。

おすすめ観光
托鉢風景

ラオスコーヒー

ラオスコーヒー

ラオスの人々に愛されている飲み物のひとつが「カフェ・ラーオ」。豆を粉末状に細かく挽いたものを布でドリップし練乳や砂糖をたっぷりと入れて飲むもので、通常のコーヒーとは区別されています。おみやげ物店やマーケットで粉末状のものが売られているのでラオス旅行の記念におすすめです。

おすすめ観光
ラオスコーヒー

\ラオス旅行は日本旅行をチェック! 便利なセットツアーや格安のプランが勢ぞろい!/

国別:ラオス アジア パンフレットからツアーを探す!

国別:ラオスアジアツアーをパンフレットから探すならこちら!
パンフレットがお手元になくても、デジタルパンフレットにてツアー内容をご確認いただけます。

ベストエクセレント

成田・名古屋発 4月からの旅 おとなの素敵旅 ベトナム・アンコール遺跡・台湾・ボロブドゥール遺跡・バリ島・コモド・ラオス

成田・名古屋発 4月からの旅 おとなの素敵旅 ベトナム・アンコール遺跡・台湾・ボロブドゥール遺跡・バリ島・コモド・ラオス表紙

2019年4月-11月出発

GW・夏休み旅行代金掲載!!専用車・専属ガイドでご案内する充実の旅が満載!

パンフレットをもっと見る

海外ツアーを検索より探す

海外ツアー検索はこちら

国別:ラオスアジア旅行ページ上部へ