日本旅行 トップ > 海外旅行・海外ツアー > 海外旅行季節の特集 > オーロラ旅行・オーロラツアー特集

[ ここから本文です ]

オーロラ旅行の基礎知識

オーロラ特集 極北の空に舞う幻想的で美しい光のファンタジー。満点の星空に広がる光はやがて空いっぱいに広がり、壮大なスケールで上空から降り注いできます。一生に一度はみたい宇宙の神秘・オーロラを御紹介します。

オーロラとは?

オーロラとは、宇宙(太陽)から飛んでくる電気を帯びた粒子(プラズマ)が空気中の酸素や窒素などと衝突し、その時発生するエネルギーが光となって現れる現象です。

オーロラはなぜ光るの?

太陽から飛んでくる電気を帯びた粒子(プラズマ)が地球の大気と衝突し、その時発生するエネルギーが光となったのがオーロラです。原理はカラーテレビと同じ。カラーテレビの場合は、テレビの裏にある電子銃と呼ばれる装置から電子が放出され、前面の蛍光灯に衝突して発光します。オーロラの場合、電子を放出するのは太陽の外側の大気・コロナで、画面に相当するのが地球の上層大気です。

どうして色に違いがあるの?

太陽から飛んでくる粒子が、大気中のどんな分子やE8EBFC原子とぶつかるかによって色のバリエーションができます。最も多く見られる白っぽいグリーンは、酵素原子との衝突から生まれ、ブルーは窒素原子との衝突から生まれる色です。

どのくらいの高さに出るの?

オーロラは地上約100~500kmの高さで光っています。飛行機の窓からオーロラが同じ高さに見えるのは、地球が丸いためだったり、目の錯覚によるもの。飛行機の高度はわずかに約10kmです。

どこでよく見られるの?

オーロラが最もよく現れるのは「オーロラ帯」と呼ばれ、極を取り巻いてベルト状に分布しています。この場合の「極」は地理上の極ではなく、地球の磁場の極「磁極」をいい、磁北極はグリーンランドです。オーロラ帯は地磁気緯度で65~70度の地域で、統計上、1年に200日以上も見られることになっています。

どのくらいの高さに出るの?

一般的に周辺が暗い新月の夜の方が弱い光のオーロラでも見ることができますので、オーロラが見えやすい環境にあると言えます。
一方、満月の夜に光の強いオーロラが出ると、月とオーロラの競演でより美しい光景をご覧いただくことができます。

人気のオーロラリゾート

サーリセルカ

ロヴァニエミ

ルオスト

キールナ

トロムソ

ホワイトホース

イエローナイフ

フェアバンクス

極を取り巻いてベルト状に分布する地磁気緯度-80度の地域で、統計上年に200日以上オーロラが現れるエリアです。

サーリセルカ フィンランド屈指のオーロラリゾート

サーリセルカのイメージ

【フィンランド・サーリセルカ】
フィンランド最北のオーロラリゾート、サーリセルカはフィンランド人にも人気のウィンターリゾートです。ラップランドの先住民族サーミが住む街としても知られています。サーリセルカは小さな町で中心部にホテル、レストラン、スーパーマーケットなどがそろっており、どこへでも歩いていける手軽さが魅力です。スキーやスノーボードをはじめ、犬ぞりやスノーモビルなどアクティビティも充実している人気のオーロラリゾートをお楽しみください。

季節によって楽しみ方も変わるのがフィンランドの魅力です。
[10月・11月]
10月・11月は例年雪が積もっていないため、雪の中で行うオプショナルツアーにご参加いただけませんが、ハイキングなどを楽しむことができます。また、過去30年間の観測データでは、観測率が60%を超え、オーロラの見えやすい時期と言えます。
[12月・1月]
12月出発以降は、雪が積もっていれば、犬ぞりなどのオプショナルツアーにご参加いただけ、滞在中の楽しみも増えます。また、ヘルシンキでは12月初旬からクリスマスまで、クリスマスマーケットが開催されており、クリスマスの雰囲気を味わうことができます。
[2月・3月]
2月・3月出発も10月・11月同様に観測率が60%を超えオーロラの見えやすい時期と言えます。また、まだこの時期は例年雪が残っているので、雪の中で行うオプショナルツアーにもご参加いただけます。

日本旅行のおすすめツアー
東京発 フィンランド憧れのオーロラ8日
ポイント
ロヴァニエミ サンタクロースに会える街

ロヴァニエミのイメージ

【フィンランド・ロヴァニエミ】
北極圏の入り口から8km南に位置するラップランド州の州都です。1944年、第二次世界大戦で街のほとんどが破壊されてしまったのですが、世界的に著名なフィンランド建築家アルヴァ・アアルトによる都市計画によって再建されました。サンタクロースの故郷として有名なサンタクロース・ビレッジは市内から北に8km北上しした北極圏の罫線上に位置し、ここに行けば一年中サンタクースに会うことが出来ます。

ルオスト 大自然に抱かれた小さなリゾート

ルオストのイメージ

【フィンランド・ルオスト】
山の麓に位置する、小さなリゾート。街の明かりが少ないため、オーロラ鑑賞にも適しています。スノー・アクティビティ以外にもアメジスト採掘体験など、ルオストならではのアクティビティもあります。

キールナ オーロラ鑑賞に最適な街

キールナのイメージ

【スウェーデン・キールナ】
世界最大の鉱山で栄えた街。サーメ人の小屋をかたどったキールナ教会はラップランドらしいかわいい教会です。また、オーロラ研究で有名なスウェーデン王立スペース物理研究所があるほど、オーロラ鑑賞に適しています。

トロムソ 「北欧のパリ」と称される美しい街

トロムソのイメージ

【ノルウェー・トロムソ】
オーロラベルトの下に位置する、北極圏で最大の街。北欧のパリと呼ばれる美しい街並みも見どころのひとつです。また、オーロラ出現率が高いことでも知られています。

ホワイトホース 自然公園と美しい風景で有名な街

ホワイトホースのイメージ

【カナダ・ホワイトホース】
自然公園と美しい風景で有名な街。壮大な自然と素朴な田舎の温もりを感じられ、豊かな自然とオーロラがそれらの風景と相まってより美しく見ることができるといわれています。

イエローナイフ

イエローナイフのイメージ

【カナダ・イエローナイフ】
イエローナイフはオーロラが最も出現する「オーロラベルト」の真下に位置します。広大な平原地帯に囲まれたイエローナイフは気象条件も良く、オーロラ鑑賞を行うのにぴったりの条件が整っており、夜空が晴れてさえいれば、かなりの確率で見ることができるといわれています。犬ぞりやカリブーの群を見るツアーなど、ア ウトドア・レジャーの拠点としても人気が高いです。

フェアバンクス

フェアバンクスのイメージ

【アラスカ・フェアバンクス】
オーロラベルトの真下に位置するフェアバンクスは、特に明るいオーロラが見えることで知られています。また、降水量が少なく、晴天率が高いことが証明されています。

↑ページ上部へ


オーロラ鑑賞時の服装と撮影ポイント

オーロラ観賞時の理想的な服装
オーロラ観賞時の理想的な服装
スキー帽。耳を入れてかぶることが必要です。目出帽、フェイスマスク等を用意してもいいでしょう。帽子
手袋は、ミトン型が望ましく、中で指が
動くくらいの大きめのものがよいでしょう。 上着の上にかぶせて着用します。
手袋
吸水性のよい木綿製の長袖シャツ。身体にフィット するものがよいでしょう。タイツやスパッツなどを 2枚以上重ね着することをおすすめします。 綿の靴下の上に厚手のウールの靴下を着用しましょう。下着
首周りマフラー又はハイネックのセーター
上着スキーウェアまたは腰まである厚手のジャケット。 風を通さないものをおすすめします。 ウェアの下はセーターなどを着用しましょう。
ズボンスキーウェアのように風を通さない 厚手のものがベストです。
靴は、少なくともくるぶしの上まであり、 裏底が厚くギサギサがついたものが望ましい。
オーロラ撮影のポイント

オーロラは夜間撮影。しかも氷点下での撮影となります。オーロラの感動を何とか形に残すために、こんな準備をお勧めします。

【カメラ】ご使用になるカメラの機能をメーカー、専門店、インターネットサイトなどで確認しましょう。一般的に28mm以上の広角レンズ、バルブ撮影機能が必要です。また、デジカメに使用される電池は寒さに弱い場合が多く、電源すら入らない場合があります。詳しくご確認される事をおすすめします。

【三脚・レリーズ】手振れを防ぐためにあると便利です。

【懐中電灯】夜間なので手元を確認したりするのに便利です。→カナダ「イエローナイフ 5日」「イエローナイフ・ナイアガラ 7・8日」ではその場で使えるミニ懐中電灯がもれなくお渡しします。

【手袋】氷点下ではカメラや三脚を素手で触ると凍傷の危険性がありますので手袋の着用をおすすめします。→カナダ「イエローナイフ 5日」「イエローナイフ・ナイアガラ 7・8日」ではお泊りのホテルのお部屋にお客様のサイズに合わせた防寒具(手袋、フード付きダウンジャケット、防寒パンツ、防寒ブーツ、フェイスマスク)をあらかじめお届けします。

【予備の電池】低い気温の中では電池の消耗が早く、カメラが正常に作動しなくなりますので予備の電池を多めに用意することをおすすめします。

【カメラバック
(ビニール袋可)】
撮影後、暖かい室内にカメラを持ち込む場合はカメラバックか蓋がきちんと閉まるバック(ビニール袋の場合は真空状態にする必要があります)に入れてから持ち込むようにしましょう。屋外と室内では温度差が大きく、そのまま持ち込みますとカメラが結露してしまい故障の原因となる恐れがあります。



※オーロラは自然現象であるため、ご旅行中に必ずしもご覧いただけるとは限りません。その場合でも旅行代金の返金はございませんので、予めご了承ください。